アカウント ログイン

HPC

Red Hat による HPC (高性能計算)

最も差し迫った問題をデータ駆動型の意思決定で解決するために、多くの組織が HPC (高性能計算) を活用するようになっています。人工知能 (AI) を大規模に使用する場合、既存の HPC アーキテクチャに新たな要求が課せられます。これらの新しいワークロードを扱うには、HPC の機能をさらに拡張して、従来のベアメタル・デプロイメントから Kubernetes でオーケストレーションされたコンテナベースのハイブリッドクラウド・プラットフォームに移行する必要があります。

その結果、これらの HPC ソリューションは、オンプレミス、エッジ、そしてクラウドにデプロイできるようになりました。

illustration of multiple platforms
Jump to section

HPC のユースケース

今では HPC のユースケースには AI/ML が含まれるようになり、利用はさまざまな業界に拡大しましたが、HPC のアーキテクチャは最近までほとんど変化がありませんでした。Kubernetes プラットフォームでのコンテナのオーケストレーションにより、拡張されたユースケースに対応できる新しいアーキテクチャが得られます。HPC に対する Red Hat のアプローチでは、3 つのカテゴリに焦点を当てます。 

世界で最も強力なコンピュータシステムに関して、その経過を追っている TOP500 リストによると、HPC の主要なオペレーティングシステムとして利用されているのは Linux® です。TOP500 のすべてのスーパーコンピュータが Linux を実行しており、上位のスーパーコンピュータの多くは Red Hat® Enterprise Linux を実行しています。

Red Hat Enterprise Linux は、世界トップクラスのスーパーコンピュータを含め、あらゆる HPC の現場で最も多く利用されているオペレーティングシステムです。

Earl Joseph 博士
Hyperion 最高経営責任者

基礎科学研究、気象および気候研究、防衛研究など、さまざまな分野の研究者が、大量のデータを評価して結論を導き出すために HPC を使用しています。HPC クラスタは、高度な分析だけでなく、モデリングとシミュレーションにも役立ちます。


HPC はこれまで政府や大学の研究施設で利用されてきましたが 、従来のオンプレミスのみのデータセンター・アーキテクチャからハイブリッドクラウドへと拡大しています。

HPC は、次のようなさまざまな業界の産業ユーザーや企業ユーザーに利点をもたらします。

企業は、HPC クラスタを使用して、科学と金融の設計および予測モデリングにおける技術計算の取り組みをサポートしています。 



Red Hat の HPC ポートフォリオ

Red Hat の HPC 製品ポートフォリオにより、HPC ワークロードに、馴染みのあるパワフルなエンタープライズ・オープンソース・プラットフォームがもたらされます。

Red Hat Enterprise Linux

高性能ワークロードを実行するために構築された、一貫性のある柔軟な基盤を提供する OS です。世界で最も高速なスーパーコンピュータのトップ 3 は Red Hat Enterprise Linux で動いています。

Red Hat OpenShift

Kubernetes の機能を拡張し、低遅延のワークロードをどこでもサポートする柔軟なトポロジーオプションを使用して、一貫した運用とアプリケーション・ライフサイクル管理を大規模に行うエンタープライズ・コンテナ・オーケストレーション・プラットフォームです。

Red Hat Satellite

Red Hat Enterprise Linux の効率的な稼働を維持するためのインフラストラクチャ管理製品です。

Red Hat Ceph Storage

先進的なデータパイプライン向けの、オープンでスケーラビリティに優れた、単純化されたストレージ・ソリューションです。

今すぐ始める

HPC と Red Hat を活用してできることについて、詳しくご説明します。

Red Hat logo LinkedInYouTubeFacebookTwitter

製品

ツール

試用、購入、販売

コミュニケーション

Red Hat について

エンタープライズ・オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat は、Linux、クラウド、コンテナ、Kubernetes などのテクノロジーを提供しています。Red Hat は強化されたソリューションを提供し、コアデータセンターからネットワークエッジまで、企業が複数のプラットフォームおよび環境間で容易に運用できるようにしています。

ニュースレター「Red Hat Shares」を購読する

今すぐ登録する

言語を選択してください

© 2022 Red Hat, Inc.