Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

ホワイトペーパー

リソースを最大活用しながら、組織の将来を担うアプリケーションを構築する

Java アプリケーションをモダナイズするためのプラットフォーム

Java アプリケーションは長い間、企業におけるテクノロジーの中核を担ってきました。この事実を踏まえ、企業はプラットフォームを標準化することで、既存アプリケーションの開発をモダナイズし、将来的なクラウド化へ向けた動きの中で、これらのアプリケーションをサポートすることができます。

従来型のモノリシックなエンタープライズ・アプリケーションとクラウドベースのアプリケーション・デプロイメントを組み合わせることで、既存の知識やリソースを活用しながら、新しいアプリケーション・モデルへの移行を積極的に推進することができます。先進的なアプリケーション・プラットフォームは、これを実現するためのバックボーンであるといえます。

Red Hat® JBoss® Enterprise Application Platform は、既存の IT リソースを最大限に活用し、必要なメンテナンス・プロジェクトを継続しながら、経営陣が計画しているデジタル・トランスフォーメーションを実現するための手段となります。

Java™ EE ベースのアプリケーション・プラットフォームは、現行のテクノロジーとクラウドネイティブ・アプリケーションの両方をサポートできます。ただし、そのためには以下のことを行う必要があります。

  • 既存のスタッフや専門分野の知識を活用した、新しいテクノロジーへの対応
  • レガシーアプリケーションと重要なデータの保持
  • 既存の環境でも使用できる新しいアプリケーションの並行開発
  • 新しいプロセスとアーキテクチャの実装

ホワイトペーパー「Java アプリケーションをモダナイズするためのプラットフォーム」は、Red Hat JBoss Enterprise Application Platform を使用して、既存のアプリケーションを管理しながら、将来におけるクラウド対応のアプリとアーキテクチャに備える方法について解説しています。

ホワイトペーパーをダウンロードして詳細をご覧ください。