JBoss Middleware

イノベーションを迅速かつスマートに

Red Hat® JBoss® Middleware は、軽量で、クラウドに対応したエンタープライズクラス製品ファミリーであり、迅速でスマートなイノベーションを推進します。これを私たちは「Enlightened Innovation」と呼んでいます。

すべてを適切に機能させるミドルウェア

適切なミドルウェアがあれば、機能すべきことが実際に機能するようになります。アプリケーションの構築、テスト、デプロイが高速化され、システム間の接続がより簡単になり、手動で時間を要していたプロセスが自動化されます。その結果、IT チームの生産性が向上します。

JBoss Community と JBoss Enterprise

製品

高速化

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform
Java ベースのサービスの構築、実行、管理に必要なすべてが揃った完全認定 Java EE 6 コンテナです。
Red Hat JBoss Web Server
大規模 Web サイトおよび軽量の Java Web アプリケーションに対応する単一のソリューションです。Apache Web Server および Apache Tomcat 認定の実稼働環境対応バージョンと共通コネクターが含まれています。
Red Hat JBoss Data Grid
頻繁に使用するデータに高速かつ高い信頼性でアクセスできるようにすることで、アプリケーションを柔軟に拡張する、インテリジェントな分散データキャッシングソリューションです。
Red Hat JBoss Portal
Web サイトとセルフサービスアプリケーションを高度に統合、連携させ、他社にはないユーザーエクスペリエンスを実現するためのフレームワークです。
Red Hat JBoss Developer Studio
認定された Eclipse ベース統合開発環境 (IDE) であり、リッチ Web アプリケーション、モバイル Web アプリケーション、トランザクションエンタープライズアプリケーション、SOA ベース統合アプリケーションおよびサービスの開発、テスト、デプロイに対応します。
Red Hat JBoss Operations Network
当社のミドルウェア管理ソリューションの主要コンポーネントで、単一の制御ポイントからミドルウェア製品、アプリケーション、サービスを一元的にデプロイ、管理、監視できます。

統合化

Red Hat JBoss Fuse
場所を取らない、柔軟なエンタープライズサービスバス (ESB) です。
Red Hat JBoss A-MQ
軽量かつ、高性能のメッセージングプラットフォームです。
Red Hat JBoss Data Virtualization
異なるソースからのデータを一元化し、再利用可能なデータ提供サービスを実現する統合プラットフォームです。
Red Hat JBoss Fuse Service Works
SOA 統合スイートにより、アプリケーションやサービスの構築、デプロイ、統合、およびプレゼンテーションを可能にします。

自動化

Red Hat JBoss BRMS
ビジネスの意思決定者がビジネスルールを迅速に作成および変更するための機能を提供する、堅牢なビジネスルール管理システム (BRMS) です。
Red Hat JBoss BPM Suite
ビジネスルール管理、ビジネスプロセス管理 (BPM)、複合イベント処理を統合したビジネスプロセスおよび意思決定管理プラットフォームです。

高速化

アプリケーションの提供をより高速に。

今すぐ始める

複雑で柔軟性に欠けるプロプライエタリアプリケーションインフラストラクチャによって、開発者の生産性を低下させることのないよう、アプリケーションの開発スピードを促進し、オンプレミス、モバイル、クラウドの各環境にデプロイして、アプリケーションのパフォーマンスを高めましょう。

詳細はこちら

開発者の生産性および価値の向上

IBM WebSphere や Oracle WebLogic から Red Hat JBoss Enterprise Application Platform に移行した企業では、アプリケーションの開発を年間で 51% 増やし、569% にのぼる投資収益率 (ROI) を達成しました。

JBoss Middleware への移行

クラウド導入への備え

オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドのどの環境にもシームレスに導入できるよう、アプリケーションは同じコードベースで複数の導入オプションに対応できなければなりません。Red Hat JBoss Enterprise Application Platform および Red Hat の OpenShift Enterprise は、それを可能にする PaaS (Platform-as-a-Service) ソリューションを提供します。ベンダーの都合ではなく、自社のペースでクラウドに移行することができます。

少ないコストで規模を拡張

汎用アプリケーションのトランザクションが増えると、タイムリーにデータにアクセスできなくなります。また、データベースライセンスの追加購入やデータベース管理者の増員により、コストが増加します。Red Hat JBoss Data Grid を採用すれば、以下のことを実現できます。

  • 3 倍速のアプリケーションパフォーマンスを達成
  • 大容量データを軽々と処理
  • トランザクションのスループットを拡張
  • 規模の拡張 (スケールアウト) が簡単

