Jump to section

Automation controller とは

URL をコピー

Red Hat® Ansible® Automation Platform にはコアコンポーネントとして Automation controller が含まれており、ユーザーは組織全体で自動化の定義、運用、拡張、および権限委任を行うことができます。

Automation controller は自動化のコントロールプレーンで、ユーザー・インタフェース、ブラウズ可能な API、ロールベースのアクセス制御、ジョブスケジューリング、統合された通知機能、グラフィカルなインベントリー管理、CI/CD 統合、ワークフロー視覚化機能が含まれています。

インベントリーの管理、ワークフローの起動とスケジュール、変更の追跡、レポートへの統合のすべてを、一元化されたユーザー・インタフェースと REST API から実行します。

Automation controller は、制御プレーンと実行プレーンが分離された分散型のモジュール式アーキテクチャを導入します。これにより、少ないオーバーヘッドで迅速に、自動化の拡張と提供を行えます。

自動化オペレーターには、一貫性のある自動化実行のために、個別の Ansible Automation Platform インスタンス間で依存関係をデプロイおよび管理する補助ツールが必要です。これらの依存関係には、Python パッケージ、Python バージョン、フレームワーク、Ansible Automation Platform コンテンツが含まれます。

Automation controller の分散アーキテクチャにより、自動化オペレーターはさまざまなプラットフォームにインスタンスをデプロイし、自動化を迅速に拡張して、増大する需要に対応できます。

自動化がスケーラブルであれば、自動化の目標を達成するために必要な数のジョブを作成して起動することができます。

また、Automation controller は自動化実行環境をサポートします。実行環境は、すべての自動化が実行される自己完結型のイメージであり、Ansible Automation Platform コンテンツと追加の依存関係が含まれています。

自動化実行環境は、自動化を複数のプラットフォーム上で一貫して実行できることを確認するのに役立ちます。すべてのカスタム依存関係は開発フェーズで定義され、コントロールプレーンで緊密に結び付けられることはなくなりました。その結果、環境上での迅速な開発サイクル、信頼性、可搬性が実現します。

自動化実行環境は、自動化開発者および管理者向けの管理機能を向上させ、組織規模での自動化の拡張を可能にします。

Automation controller は一元化され、Ansible Automation Platform インフラストラクチャを制御します。ダッシュボードは、組織の環境で行われているあらゆることを視覚的に表示し、コンプライアンスポリシーをサポートするために、どのような変更が、誰によって、いつ行われたかを理解して記録するのに役立ちます。また、直感的なフィルターも含まれており、自動化オペレーターが手元のタスクに関する簡潔な情報を表示するために使用できます。

Automation controller のユーザー・インタフェースでは、「ビュー」と「編集」の異なる視点からコントローラー・オブジェクトとコンポーネントを見ることができ、可観測性が向上します。 

一般的なサイバーセキュリティの脅威を検出し、緩和するための保護を付加するものとして、厳格なコンテンツ・セキュリティ・ポリシーが Automation controller に追加されました。

Automation controller の機能は次のとおりです。

  • タスクマネージャーおよびスケジューラー
  • API インベントリー管理
  • API 認証情報管理
  • API 自動化ジョブ管理
  • メッセージ、キュー、キャッシュ、KV ストア
  • 自動化メッシュコネクター
  • 自動化メッシュレセプター
  • データベース

自動化を組織に実装する場合、IT 部門には、自動化ワークフローを定義して他のツールとプロセスに組み込む標準化された手法、信頼性とスケーラビリティのある自動化の実行、監査を可能にする一元化システムが必要です。  

Ansible Automation Platform は、自動化をデプロイ、起動、権限委任、監査する方法を標準化することで、企業が自信を持って自動化を行い、自動化のスプロールとばらつきを削減できるようにします。

さらに詳しく

記事

Ansible の基本を学ぶ

Ansible の動作の概要を確認し、ソフトウェアのインストール、日常的に行うタスクの自動化、インフラストラクチャのプロビジョニング、セキュリティとコンプライアンスの向上、システムへのパッチ適用、組織全体での自動化の共有に、Ansible 自動化を使用する方法を習得します。

記事

自動化実行環境とは

自動化実行環境はコンテナイメージで、Red Hat Ansible Automation Platform 内のすべての自動化がそこで実行されます。自動化を実行するための、定義済みで一貫性と可搬性のある環境を提供します。

記事

Ansible Content Collections とは

Ansible Content Collections は、特定のトピック分野に関する Playbook、ロール、モジュール、プラグインを含めた Red Hat Ansible Automation Platform コンテンツの配布形式です。 

エンタープライズ向け自動化プラットフォームを使い始める

Red Hat Ansible Automation Platform

エンタープライズ規模で自動化を実装するプラットフォーム。自動化導入のどの段階にいるかは関係ありません。