RH018

Virtualization and Infrastructure Migration Technical Overview

情報を表示しています:

オープンソースの仮想化と移行の計画の基礎を学ぶ

Virtualization and Infrastructure Migration Technical Overview (RH018) では、オープンソース仮想化のメリット、仮想化資産の効果的な管理方法、従来のワークロードをある仮想化プロバイダーからオープンな仮想化に移行するための最適な方法を理解できるようになります。

コース概要

オンラインのオンデマンドビデオを通じて、次の方法を学習できます。

  • インフラストラクチャ・マッピングを簡単に定義する。
  • 作業負荷のバランスをとるための移行計画を作成する。
  • 移行計画を作成して、仮想化のコストを削減する。

対象者と前提条件

コース対象者

  • IT アーキテクト
  • システムエンジニア
  • IT 運用担当者

受講の前提条件

  • 仮想化の基礎知識
  • システム管理の基本的なスキル

学習内容

ビデオ 1. 仮想化とインフラストラクチャの移行の概要

ビデオ 2. 仮想化の概要

ビデオ 3. インフラストラクチャの移行の基本

ビデオ 4. インフラストラクチャの移行におけるクラウド管理プラットフォームの役割 (デモンストレーション)

ビデオ 5. Red Hat Virtualization と vSphere (デモンストレーション)

ビデオ 6. CloudForms を使用したクラウド管理プラットフォームのセットアップ (デモンストレーション)

ビデオ 7. Red Hat Virtualization によるオープンな仮想化 (デモンストレーション)

ビデオ 8. インフラストラクチャの移行のアーキテクチャと使用

ビデオ 9. インフラストラクチャの移行 (デモンストレーション)

ビデオ 10. IT 最適化の要約と展望

注:学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、トレーニング・スペシャリストにお問い合わせください