Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

e ブック

クラウドネイティブ・アプリケーションへの道

クラウドネイティブ・アプリケーションへ進む 8 つのステップ

ソフトウェアは、ユーザーのビジネスへの関わり方や、企業が競争力を維持するためのイノベーションにおいて、ますます重要性を増しています。アプリケーションの開発と提供のスピードは、デジタルビジネスにおける新たな必須要件となっています。

この必須要件を満たして速度の向上、柔軟性の増加、品質の改善、リスクの低減を実現するには、企業はアプリケーション開発に対してクラウドネイティブなアプローチを採用する必要があります。しかし大半の企業には、IT 基盤を根底から刷新したり、新たな作業手法をシームレスに実装したりする余裕はありません。クラウドネイティブ開発への移行を一過性のものではなく継続的なプロセスとして実施する理由はここにあり、文化、プロセス、テクノロジーを、段階的であっても根本的に変革する必要があります。

この Red Hat® e ブック「クラウドネイティブ・アプリケーションへの道」では、クラウドネイティブ・アプリケーション開発がもたらす変革のメリットを説明し、クラウドネイティブから成果を導くための 8 つのステップを紹介します。以下の実現方法をご紹介します。

  • DevOps を完全に取り入れるために必要なテクノロジーとコラボレーション・プロセスの採用
  • 最適化されたモノリスによる既存アプリケーションの高速化
  • セルフサービス型オンデマンド・インフラストラクチャの実現
  • IT 自動化によるアプリケーション提供の迅速化
  • 継続的デリバリーと高度なデプロイメント技術の導入
  • モジュール式アーキテクチャへの転換
  • Red Hat OpenShift® Container Platform が皆様の取り組みをサポートします。

この e ブックをダウンロードして、クラウドネイティブへの道を順調に進むための 8 つの重要なステップをご確認ください。