Red Hat JBoss Data Grid がビックデータおよびアプリケーションのパフォーマンス向上に最適なソリューションである理由をご覧ください。

より優れたアプリケーションインフラストラクチャへの移行

Hurwitz & Associates レポートには、「スピードとモビリティで決まる世界で成功したければ、モノリシックで厳密に制御された環境向けに設計された従来のインフラストラクチャ環境を改良するだけでは、思いどおりの結果は期待できない」とあります。Red Hat JBoss Enterprise Application Platform に移行すれば、既存、新規のどちらのアプリケーションプロジェクトにおいても俊敏性の向上を図ることができます。

統合化

データセンターを超えたインテグレーション

今すぐ始める

高い効率と精度を実現するために。Red Hat JBoss Middleware を使用すれば、インフラストラクチャ全体で、システム、アプリケーション、および情報を結び付けることができます。

詳細はこちら:

Red Hat JBoss A-MQ の導入によって、ライセンスにかかるコストが削減されただけでなく、顧客である証券会社の取引をサポートするうえで必要な安定性やパフォーマンスも獲得することができました。

E*TRADE システムエンジニアリング担当取締役 Duc Doan 氏

あらゆるニーズに答える統合ソリューション

データセンターを超えた統合は、複雑なシステムを使用したり、膨大な費用をかけなくとも実行できます。軽量で使いやすく、組み込み可能な統合およびメッセージングにより、支店およびリモートデバイスからのリアルタイムな在庫状況などを確認でき、ビジネス機会の損失をなくすために IT システムと連携させることができます

断片化したデータを実用的な情報へ

多くの企業は、異なるアプリケーションやテクノロジーのサイロにデータが閉じ込められているため、運用や分析に関する見識を得るのに苦慮しています。

Red Hat JBoss Data Virtualization は、Hadoop や従来型のデータウェアハウスなど、複数のアプリケーションや複数の場所に散らばっているデータを効率的に集約し、タイムリーかつ実用的で統合された情報を提供します。

Red Hat JBoss Data Virtualization は、次の 3 つのシンプルなステップで俊敏性の高いデータ利用を実現します。

  • 使用: オープンスタンダードのインターフェースによって、統合されたデータをすぐに利用できるようにします。
  • 構成: データを組み合わせ、再利用可能でビジネスに即した仮想データモデルやデータビューに容易に変換します。
  • 接続: 複数の異種混合環境のデータソースのデータにアクセスします。

自動化

ビジネスプロセスをすべての人に

今すぐ始める

絶え間なく変化する状況において、競争力を維持するためには、俊敏性の高いビジネスアプリケーションが重要になります。ビジネスを理解している人材が、IT に煩わされることなく、ルールの作成と変更を行える必要があります。

詳細はこちら:

IT エキスパートとビジネスエキスパート間の連携を改善

ビジネスプロセス管理 (BPM) テクノロジーおよびビジネスルール管理 (BRM) テクノロジーが、俊敏性の高いビジネスソリューション構築の強力なアプローチとして登場したことで、ビジネスおよび IT 関係者間に真のコラボレーションが促進されています

プロセスと意思決定管理を統合したプラットフォームにビジネスエキスパートと開発者向けのシンプルなツールも加わり、プロジェクト関係者間の連携もさらに促進されます。

ビジネスイベントの検出と対応を自動化

複合イベント処理 (CEP) がイベントパターンを検索し、各イベントに対して積極的な意思決定を行うためのビジネスルールを実行します。イベントベースロジックの採用により、迅速な意思決定を実現し、ビジネス価値も大きく向上させることができます

関連資料

Red Hat が構築した環境はオープンソーススタンダードを基盤としているため、合理的なコストでミドルウェアプラットフォームを成長させ、ビジネス部門へのアプリケーションの提供に注力することができます。

Sprint IT 担当取締役 Jamie Williams 氏 詳細はこちら

オープンハイブリッドクラウド

クラウドの到来。
クラウドの導入は、明日への備えを意味します。

オープンソースコミュニティ

共有が成長を促す

JBoss Developer

コミュニティ主導のオープンソースミドルウェア

プロジェクトについて

JBoss Developer と Red Hat JBoss Middleware

どちらがプロジェクトに最適か?

詳細はこちら

JBoss マイグレーションセンター

アプリケーションの Red Hat JBoss Middleware への移行を、効率的な方法で実現します。

詳細はこちら

知見とアイデア

* http://www.linuxfoundation.org/news-media/announcements/2014/03/linux-foundation-releases-first-ever-collaborative-development OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下に使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。