検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
お問い合わせ
ログイン / 登録 アカウント
RH065

Running Containers with Red Hat Technical Overview

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

コースの説明

Red Hat Enterprise Linux でのコンテナ管理の基本的な概要

Linux コンテナの重要性はますます高まっています。このテクノロジーによって、アプリケーションをランタイム環境全体でデプロイし、信頼性と拡張性の高い方法で異なるオペレーティング環境 (開発、テスト、プロダクション) 間で簡単に移行することができます。コンテナは、クラウドネイティブ・アプリケーションによるアプローチのための DevOps プラクティスや CI/CD (継続的インテグレーションおよび継続的デプロイメント) プラクティスなどの要素の実装に役立つツールを提供します。Running Containers with Red Hat Technical Overview (RH065) では、Red Hat Enterprise Linux でのコンテナ管理の基本的な概要を説明します。受講者は、コンテナの定義と、コンテナを使用して Red Hat Enterprise Linux サーバーにソフトウェア・アプリケーションをデプロイする方法を学びます。

学習内容サマリー

  • シンプルで軽量なサービスを単一の Red Hat Enterprise Linux サーバー上のコンテナとして取得、実行、管理する
  • コンテナの定義と、コンテナを使用してアプリケーションを管理し、サポートされるソフトウェアライブラリおよび依存関係と共にデプロイする方法を説明する
  • コンテナ管理ツールをインストールし、単純なルートレスコンテナを実行する
  • リモートのコンテナレジストリから取得してサーバーに保存したコンテナイメージの検索、取得、検査、管理を行う
  • 高度なオプションでコンテナを実行する、システムで実行されているコンテナを一覧表示する、コンテナを起動、停止、終了する
  • 実行中のコンテナ内のコンテナホストからディレクトリをマウントして、コンテナデータ用の永続ストレージを提供する
  • システムサービスとしてコンテナを起動、停止し、そのステータスを確認する

ターゲット層

  • このコースは、Red Hat Enterprise Linux でのコンテナ管理の基本的な概要に関心のある方を対象としています。
  • Red Hat Enterprise Linux の基本スキルが必要です。

推奨トレーニング

成果

推奨される次のコースまたは試験

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。