ログイン / 登録 アカウント

エッジコンピューティング

エッジコンピューティングに Red Hat を選ぶ理由

Red Hat はオープン・ハイブリッドクラウド戦略の推進に力を入れています。これはどういうことでしょうか。オープン・ハイブリッドクラウド戦略は、エンタープライズ環境に相互運用性、ワークロードの移植性、オープンソース・ソフトウェアの柔軟性をもたらします。環境もアプリケーションも、すべてがオペレーティングシステムのあらゆる部分で抽象化されているため、アプリケーションの入れ替えや人員の再トレーニング、管理の分割、あるいはセキュリティの犠牲を伴うことなく、ほぼすべての環境でアプリケーションとの一貫した対話が可能になります。また、すべてオープンソースなので、今後どのようなテクノロジーを取り入れたとしても、データが無駄になることはありません。

エッジコンピューティングは、一貫性のあるアプリケーションおよび運用体験を実現させるハイブリッドクラウド・ビジョンの重要な位置を占めています。企業や組織は通常、多様なワークロードをさまざまな環境 (パブリッククラウド、プライベートクラウド、仮想化環境、ベアメタル) で処理しなくてはなりません。エッジコンピューティングを通じて Red Hat が目指しているのは、そうしたワークロードを物理的に多数の場所 (コアデータセンター、多数の小規模エッジコンピューティング・サイト、デバイスエッジ、またはこのすべて) に分散させて処理し、所有している処理能力を最大限に活用できるようにすることです。

Red Hat のエッジコンピューティング・ソリューションはプロビジョニング、管理、オーケストレーションの自動化により運用を簡素化することを重視しており、コンピュート、ストレージ、ネットワークそれぞれのニーズに対応できる共通インフラストラクチャの構築を支援します。エッジコンピューティングのサイトには IT スタッフがいないか、少数しかいないことが多いので、Red Hat では、一元的に管理でき、運用の複雑性を最小限に抑えることのできるエッジコンピューティングこそが目指すべきエレガントなソリューションであると考えています。

エッジコンピューティング環境の構築を検討しているお客様に Red Hat がお伝えしたいアドバイスはシンプルで、「可能な限り一元化し、必要な場合に限り分散させる」ということです。つまり、まず現在のインフラストラクチャを精査し、それから、解決したい問題と使用できる資産との対応付けを検討することをお勧めします。


エッジコンピューティングに必要なもの

一般的に、包括的なエッジコンピューティング・ソリューションは次のような機能を備えています。

  • コアデータセンターからリモートエッジサイトまでのインスタストラクチャを自動化し、管理する
  • インフラストラクチャ全体にわたり、ファームウェアやソフトウェアのプロビジョニング、アップデート、メンテナンスを行う
  • 仮想マシン、コンテナ、アプリケーション、マイクロサービスなどを含むハイブリッド・ワークロードをサポートする
  • 機能の低下が発生したり、インターネット接続が不安定になったりしても、運用を継続する
  • 柔軟なスケーリング対応の強固なソフトウェア・プラットフォームを持つ
  • デプロイメントの規模にかかわらず一貫したデプロイメントモデルを実行する

Red Hat のサポート内容

Red Hat は充実したポートフォリオを提供しており、これらを組み合わせることでエッジコンピューティングの課題に対応し、有益な包括的ソリューションの構築に役立てることができます。

機能豊富な基盤
Red Hat のソリューションでは、Red Hat® Enterprise Linux® がすべての基盤となります。Red Hat Enterprise Linux はアプリケーションやコンテナの構築や実行を支えるツール、アプリケーション、フレームワーク、ライブラリの巨大なエコシステムを提供します。

仮想マシンおよび高性能計算 (HPC) のワークロード
Red Hat OpenStack® Platform は分散コンピュートノード機能を備えており、負荷の高い仮想マシンワークロード (ネットワーク機能の仮想化など) や HPC ワークロードにも対応します。優れた安定性とスケーラビリティを備えた Infrastructure-as-a-Service (IaaS) ソリューションであり、業界標準の API と強力なマルチテナンシー機能を有しています。コアデータセンターからエッジまで対応する一貫性の高いこの一元管理ソリューションを導入すれば、コンピュートパワーをデータソースの近くに配置しやすくなります。

ワークロードのコンテナ化
プライベート・データセンター、パブリック・データセンター、各種エッジなど、Red Hat Enterprise Linux をサポートするあらゆるサイトでコンテナベースのアプリケーションを構築、デプロイ、管理する必要がある場合は、Red Hat OpenShift® Container Platform が最適です。これは、コンテナを中心とした、エンタープライズクラスの高性能 Kubernetes 環境です。

フットプリントの最小化
コンパクトで可用性が高いスタンドアローンのクラスタが必要となる環境では、1 つの運用フットプリントにコンピュート、ストレージ、コントロールを統合し、Red Hat の既存製品を組み合わせるデプロイメント・アーキテクチャである Red Hat Hyperconverged Infrastructure が有効です。

ストレージ
エッジコンピューティングにおいて、ストレージは重要な役割を担います。Red Hat Ceph Storage は、クラウド・インフラストラクチャ、データアナリティクス、メディアリポジトリ、バックアップと復元システムなどの先進的なワークロードに対応した、拡張性がきわめて高いオープン・ストレージ・ソリューションです。

メッセージングとコミュニケーション
分散化が大きく進んだ環境においては、エッジサイトとクラウド上で実行されるサービス間の通信には特別な配慮が必要となります。Red Hat AMQ のメッセージング機能はエッジコンピューティングのあらゆるユースケースにおける通信パターンに対応しており、難度の高い課題の解決にも役立ちます。Red Hat のメッセージング製品と、Red Hat Fuse などさまざまなクラウドネイティブのランタイムを組み合わせれば、「エッジネイティブ」なサービスを構築するための強力な基盤を構築できます。

エッジにおける通信運用のモダナイズ
上記の各種製品を組み合わせ、それらのメリットを活用するには、モバイル向け、家庭向け、エンタープライズ向けの各種サービスを提供するリファレンス・アーキテクチャ「Red Hat 仮想中央オフィス」をご利用ください。このリファレンス・アーキテクチャは Red Hat とパートナー各社の提供するテクノロジーに基づくオープンでプラガブルなフレームワークを基盤として構築されています。


Red Hat によるオープンなイノベーション

エッジコンピューティングを行うには、その幅広いユースケースに対応するため、業界全体でのコラボレーションが欠かせません。一社のみでエッジコンピューティング・ソリューションを提供することは不可能です。ですから、ロックインを回避し、相互運用可能なソリューションを識別できるようにしておくことが不可欠です。この面において、オープンソースは大きな意味を持ちます。なぜなら、それらのソリューションが現在だけでなく将来的にも開発やサポートが継続されるかどうかを左右する重要な役割を果たすからです。

Red Hat のエッジコンピューティング・ソリューションの発展過程においては、常にオープンソース・コミュニティが考慮されています。このことはつまり、問題解決を目的としたソフトウェアの開発にあたって、より多くの人々が、オープンかつ透明性に優れたかたちで取り組んでいることを意味します。しかし、オープンソースであるというだけでイノベーションが保証されるわけではありません。

真のイノベーションは、アイデアの交換や、問題解決へ向けた協力の中から生まれます。これを実現するのがコミュニティ主導のオープンソースであり、ここでお役に立つのが Red Hat Open Innovation Labs です。Open Innovation Labs では、3 - 6人の開発者が集中的に研修を受け、The Red Hat Way (レッドハットウェイ) でエッジコンピューティング・ソリューションを構築する方法を学びます。

エッジコンピューティングについてさらに詳しく知る