Red Hat サブスクリプションモデル

Red Hat サブスクリプション

概要

お客様の組織において、増え続ける要求に応えられるようにアプリケーションインフラストラクチャを維持するためには、保守とサポート契約だけでは不十分です。実績があり、スケーラブルで、信頼性が高く、かつ安全なエンタープライズプラットフォームが必要です。テクノロジーベンダーとの真にコラボレーティブな関係も必要です。

Red Hat サブスクリプションを利用すれば、これらを実現できます。

強力なエンタープライズプラットフォーム

Red Hat の世界クラスのエンジニアリング組織は、オープンソースコミュニティおよびお客様と協力して作業し、画期的なテクノロジーソリューションを構築してテストし、優れた可用性、セキュリティ、スケーラビリティを実現します。

コミュニティでのリーダーシップ

Red Hat は、Linux® カーネル、JBoss コミュニティを始めとして、数多くのオープンソースプロジェクトに取り組んでいる代表的な企業のコントリビューターです。Red Hat は世界有数のオープンソースプロバイダーであり、サブスクリプションを購入することで Red Hat の取り組みや影響力を有効に活用いただくことができます。

IT 業界とのコラボレーション

Red Hat は多数の独立系ソフトウェアベンダー (ISV) および独立系ハードウェアベンダー (IHV) との関係を維持しています。この関係を通じて、Red Hat は業界とコミュニティでの技術革新を Red Hat エンタープライズプラットフォーム製品に取り入れ、お客様の企業が使用できる堅牢なソリューションを世界最大規模の技術認定エコシステムに提供します。

お客様との関係

Red Hat サブスクリプションによって、高品質のソフトウェアとアップデートに加え、アプリケーションインフラストラクチャのライフサイクルとアーキテクチャー全体にわたる情報とサポートサービスを利用できます。インフラストラクチャまたはアプリケーションの計画、テスト、デプロイ、保守、アップグレードの全段階において、Red Hat の専門知識をぜひご活用ください。

詳細はこちら

Red Hat サブスクリプションの価値についてのホワイトペーパー [PDF]
Red Hat JBoss Middleware のサブスクリプションガイド [PDF]
Red Hat サブスクリプションの更新に関する FAQ [PDF]

お問い合わせ

内容

Red Hat サブスクリプション — 優れたサポートにとどまらないサービス

Red Hat サブスクリプションでは、Red Hat のガイダンス、知見、専門知識を利用できるため、お客様は会社の価値の創出に専念することができます。Red Hat はオープンソースコミュニティと連携しているので、お客様のニーズを満たす安定性の高いエンタープライズプラットフォームを構築できます。すべての Red Hat®サブスクリプションには、次のものが含まれています。

エンタープライズソフトウェア

Red Hat サブスクリプションでは、Red Hat とそのパートナーが作成、テスト、認定した Red Hat ソフトウェアに継続的にアクセスできます。ソフトウェアはバイナリ形式とソース形式の両方のバージョンでサポートされ、すべてのエンタープライズ製品ドキュメント、セキュリティ更新、バグフィックスが含まれています。

柔軟性

Red Hat サブスクリプションは特定のバージョンに制限されません。Red Hat ソフトウェアのすべてのサポート対象バージョンにアップグレードし、物理サーバー、仮想サーバー、またはクラウドベースのサーバーに簡単にデプロイすることができます。

堅牢なセキュリティ

業界屈指のセキュリティレスポンスチームが、システムのセキュリティを確保します。このチームは、お客様、パートナー、セキュリティウォッチドッググループ、グローバルオープンソースコミュニティと協力して、セキュリティの脆弱性を特定します。また、重大な脆弱性の 98% 以上を、それらが特定された日の翌日中に修正してきた実績があります。Red Hat の堅牢なセキュリティの詳細はこちらをご覧ください。

ハードウェアおよびソフトウェアの認定

Red Hat では多数のソフトウェアおよびハードウェアベンダーと協力関係を維持し、Red Hat および JBoss®ソフトウェア上のビジネスクリティカルアプリケーションのパフォーマンスを認定しています。世界最大規模の技術認定エコシステムをご利用いただけます。これまでに 4,000 を超える製品が認定され、その後も続々と認定されています。Red Hat テクノロジーでなければ、この認定も、サードパーティのサポートも受けることができません。Red Hat 製品認定の詳細はこちらをご覧ください。

実稼働および開発のサポート

Red Hat テクニカルサポートを、世界各地において最長 24 時間体制で受けられます。テクニカルサポートを受けるために、お客様側で問題の再現や証明を行っていただく必要はありません。Red Hat サポートエンジニアはお客様の問題をすぐに理解できるため、安心して作業を進められます。Red Hat サポートの詳細はこちらをご覧ください。

受賞歴を誇る Red Hat カスタマーポータルを通じて、サブスクリプションのすべての機能にアクセスすることができます。

  • 幅広い Red Hat ナレッジベースへのアクセス
  • Red Hat ソリューションを最大限に活用するのに役立つケーススタディやリファレンスアーキテクチャーの検索
  • サブスクリプションの管理
  • Red Hat や他のパートナーとの協力関係

安定性

業界トップレベルのオープンソースベンダーが提供する安定した単一プラットフォームに標準化することにより、コストを削減できます。

知的財産の保証

Red Hat の知的所有権オープンソース保証プログラムでは、Red Hat サブスクリプションの契約期間中に発生した法的な問題について一定の保護を受けられるため、高い安心感が得られます。

