アカウント ログイン
Jump to section

5G について理解する

URL をコピー

ほんの 20~30 年前に第 1 世代が誕生したモバイルネットワーク・テクノロジーは、長足の進歩を遂げました。今や 5G と呼ばれる第 5 世代を迎え、これまで以上に高速で信頼性の高いデータ転送が実現する見込みです。

Connecting the digital world

オープンフレームワークを使用した通信インフラストラクチャのモダナイズ

5G とは、第 5 世代のモバイルネットワークのことです。既存の 4G LTE モバイル通信ネットワークは 5G により強化され、やがて全面的に置き換えられていきます。モバイルネットワークはどの世代も、使用されるテクノロジー、信号の送受信にかかる時間 (レイテンシー)、接続されたデバイスへのネットワークのデータ転送速度など、いくつかの要素で定義されています。また、パブリック 5G とプライベート 5G にも違いがあります。5G ネットワークはギガビット速度と言われる、最大 10 Gbps のデータ転送速度を実現します。5G サービスによってレイテンシーも大幅に減少し、僻地へもカバレッジを拡大できます。 

しかし基盤となるインフラストラクチャが少数のエリアに限定されているため、5G はいまだブループリントの性格が強い状態です。韓国ではすでに全国的に 5G を展開しており、日本はオリンピックの開幕前に統合を完了させようと計画しています。米国連邦通信委員会 (FCC) や、オーストラリア、中国、欧州をはじめとする各地では、現地のサービスプロバイダーとの協力のもと、5G のサービス範囲の拡大に努めています。

5G の利用は、速度、レイテンシー、帯域幅に関連して明らかな利点があります。消費者にとっての利点は、ダウンロードの高速化、ソーシャルメディアのバッファリングによる遅延の低減、スマートフォンでプレイする 4K 画質のゲーム、仮想現実でのエクスペリエンスの向上です。 

5G には消費者向け以外にもユースケースがあります。5G は膨大な量のデータを瞬時に送信できるテクノロジーであり、デジタル世界と物理世界をほぼシームレスに接続します。

運輸

5G は、接近する車をリアルタイム接続によって検知し、信号機による交差点の管理を効率化します。幅広い用途で 5G 速度を利用できるので、自律的に操縦して他の車と通信する自動運転車をはじめとする、5G 向けに最適化されたエッジデバイスのサポートが改善されます。

医療

医師は仮想現実を使用して、別の場所にいる患者を治療できます。人工知能 (AI) と膨大な医療データへの即時アクセスを併用することによって、医療スタッフが診断を行ったり、治療をより迅速かつ正確に考案したりすることが可能になります。

農業

2050 年までに、農業従事者は、現在 78 億人分の食物を生産している土地面積で、98 億人分の食物を作らなければならなくなります。5G により、トラクターや収穫機などの自律型農機具を使用して作業効率を向上させたり、ドローンを操作して農作物の健康状態、土壌の質、および水分の変化を検知したりすることが可能になり、また、農薬、水、肥料の必要量を正確に把握することもできるようになります。

公共サービス

5G は、警察、救急車、消防署といったサービスの調整を効率化することにより、米国の 911 システムなどの緊急サービスを支援できます。位置情報がより一層正確になるため、初期対応者はたとえへき地であっても要救助者の所在地を正確に特定できます。災害対応はより効率的になり、重大なエリアを迅速に特定し、さらに包括的な支援を提供できるようになります。

1G

第 1 世代のモバイルネットワークは、1970 年代後半に日本で登場し、数年後には世界中に普及しました。1G は AM/FM ラジオのようなアナログデータ送信を使用していましたが、容易にアクセス可能ではあるものの、信頼性が低く安全ではありませんでした。最大速度は 2 kbps (キロビット/秒) を少し上回る程度で、送信できるのはわずか数行のテキストでした。2018 年現在、現存する最後の 1G ネットワークがロシアで運用を継続しています。

2G

2G は 1990 年代初頭に登場し、デジタル音声伝送と、SMS (ショート・メッセージ・サービス) および MMS (マルチメディア・メッセージ・サービス) テキスト機能が使えるようになりました。最大速度は 200 kbps で、1G よりはるかに高速でしたが、それでも今と比べるとかなり低速です。データの安全性は少し向上しましたが、ネットワークのカバー率が低かったので、ローミング料金が高額になり、通話が途切れてしまうことも多くありました。

