ストレージ

ソフトウェア・デファインド・ストレージとは

ソフトウェア・デファインド・ストレージ (SDS) とは、ストレージ・ソフトウェアをハードウェアから分離するストレージ・アーキテクチャです。従来のネットワークアタッチトストレージ (NAS)Storage Area Network (SAN) システムとは異なり、SDS はあらゆる業界標準または x86 システム上で動作するように設計されており、ソフトウェアがプロプライエタリーなハードウェアに依存する必要がありません。

ストレージ・ソフトウェアがハードウェアから切り離されているため、慌てて別のプロプライエタリーなハードウェアを追加することなく、必要なストレージ容量を必要なタイミングで拡張できます。また、必要に応じていつでもハードウェアのアップグレードやダウングレードが可能です。基本的に、SDS によって大きな柔軟性が得られます。

ここが重要なポイントです。たとえば、さまざまな x86 サーバーをたくさん所有しているとしましょう。それぞれが異なるストレージ容量を持ち、動作するにはそれぞれ異なる種類のストレージ・ソフトウェアが必要です。SDS を使用すると、柔軟性のないこれらのハードウェア上でストレージ容量が分散してしまう代わりに、無限に柔軟かつスケーラブルな 1 つの場所にすべての容量をまとめることができます。SDS では、ストレージ容量をほぼ即座に追加できるため、コスト効率に優れているだけでなく、柔軟性とスケーラビリティも向上します。しかし、これは SDS がクラウドであるという意味ではありません (詳細は後述します)。

SDS は、大きく「ソフトウェア・デファインド」と呼ばれる、より大きなエコシステムの一部であり、ソフトウェアとハードウェアは切り離して扱われます。このように分離していることで、購入するハードウェアと実際に必要なストレージの量を自由に選択できます。

ほとんどの場合、SDS には以下の要件があります。

  • 自動化コストを削減する単純化された管理。
  • 標準インタフェース:ストレージデバイスやサービスの管理および保守のためのアプリケーション・プログラミング・インタフェース (API)
  • 仮想化データパス:これらのインタフェース用に記述されたアプリケーションをサポートするブロック、ファイル、およびオブジェクト・インタフェース。
  • スケーラビリティ:パフォーマンスを制限することなくストレージ・インフラストラクチャをスケールアウトできる。
  • 透明性:利用可能なリソースとそのコストを把握しながら、ストレージの使用状況を監視および管理できる。

ソフトウェア・デファインド・ストレージの仕組み

古い従来型のストレージはモノリシックです。それは、ハードウェア (多くの場合、業界標準のハードウェア) とプロプライエタリー・ソフトウェアのバンドルとして販売されます。しかし、SDS の便利な点は、特定のハードウェアから独立していることです。

SDS は、ストレージ自体をハードウェアから分離するわけではありません。むしろ SDS は、プロプライエタリー・ハードウェアではなく業界標準のサーバーを使用して多くのサービスを提供する、テクノロジースタックのレイヤーに過ぎません。基本的に SDS では、実際に保存されるものではなく、ストレージ要求を制御するものを抽象化します。つまり、物理ストレージとデータリクエストの間のソフトウェアレイヤーであり、データの保存方法と保存先の選択を可能にします。SDS 制御ソフトウェアは、ストレージ・アクセス・サービス、ネットワーキング、および接続性を提供します。SDS 制御ソフトウェアの最も重要な特性は、基盤となるハードウェアの容量や有用性に関する前提がないことです。


ソフトウェア・デファインド・ストレージのメリット

  1. ストレージサービスを実行するハードウェアを選択できます。選択する SDS は、ハードウェアと同じ企業のものである必要はありません。任意の製品または x86 サーバーを使用して、SDS ベースのストレージ・インフラストラクチャを構築できます。つまり、ストレージのニーズが増大するにつれて、既存のハードウェアの容量を最大限に活用できます。
  2. コスト効率に優れています。SDS は分散され、スケールアップではなくスケールアウトできるため、容量とパフォーマンスを個別に調整することができます。
  3. 多くのデータソースを接続して、ストレージ・インフラストラクチャを構築できます。オブジェクト・プラットフォーム、外付けディスクシステム、ディスクやフラッシュリソース、仮想サーバー、およびクラウドベースのリソース (ワークロード専用のデータまでも) をネットワークでつなぎ、一元化されたストレージボリュームを作成できます。
  4. SDS は、必要な容量に基づいて自動的に調整できます。SDS はハードウェアに依存しないので、SDS の自動化とは、接続されているどのストレージボリュームからでも取り出せることを意味します。ストレージシステムは、管理者の介入、新しい接続、または新しいハードウェアを必要とすることなく、データのニーズとパフォーマンスに合わせて調整できます。
  5. 制限がありません。従来の Storage Area Network は、使用できるノード (割り当てられた IP アドレスを持つデバイス) の数に制限されます。SDS の場合、その定義からして、このような制限がありません。これは、理論上では無限にスケーラブルであることを意味します。

