言語を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

JBoss Middleware

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform

短期間でビジネス価値をもたらす

クラウド対応のエンタープライズ Java EE プラットフォームで開発およびデプロイが場所を問わず可能に

競争力を維持するには、新しい製品やサービスを顧客やパートナーに迅速に提供する必要がありますが、ハイブリッドクラウド環境全体でリソースや資産が限られていると、新しい要件への対応も、既存のシステムの効率的な維持もどちらも難しくなります。

Red Hat® JBoss® Enterprise Application Platform (EAP) は、市場をリードする*完全認定 Java EE プラットフォームであり、アプリケーションを迅速に開発およびデプロイするための単一のプラットフォームです。

*Gartner 社 2013 年 6 月 27 日発行『Magic Quadrant for On-Premises Application Platforms (オンプレミスアプリケーションプラットフォームのためのマジック・クアドラント) 』、執筆者: Daniel Sholler 氏、Yefim V. Natis 氏、Massimo Pezzini 氏、Kimihiko Iijima 氏、Jess Thompson 氏、Ross Altman 氏

オンプレミス? 仮想? それともクラウド?
その選択はお客様次第です。

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform を利用すれば、オンプレミスからクラウド環境 (Red Hat OpenShift など) へアプリケーションを移行するタイミングを、お客様が決定することができます。

従来の Red Hat JBoss EAP を使用して、既存のアプリケーションでビジネスアジリティを向上させ、プロプライエタリプラットフォームにかかるコストを削減します。

Java EE アプリケーションプラットフォームの PaaS (Platform-as-a-Service) インスタンスである Red Hat JBoss Enterprise Application Platform for xPaaS は、従来のアプリケーションプラットフォームがもたらすエンタープライズパフォーマンス、信頼性、セキュリティとともに、OpenShift クラウドアプリケーション向けに Java EE 6 のサポートを提供します。

クラウドに移行する際に、ゼロから始めたり、Web プロファイルの制約に縛られたりすることはありません。開発および運用の両面で最大の効果を引き出し、合理化された PaaS 環境でエンタープライズクラスの Java アプリケーションを速やかに構築できます。

最新の方法でアプリケーション開発を高速化

削減、改善、高速化、メリット

これらをすでに実現している企業もいます。次は貴社の番です。

アプリケーション開発インフラストラクチャのコストを 65% 削減し、開発者の生産性を 51% 向上させ、アプリケーションの管理コストを 89% 削減します。これらはすべて、オープンソースミドルウェアによってもたらされるメリットです。

インフォグラフィックで詳細を確認する

利点

オンプレミスでも、クラウドでも、単独の Java EE アプリケーションプラットフォーム

  • 市場投入時間を短縮

    新規および最新のアプリケーションに関するビジネス部門からの急な要求に対応できます。

  • 世界クラスの開発者の生産性を実現

    効率的な Java EE 6 対応プラットフォームおよび生産性と応答性を高めるさまざまな開発者ツールによって、アプリケーションの開発期間を短縮できます。

  • DevOps で機敏に対応

    継続的な開発、テスト、および統合ツールを含めた DevOps 手法を利用して、運用チームと開発チームの距離を縮めます。

  • Java EE フル対応のアプリケーションをクラウドで開発およびデプロイ

    Red Hat の OpenShift およびその他のクラウド環境で、アプリケーションのプロトタイプを開発し、短期間で導入できます。

  • 柔軟な管理

    アプリケーションを構築し、独自の管理ツールおよびテクノロジーと統合する際に、アプリケーションをプログラムで管理し、プロセスを自動化できます。

  • 信頼性、セキュリティ、および安定性の維持

    パフォーマンス、コンプライアンス、セキュリティ、および法的要件に対応しながらイノベーションを実現できます。

JBoss Enterprise Application Platform with Management

以下のものが含まれます。

JBoss Application Server
市場をリードする完全認定 Java EE 6 アプリケーションサーバーです。
Red Hat JBoss Developer Studio
豊富な Web アプリケーション、エンタープライズアプリケーション、サービス指向アーキテクチャー (SOA) サービスの開発、テスト、デプロイに必要なすべてを備えています。
Red Hat JBoss Web Framework Kit
Web およびモバイルアプリケーション開発の生産性を向上させる開発者向けフレームワークおよびツールのパッケージです。
Red Hat JBoss Operations Network
JBoss 実装全体の監視、プロビジョニング、および高度な管理を可能にする管理プラットフォームです。