3G

3G は 2000 年代半ばに登場し、モバイルインターネットが使えるようになりました。これにより、スマートフォンの使用が急速に世界に広がりました。データ速度は、2G の 200 倍以上の 40 Mbps (メガビット/秒) にまで劇的に増加しました。パケットスイッチングと GPRS (汎用パケット無線サービス) により、モバイルインターネットの時代にふさわしい高速通信が実現しました。

4G

4G は 2010 年頃に市場参入したモバイルテクノロジーで、現在、世界で最も広く使用されています。スマートデバイスが私たちの生活になくてはならないものになったのには、4G が大きな役割を果たしています。平均ダウンロード速度は最大 100 Mbps であり、高解像度のビデオファイルのダウンロード、高速アクションの 3D 生成ゲームのプレイ、音楽ストリーミング、仮想現実、他のサービスのホストが可能です。

5G 対応スマートフォンの他にも、さまざまな種類の 5G デバイスが連携して 5G ホームを作り出します。これが 5G ワイヤレスネットワークの未来です。5G テクノロジーは 2035 年までに 13 兆 2,000 億ドル相当の商品やサービスと、2,230 万件の仕事を創出すると予測されています。

サムスン

サムスンの 5G ネットワーク・ソリューションは Red Hat OpenShift を基盤に構築されています。

Verizon

Red Hat は Verizon によるクラウドネイティブの 5G コアの開発を支援しました。

Turkcell

地域の 5G リーダーが Red Hat OpenStack® で統合されたクラウドを作成しました。

エリクソン

エリクソンは Red Hat と提携して、OpenStack とコンテナを使用してソリューションを構築しています。

すべてのビジネスは、通信業界を介してインターネットを利用しています。5G は、特にネットワーク・スライシングを通じて多くのビジネスに利点をもたらします (これについては以下で詳述します)。エンターテイメントと通信に使用されるデータはネットワークのスライスを取得し、重要なデータは個別の専用スライスを取得します。現在のインフラストラクチャに対してこの更新を実現するために、通信業界は 5G への移行に注力しています。現在進行中の 5G ネットワークの変革は、多くの場合、無線アクセスネットワーク (RAN) の仮想化に依存しており、その未来はコンテナをベースとした、クラウドネイティブなものであることがますます想定されます。通信事業者にとって、RAN には多くのネットワークコストがかかり複雑な処理を伴うものの、顧客のエッジや 5G のユースケースが増えるにつれ、需要が急速に増加しています。

しかし、ネットワーク機能の仮想化を通じて、通信事業者と ISP は、増加し続けるデバイスや帯域幅を必要とするアプリケーションに対応しながらネットワーク運用を単純化し、柔軟性、可用性、効率性を向上させることができます。これは、ISP に依存する業界にとっては、より高速で柔軟性が高いことを意味します。

関連資料

記事

無線アクセスネットワーク (RAN) とは

無線アクセスネットワーク (RAN) はモバイルネットワークの一部で、スマートフォンなどのエンドユーザーデバイスをクラウドに接続します。

記事

通信業界におけるエッジコンピューティングについて理解する

ネットワークをモダナイズし、新たな収益源を求める多くの通信事業者にとって、エッジコンピューティングは最優先事項です。

記事

NFV とは

ネットワーク機能仮想化 (NFV) は、従来はプロプライエタリー・ハードウェアで実行されていたネットワークサービスを仮想化する方法のことです。

Illustration - mail

その他の関連コンテンツ

無料のニュースレター「Red Hat Shares」(英語) では、注目の IT トピックスに関するコンテンツをお届けしています。

  • OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下で使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。

Red Hat logo LinkedInYouTubeFacebookTwitter

製品

ツール

試す、買う、売る

コミュニケーション

Red Hat について

エンタープライズ・オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat は、Linux、クラウド、コンテナ、Kubernetes などのテクノロジーを提供しています。Red Hat は強化されたソリューションを提供し、コアデータセンターからネットワークエッジまで、企業が複数のプラットフォームおよび環境間で容易に運用できるようにしています。

ニュースレター「Red Hat Shares」を購読する

今すぐ登録する

言語を選択してください

© 2022 Red Hat, Inc. Red Hat Summit