ユースケース

Red Hat Ansible Automation Platform によるネットワーク自動化

Jump to section

概要

ネットワーク運用の範囲は、リモートワーカー、新しいテクノロジー、マルチベンダー・ソリューション、エッジデバイスへの対応に伴って拡大しており、ネットワークをハイブリッドクラウド環境で管理することがさらに困難になっています。データセンターからエッジロケーションに至る複雑なタスクに対応するためには、ネットワークチームは自動化 NetOps を検討しなければなりません。

自動化された NetOps により、ネットワークエンジニアはさまざまな自動化テクニックを使用して管理タスクや保守タスクを実行し、ネットワーク上で状況が変化したときに自動的に対応できます。

Red Hat® Ansible® Automation Platform は統合された柔軟な自動化ソリューションで、デバイスとドメインをまたがるネットワークと IT プロセス全体を自動化するために使用できます。最初から始める場合でも自動化戦略を加速する場合でも、Ansible Automation Platform はより効率的な NetOps プロセスと耐障害性に優れたネットワークの構築に役立ちます。

ネットワーク自動化を始める。動画の再生時間:33:24

デバイスの複雑さへの対処

スイッチ、ルーター、ロードバランサー、ファイアウォールなど、すべての既存のネットワーク機器を 1 つの統合プラットフォームで管理します。既知のネットワーク CLIコマンドを再利用して、さまざまなネットワーク・プラットフォーム上で容易に自動化を開始します。

コントローラーの自動化

ソフトウェア・デファインド・ネットワーク (SDN) コントローラーは特定のネットワークドメインを管理できますが、複数の SDN プラットフォームがある場合はどうでしょうか。Ansible Automation Platform は「マネージャーを管理」でき、複数のネットワークドメイン上で同じ自動化言語を使用できます。

イベント駆動型 NetOps の実装

信頼できるテレメトリー上に NetOps プロセスを構築すれば、ルーチンタスクを自動化して時間を解放し、イノベーションに取り組めます。イベント駆動型の自動化を使用して、ターゲットとするメンテナンスを実行し、サービス停止を制限し、セキュリティリスクにすばやく対処し、サービスチケットを更新し、標準構成を適用し、バックアップを実行します。

ネットワーク運用のスピードアップ

信頼できる情報源」となるリポジトリを自動的に更新し、ネットワークデバイスを一貫して構成します。作業をすばやく完了し、構成ポリシーを適用します。1 つの自動化プラットフォームを使用して、複数のベンダーのデバイスをバックアップおよびリストアします。

「信頼できる情報源」の制御

インベントリーシステム、IP アドレス管理 (IPAM) ツール、GitHub リポジトリ、「信頼できる情報源」ソリューションを自動化し、統合します。デバイス構成を取得して保管し、信頼できる構成をネットワークにプッシュします。ネットワークファクトを自動的に収集して、予防保守に通知します。

スキルギャップを埋める

運用知識とドメインの専門知識を自動化プロジェクトへと体系化し、スキルレベルにかかわらず、チーム全体が最適な一貫性と精度でネットワークの日常的な運用業務を管理できるようにします。大量のタスクを自動化して全体的な効率を向上させ、他の優先事項に充てられる時間を増やします。 

実践的なトレーニングを受ける

Red Hat では事前構成済みの Ansible Automation Platform 環境でインタラクティブラボを提供しています。このラボを活用すれば、エンドツーエンドの自動レスポンスで変化するネットワーク条件に対処するイベント駆動型のテクニックを実験、演習、習得できます。

Red Hat、インフラストラクチャ自動化においてリーダーに選出される

Forrester Research は、The Forrester WaveTM: Infrastructure Automation (2023 年 Q1) で Red Hat Ansible Automation Platform をリーダーに選出し、戦略カテゴリにおいて最高スコアを付けました。

お客様導入事例

ANZ ロゴ

Red Hat の手を借りて、ANZ New Zealand はエンドツーエンドの DNS プロビジョニングの所要時間を 6 日から 5 分に短縮し、99.4% の時間を削減しました。

World Wide Technology ロゴ

World Wide Technology は複数のシングルタスク・ソリューションを Ansible Automation Platform に置き換えることで、自動化の時間を短縮し、IT スタッフの作業環境が改善されました。

Swisscom ロゴ

Swisscom は、サーバー、ファイアウォール、ネットワークデバイス、ストレージデバイスなど、およそ 15,000 のコンポーネントの管理を自動化しました。

さらに詳しく

e ブック

あらゆる人のためのネットワーク自動化

Red Hat Ansible Automation Platform がネットワークを柔軟に自動化し、NetOps チームをサポートする方法を紹介します。

Web セミナー

ネットワーク自動化入門

このセッションをご覧になり、NetOps の一部分だけでなくネットワークプロセス全体を自動化する方法など、自動化の基本のいくつかをご確認ください。

ブログ

The Inside Playbook

エキスパートが執筆する、ネットワーク自動化の開発についての最新のブログで、最新情報を確認しましょう。

Red Hat Ansible Automation Platform の使用を開始する

Red Hat へのお問い合わせ