製品の詳細

トランザクション機能を強化した次世代のエンタープライズ Java アプリケーションの構築、デプロイ、およびホスト

クラウド対応のモジュール式アーキテクチャー

JBoss EAP 6 は、当初からクラウドを視野に入れて設計されており、PaaS (Platform-as-a-Service) アーキテクチャー (Red Hat の OpenShift など) で提供される事実上初の Java EE サーバーです。JBoss EAP のモジュール式アーキテクチャーは、サービス駆動型のコンポーネントセットをベースにしているため、さまざまな環境でのアプリケーションのデプロイ方法を大幅に簡素化できます。

パフォーマンスを考慮した設計

JBoss EAP は、マルチコア、仮想、クラウドなど、あらゆる環境でのデプロイの簡素化と高パフォーマンスを目的に最適化されています。このプラットフォームは、メモリーフットプリントが極めて小さく、瞬時に起動します。さらに効率的にリソースを利用し、ポートを管理します。フェイルオーバー、キャッシング、インテリジェント負荷分散、分散デプロイなどのエンタープライズ機能を備えた JBoss EAP は、要求の最も厳しいエンタープライズデプロイメントにも対応できます。

開発者の柔軟性がイノベーションを実現する

JBoss EAP では、Java EE に加え、Spring、Struts、Google Web Toolkit (GWT) などの幅広い Java 仮想マシンフレームワークをサポートしています。これにより、開発者は生産性を高め、ビジネス部門からの要求に迅速に対応できるようになります。さらに JBoss EAP for xPaaS では、セルフサービスのアプリケーションプロビジョニング、簡素化されたスタック管理、アプリケーションの自動スケーリングなどの機能を利用することができます。そのため開発者は、イノベーションを加速させ、適切な環境の構築や運用に頭を悩ませることなくアプリケーションをリリースすることができます。

将来の変化に対応する柔軟なサブスクリプションモデル

クラウドに対応したアプリケーションサーバーであっても、得られる利点以上にライセンスの移行コストが大きければ意味がありません。Red Hat サブスクリプションモデルを利用すれば、前払い制ライセンスという頭の痛い問題から解放されるだけでなく、アーキテクチャーの変化に対応する高い柔軟性も得ることができます。

Amazon Web Services などのパブリッククラウドでのデプロイも、心配はありません。仮想化の実装も、ハードウェアアーキテクチャーの一部での実行も、Red Hat なら可能です。これらはすべて Red Hat サブスクリプションモデルに含まれています。

サービスとサポート

テクノロジーを販売するだけでなく、充実したサービスとサポートを提供

ご自身やチームのスキルへの投資

Red Hat のトレーニングコースは実践的かつロールベースの内容となっています。コースの約 80% は演習問題となるため、日常的に使用するスキルを最大限に習得することができます。有益なトレーニング方法割引、世界各地のトレーニング会場をご用意しています。Red Hat の Student Center にアクセスして、トレーニングの詳細やトレーニングの成功事例をお読みください。

Red Hat JBoss Enterprise Application Development I

中級レベルの Java 開発者向け: Java EE 6 フレームワーク、仕様、アプリケーションプログラミングインターフェース (API) の概要を説明します。

Red Hat JBoss Enterprise Application Development II

上級レベルの Java EE 開発者とアーキテクト向け: 高度な Java EE 開発手法を使用してパフォーマンスと拡張性に優れたアプリケーションを構築、デプロイ、保守する方法を学習します。

Red Hat JBoss Application Development Administration I

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 上でアプリケーションを効率的にデプロイして管理するうえでシステム管理者が知っておくべき重要で実践的な作業を学習します。

Advanced JBoss Administration II - (近日公開)

大規模な本番環境における Red Hat JBoss Enterprise Application Platform のデプロイと管理について学びます。

  • クラスルーム (JB348)
Red Hat トレーニングの詳細はこちら

あなたの能力を実証する

企業は Red Hat 認定資格を高く評価しています。なぜなら、Red Hat 認定プロフェッショナルの試験に合格するには、単に技術的な質問に対応できるだけではなく、そのテクノロジーを使って実際に作業を遂行しなければならないからです。認定を取得して、キャリアに活かしてください。Red Hat は複数の試験会場トレーニング方法を用意しております。