コスト上の利点

Red Hat は、ソフトウェアとサービスをサブスクリプションベースでご提供しますので、ライセンス費用、アップグレード料金、保守の追加料金、インシデントごとのサポート費用、ユーザーアクセス料金は発生しません。Red Hat ソフトウェアを実行するリソースごとに、単一のアクティブなサブスクリプションを維持するだけで、サービスをご利用いただけます。

今すぐお問い合わせください

仕組み

お客様の Red Hat 環境に最適なサブスクリプションを購入、維持してください

サブスクリプションでは、Red Hat のエンタープライズオープンソースソリューションとともに、効率的にそれらをご利用いただくために必要なすべてをご提供します。Red Hat®サブスクリプションには、クライアントアクセスライセンスはありません。サポートを受けるインシデント数 (お問い合わせ件数) に制限はなく、想定外のアップグレード料金も想定外の費用も発生しません。

Red Hat サブスクリプションの料金体系

Red Hat 製品は、インスタンスまたはインストールごとのサブスクリプションベースで提供され、サブスクリプション期間中はすべての関連サービスを利用できます。Red Hat の機能およびサービスに含まれるものは次の通りです。

  • ソフトウェア
  • 更新
  • アップグレード
  • テクニカルサポート
  • セキュリティ修正
  • ナレッジベース
  • オープンソース保証プログラム
  • 実績のあるエンタープライズ向けソリューション

維持する必要のある Red Hat サブスクリプションを見きわめるには?

Red Hat サブスクリプションでは、製品のテスト済み信頼性、ソフトウェアメンテナンスおよびテクニカルサポート、認定、オープンソース保証を利用できるため、継続的な価値を手に入れられます。

必要となるサービスはリソースごとに異なるため、Red Hat では、使用されている Red Hat ソフトウェアのインスタンス数またはインストール数によってサブスクリプションの価格を算定します。Red Hat 製品のサブスクリプションをご利用の場合、お客様の環境で使用する Red Hat ソフトウェアの各インスタンスまたは各インストールのサブスクリプションを維持していただく必要があります。

Red Hat JBoss Middleware サブスクリプションのサイジングの決定方法

Red Hat JBoss® Middleware 製品のサブスクリプションは、コアバンドという一定のプロセッサーコア数 (16、64、またはその両方) 単位でご利用いただける仮想化に適したモデルで提供されます。あらゆる種類のミッションクリティカルなデプロイをサポートする、多様なエンタープライズサービスレベルを選択いただけるようになっています。

Red Hat JBoss Middleware 利用モデルの主な特徴:

  • プロセッサー・コアは仮想的でも物理的でもよいため、ミドルウェアのワークロードを仮想化するという最近の傾向に適しています。
  • お客様は、お使いの環境に適したプロセッサコアの種類を自由に選択できます。さまざまな種類のプロセッサコアが同じように扱われます。
  • テクニカルサポートでは、すべてのサポート対象環境において、開発からデプロイメント管理までのアプリケーションライフサイクル全体にわたる問題がカバーされます。
  • 個別の Red Hat JBoss Middleware 製品のサブスクリプションには、Red Hat JBoss Middleware ポートフォリオのすべての製品についての開発使用が含まれています。
  • Red Hat JBoss Middleware 環境のサイジングの詳細

Red Hat サブスクリプションの契約条項

Red Hat ソフトウェアの提供元

Red Hat とその認定ビジネスパートナーのみが、テスト済み且つ認定済みのエンタープライズソフトウェアへのアクセスを提供できます。このアクセスは、Red Hat から直接、または Red Hat 認定ビジネスパートナーから、サブスクリプションを通じて提供されます。

Red Hat サブスクリプションの利点を享受するためのオプションとは?

Red Hat サブスクリプションを購入すると、Red Hat から直接、または Red Hat 認定ビジネスパートナーから、すべてのサービス (ソフトウェアへのアクセスを含む) を利用できます。

また、Red Hat は数千のシステムインテグレータ (SI) パートナー、独立系ソフトウェアベンダー (ISV) パートナー、および独立系ハードウェアベンダー (IHV) パートナーと協力して、完全なソリューションを構築、最適化、販売、提供しています。認定 OEM を含むこれらのパートナーの一部には、フロントラインサポートの提供も認定されています。

このようなパートナーとそのお客様は、Red Hat の最新テクノロジーと業界有数のオープンソースプロバイダーの専門知識を利用できます。

サブスクリプション期間の終了

Red Hat サブスクリプションのサービスを継続して利用するには、サブスクリプションを更新して、Red Hat ソフトウェアのすべてのインスタンスおよびインストールでサブスクリプションをアクティブな状態に維持します。

すべてのサブスクリプションの期間が終了し、組織内にアクティブなサブスクリプションがない場合、引き続きソフトウェアを使用することはできますが、環境全体において次を含むサブスクリプションのサービスは利用できなくなります。

  • 最新バージョンの認定ソフトウェア
  • セキュリティエラータとバグ修正
  • Red Hat テクニカルサポート
  • 受賞歴を誇るカスタマーポータルへのアクセス
  • Red Hat のオープンソース保証

ご質問がある場合はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