Red Hat Ansible Automation Platform の特長とメリット

チームをまとめ、足並みをそろえて自動化。

複数のチームが関わる場合は、自動化が存在する場所すべてをカバーする自動化ソリューションが必要です。Red Hat® Ansible® Automation Platform により、チーム間での自動化の共有が容易になります。1 つのサブスクリプションに、自動化の作成、実行、管理に必要なすべてが揃っています。

Jump to section

Ansible Automation Platform を使うユーザー

自動化チームは、ビジネスが必要とする場面とタイミングで、信頼できる自動化をすばやく提供する必要があります。多くの組織では、このロールは特定の担当者やチームに限定されず、運用チームの一部のメンバーが複数のロールを担当することがあります。

自動化アーキテクト

自動化アーキテクトは、IT プロセスと整合し、導入を効率化するために、すべてのチームで自動化のレベルを引き上げます。IT マネージャーとアーキテクトは、Automation services catalog で自動化ポリシーとガバナンスを管理し、Red Hat Insights for Ansible Automation Platform でスタック全体のリアルタイムレポートを取得しながら、より簡単に自動化を全社に拡大することができます。

自動化開発者

自動化開発者は、Ansible Playbook、ロール、モジュールを作成します。開発者は、構築の自由度を失わず、多数のツールやフレームワークを維持するという運用上の負担がありません。実行環境は、コンテナに似た一貫した操作性を自動化の構築とスケーリングに提供します。実行環境の構築と管理に役立つ新しいツールも含まれています。100 を超える Ansible Content Collections があり、事前構築済みの自動化コンテンツと、ほぼあらゆるユースケースに対応するソリューションが提供されます。

自動化管理者と運用チーム

自動化管理者と運用チームは、自動化プラットフォームとフレームワークの運用を維持します。管理者とオペレーターは、Automation controller と自動化ハブの強力なツールを持ち、共通言語と、エンドポイントで広範にアクセスできるコマンドライン・インタフェース (CLI)、グラフィカル・ユーザー・インタフェース (GUI)、テキストベースのユーザー・インタフェース (TUI) の組み合わせを使用して、自動化プロジェクトの管理を共有をより効率的に実施します。

Red Hat Ansible Automation Platform のコンポーネント