ソフトウェア・デファインド・ストレージによって行えること

コンテナ・アプリケーション内で永続ストレージを実行すると、コンテナ・アプリケーションをより一層活用できます。また、コンテナ内で SDS を実行すると、ストレージをさらに活用できます。

プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドのアーキテクチャを、必要とされるアジリティとスケーラビリティでサポートします。

巨大なデータレイクを迅速かつ安全に分析して、より深いビジネスの知見を得られます。

独立管理されるストレージ層を排除し、組織全体で仮想化されたサーバーインスタンスと統合できます。

ペタバイト単位のデータを柔軟かつ確実に保存、バックアップし、取り出すことができます。

常に高まる需要に応えて、リッチメディア・ストレージを毎日拡張できます。


ソフトウェア・デファインド・ストレージの実行に必要なもの

SDS のポイントとなるのが、あらゆる業界標準のサーバーやディスクで実行できることです。他のタイプのストレージと異なり、SDS はストレージが置かれるハードウェアよりもそのソフトウェアに依存しています。SDS は、基盤のハードウェアは (そのコストや使用年数に関係なく) 最終的には障害が起きるものと想定しているため、インフラストラクチャ全体にワークロードを分散することでその障害に備えます。

これは、SDS がサーバーの標準オペレーティング・システムと仮想マシン (VM) の両方で動作できることも意味します。一部の SDS 製品はコンテナを横断して実行することもできます。これにより、コンテナのインフラストラクチャ (ベアメタル、仮想化、クラウドなど) に関係なく、ユーザーはアプリケーションとストレージサービスを 1 つのインタフェースで管理できます。


ソフトウェア・デファインド・ストレージと混同されやすいもの

SDS はストレージ仮想化ではない

SDS とストレージ仮想化のどちらも、ストレージ・ハードウェアから何かを抽象化することが関係しますが、概念は異なっています。ストレージ仮想化では、多くのストレージデバイスの容量をプールすることができ、すべてのストレージが 1 つのデバイス上にあるように見えます。一方、SDS では、ストレージサービスまたはストレージ・ソフトウェアを抽象化し、それらをデバイス自体から分離します。


SDS はクラウドではない

クラウドとは、仮想化されたリソースのプールのことです。セルフサービス・ポータルを通じてオンデマンドでアクセスでき、管理および自動化ソフトウェアによって制御されます。こうした特性の多くは SDS と共通しているため、SDS もクラウドだと考えられがちです。しかし SDS は、クラウドへのデータ保存を支援するレイヤーにすぎず、統一されたストレージを提供するためにクラウド環境内で動作します。したがって、SDS はネットワークアクセスや、管理および自動化ソフトウェアなどのクラウドストレージ機能を備えているため、迅速なスケーリングや測定サービスが可能です。これらの機能により、SDS はクラウドストレージとほぼ同類のものとみなされています。


SDS 自体は NAS ではない

SDS はネットワークに接続されていない、という意味ではありません。他のエンタープライズ・ストレージ・システムと同じように、何らかのタイプのネットワーク接続が必要です。しかし、NAS がファイルを整理して共有するのに対し、SDS はストレージボリューム自体を制御します。NAS は SDS レイヤー上にデプロイできますが (Red Hat® Gluster Storage は本質的に NAS インタフェースです)、SDS はハードウェアの物理ストレージボリュームを制御システムから切り離します。


ソフトウェア・デファインド・ストレージの将来

IoT (モノのインターネット)モバイル接続、ソーシャルメディア、および企業の成長に伴い、ますます多くのストレージが必要になります。「このストレージで十分」ということはあり得ません。これは、顧客が常に抱える悩ましい問題であり、急速な容量拡張のサポート、使用の予測、コスト削減の達成、十分な人員確保といった課題も関係します。ストレージのニーズが高まるにつれて、顧客は手作業による管理を減らし、自動化を進めたいと考えます。SDS を使用する企業は、ストレージボリュームと他のシステムを適切に統合できるかを心配することなく、ストレージボリュームを動作させることができます。SDS 特有の自由度、オープン性、コスト効率性を活用することで、もっと多くのことをずっと簡単に行えるようになります。

ソフトウェア・デファインド・ストレージのセットアップに必要なものすべてがここに

バックアップ、アーカイブなどの大容量タスクや、仮想化などの高パフォーマンスタスクを処理する、ソフトウェア・デファインド・ファイルストレージ・プラットフォーム。コンテナやメディア・ストリーミングに最適です。

ブロックストレージおよびファイルストレージ用のインタフェースも提供する、ソフトウェア・デファインド・オブジェクトストレージ・プラットフォーム。これは、クラウド・インフラストラクチャ、メディアリポジトリ、バックアップと復元システム、およびデータレイクをサポートしています。Red Hat OpenStack® プラットフォームに最適です。

OpenStack® のワードマークと Square O Design は個別に、または一体として米国とその他の国における OpenStack Foundation の商標または登録商標であり、OpenStack Foundation の許諾の下に使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。

ソフトウェア・デファインド・ストレージについてさらに詳しく知る