ログイン / 登録 アカウント
Jump to section

OT (operational technology) とは

URL をコピー

OT、つまりオペレーショナル・テクノロジーは、ハードウェアとソフトウェアを使用して産業機器を制御する手法です。OT には、製造、エネルギー、医療、ビル管理などの業界で使用される特殊なシステムがあります。

OT は、データシステムを扱う IT (情報技術) とは対照的なものです。IT は主にビジネス上の問題を解決するために使用されますが、OT システムは主に物理的な環境とのやり取りに使用されます。OT システムは通常ネットワークに接続され、データをどんどん生成して使用するため、OT と IT の多くの側面は同じ方向に収束しています。

OT と IT の収束は、エッジコンピューティングの台頭に関連しています。エッジコンピューティングでは、コンピューティング・リソースをユーザーまたはデータのソースの物理的な場所に移行する必要があります。一般的な例は、工場のフロアで行われるデータ分析です。

この収束の一環として、従来は IT チームの領域であったソフトウェアが、OT プロセスのサポートにも使用されるようになりました。

より多くの業界で、異種データシステムの統合が可能な、基盤となるテクノロジー・プラットフォーム、すなわち、ビジネス側と運用側の両方で使用するプラットフォームが導入されています。これは、従来、他のシステムから分離されてきた産業プロセスにとって重要な変化です。

統一されたシステムの下では、データを使用して効率を向上させる新しい機会が生まれます。たとえば製造現場では、品質管理と予知保全のための人工知能および機械学習 (AI/ML) モデルのトレーニングをデプロイできます。スケーラブルなサービス・プラットフォームがあれば、このようなアプリケーションを複数の場所に均一にデプロイできます。

OT ではその性質上、機器はさまざまな場所に分散されています。そのため、OT における主要な関心事はずっと物理的セキュリティでした。しかし現在では、かつては単独で機能していた OT デバイスもネットワークに接続されるようになっています。この接続により、リモートアクセスや自動システムアップグレードなどのメリットが得られますが、サイバーセキュリティに関する新たな懸念も生じます。

水道システム、輸送、発電所などの重要インフラで使用される OT では特に、セキュリティと安定性が重要です。これらのようなミッションクリティカルな OT システムには、マルウェアやサイバー攻撃のリスクを軽減する戦略を導入する必要があります。

先進的なクラウド・インフラストラクチャでは、多層防御戦略により、IT と OT のスタック全体にセキュリティ制御が提供されます。この統合かつ階層化されたアプローチは、セキュリティ戦略のいずれの部分についても、常に機能することを前提とした依存は避けるべきだということを意味します。

先進的な OT の概念は IIoT、つまり、産業用モノのインターネットです。IIoT は、製造、エネルギー、その他の産業の実地業務で使用されるコネクテッドデバイスを指す用語です。IIoT は、自動化と自己監視の産業マシンへの導入を推進するために有効で、効率の向上に役立ちます。

エッジコンピューティングでは IIoT デバイスが使用されることが一般的です。たとえば工場内では、現場でリアルタイムデータ分析のためにデータを収集するマシンが、エッジコンピューティング戦略をサポートする IIoT のユースケースとなります。

IIoT とエッジコンピューティングを組み合わせると、業務の変革、エンドユーザーによるビジネス上の意思決定の支援、プラントの生産性の向上により、メーカーの問題解決が迅速になります。

OT と IT の収束は、Industry 4.0、つまり第 4 次産業革命を構成する要素になっています。この 2 つの用語は同じ意味で、従来の製造および産業プロセスでの自動化、通信、自己監視の強化を表わしています。

Industry 4.0 を支える概念には相互接続性、情報の透過性、技術による人間の補助、意思決定の分散化などがあります。自動化、AI/ML、マシンツーマシン・コミュニケーション、ビッグデータも Industry 4.0 と密接に関係しています。

OT とハイブリッドクラウドとの関連

ハイブリッドクラウドは、複数の環境にわたるワークロードの可搬性、オーケストレーション、および管理を組み入れた IT アーキテクチャです。これには、パブリックまたはプライベートクラウド・インフラストラクチャと統合された OT 環境が含まれる場合があります。

ハイブリッドクラウド・ソリューションは、OT と IT に共通の基盤を提供できます。オープンソースソフトウェアと先進的なソフトウェア開発手法を取り入れたハイブリッド環境は、システム間の柔軟性と相互運用性をサポートします。

数百あるいは数千の機器が接続されている OT 環境では、ハイブリッドクラウドモデルにより、単一のコントロールプレーン全体でリアルタイムのフィードバックと一貫した管理が可能になります。

ハイブリッドクラウドは、DevOps ソフトウェア開発手法を導入するのに役立ちます。DevOps では、一貫性のあるツールとアプリケーションにより、開発者は組織全体に大規模に新しい機能を提供できます。

これはつまり、IT チームと OT チームが、産業環境で数百から数千のエッジノードの一貫した制御、可視性、管理を維持できるということです。

エッジコンピューティングに必要なツール

Red Hat Edge

Red Hat のエンタープライズ・ソフトウェアのポートフォリオは、あらゆる種類のハードウェアで軽量なデプロイができるように最適化されており、現在および将来にわたって、適切な量のコンピューティング能力を適切な場所に配置することができます。