Red Hat 認定 JBoss 開発者 (RHCJD)

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform またはその他の Java EE 対応プラットフォームにデプロイする Java Platform Enterprise Edition (Java EE) アプリケーションを構築します。

Red Hat 認定 JBoss 管理者 (RHCJA)

JBoss Enterprise Application Platform のインストール、設定、管理を行い、アプリケーションをそのプラットフォームにデプロイして管理します。

Red Hat 認定資格の詳細はこちら

エキスパートの力を借りる

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform の導入は、Red Hat コンサルティングにお任せください。お客様の IT の目標に合わせた、柔軟なサービスモデルをご提供いたします。今年度の予算の使い道はすべて決まりましたか? コンサルティングユニットは、来年度のリソースについてもご相談を承ります。また、ご相談内容をあらかじめ特定していただく必要はありません。

移行、モダナイゼーション、およびアジャイル開発
Red Hat コンサルティングをご利用になれば、システムのモダナイゼーションを行い、より質の高いアプリケーションを短期間で構築することができます。
Red Hat コンサルティングの詳細はこちら

協力すれば、より多くを成し遂げられる

「コラボレーション」はオープンソースコミュニティの中心となる考え方であり、サポートに対する Red Hat のアプローチでもあります。Red Hat サポートは、受賞歴のある Red Hat カスタマーポータルから業界をリードする技術リソースをオンラインで提供しています。

Red Hat JBoss Application Platform

お客様の声をお聞かせください

The Open Source Way (オープンソースウェイ) を基本理念として、Red Hat はお客様の声を大切にしています。すでに Red Hat 製品をお使いの方も、これから使い始めるために詳しい情報が必要な方も、まずはお問い合わせください。

営業担当者へのお問い合わせはこちら

Red Hat の営業担当者は、豊富な知識を持ってお客様の立場を理解しサポートいたします。

Red Hat パートナーの検索

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform または関連アプリケーションを販売している Red Hat パートナーを検索できます。

JBoss Enterprise Application Platform の導入によって、アプリケーションインフラストラクチャを標準的な方法で簡単に合理化できました。そのおかげで、優れたパフォーマンスを達成すると同時に、IT コストの最適化戦略に完全に準拠しながら管理および監視作業を簡素化できるのです。

Ampersand CIO Victor Vargas 氏 詳細はこちら

数字で見る効果

優れた投資収益率とサポート

  • JBoss Enterprise Application Platform をデプロイしている企業が 3 年間で 569% の ROI を達成 [1]
  • プラットフォームの完全なデプロイ後、6 カ月で初期投資を回収 [1]
  • カスタマーサポートの満足度に関する調査で、Red Hat JBoss Middleware が 5 年連続で WebSphere および WebLogic ミドルウェアより高い評価を獲得 [2]

IBM WebSphereOracle Fusion Middleware の代わりに Red Hat JBoss Middleware をお勧めする理由をご確認ください。この計算機を使用すれば、IBM Websphere や Oracle Weblogic と比較しながら JBoss EAP のサブスクリプションを利用した場合に節約できる費用を見積もることもできます。

関連資料

ケーススタディ

Banco Azteca
メキシコの主要銀行 Banco Azteca は、Red Hat を選んだことで、サポートおよび保守コスト、インフラストラクチャコストをそれぞれ 40% 削減し、アプリケーションに関してはエラーを 99% 抑え、応答時間を 50% 短縮することに成功しました。
ロシュ
医薬品・診断薬を専門的に扱うロシュは、エンタープライズ対応の Red Hat® ソリューションを IT Centre of Excellence へデプロイしました。その結果、柔軟性の向上、システムの管理および自動化の最適化、アプリケーションの市場投入期間の大幅短縮を実現しました。
Woolworths
オーストラリアの小売業者 Woolworths は、Red Hat および TCS との提携により、顧客からの要求にオンラインで対応する能力を向上させることができました。
Frost Bank
Frost Bank はアプリケーションインフラストラクチャのモダナイゼーションを必要としていました。JBoss Enterprise Application Platform に移行することで、開発者と管理者の生産性を向上させ、生産効率を高めることができました。
JBoss EAP に関するすべてのケーススタディを確認

ソーシャル

Red Hat とつながる

コードの入手

ダウンロードはこちら
Rocket Fuel