検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
Web サイト

プレスリリース

Red Hat、Kubernetes上のJavaを推進し、Quarkusをクラウドネイティブ開発用の完全サポート付きランタイムとして提供

Quarkusによって、オープンソースのリーダーがJavaを現代的アプリケーション開発の将来に導きます

東京

[ノースカロライナ州ローリー– 2020年5月27日(現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

Quarkusは、当社が必要としていた性能と生産性の大幅な向上を提供してくれました。Red Hatという確かな後ろ盾のある革新的なテクノロジーであり、実戦でテストされた最先端のテクノロジーを含んでいるので信頼できます。

Vodafoneギリシャ DXL技術責任者 Christos Sotiriou氏

オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(以下Red Hat)は本日、アプリケーションサービスのポートフォリオを拡張し、QuarkusRed Hat Runtimes内の完全サポート付きフレームワークとして追加すると発表しました。Quarkusによって、Red HatはKubernetes上のJavaを推進し、従来のJavaアプリケーションとクラウドネイティブな環境との隙間を埋めます。

Javaは25年前に登場し、今日に至るまで開発者の間で最も人気の高いプログラミング言語のひとつであり続けています。Red HatはQuarkusをサポート付きランタイムとして追加することにより、現代的な、クラウドネイティブなアプリケーション開発の状況、ならびに組織が生産性、効率、アジリティ、スケールの限界に挑み、Java開発者が熟知している好みの言語で作業を続けることを可能にするマイクロサービスコンテナサーバーレスなどのアプローチに、Javaを持ち込むために貢献します。Quarkusによって、ユーザーはRed Hatの完全サポートを備えたテクノロジーを手に入れることができ、これには活発なコミュニティ、継続的なアップデート、および迅速なリリースの流れが含まれます。

メモリ密度と高速な起動時間に最適化された、フルスタックの、KubernetesネイティブなJavaフレームワークとして、Quarkusは組織による既存アプリケーション環境の促進と、ミッションクリティカルなシステム用のJavaに対する長年の投資の延長を可能にします。このオープンソース・プロジェクトは厳選された主要なJavaテクノロジーおよび標準から作られており、インペラティブとリアクティブの両方のスタイルを組み合わせてシームレスで、統一されたユーザー体験を実現するように設計された、適応力のある開発モデルを開発者に提供します。

Quarkusは、以下の点で役に立ちます。

  • 開発者の生産性向上:Quarkusはそのままの状態で一般的なJavaの標準、フレームワーク、およびライブラリと連携して動作するため、新しいAPIの学習や他のプログラミング言語への切り替えの必要性が大幅に軽減されます。また、ライブコーディングや統一された構成など開発中の繰り返し作業を迅速化する多数の機能を提供し、コードの変更が自動的かつ即座に実行中のアプリケーションに反映されます。
  • 運用効率の向上:Quarkusは現代的な、Kubernetesネイティブな開発スタック向けに調整されており、より迅速で、より合理化された形でのビジネス・ソリューションの提供、競争力の維持、および全体的な市場投入スピードの短縮を可能にします。
  • コスト削減の向上:Quarkusは、少ないメモリ消費量と高速な起動時間を備えています。これはリソース利用率とエンドユーザー体験の向上につながり、新しいアプリケーションやサービスが即座に利用可能になります。この効率性によってCPU当りの高いワークロード密度が実現し、これもコスト削減の向上につながります。
  • 信頼性の向上:Quarkusのアプリケーションは弾力性に優れ、スケーラブルで、要件の変化に適応できるため、システムの信頼性向上につながります。

 

Red Hatは長年にわたりJavaコミュニティのリーダーであり、オープンなコミュニティ主導のイノベーションを通してJavaを前進させるための取り組みを続けています。本日、Red Hatはこの取り組みをさらに進め、Quarkusを完全サポート付きRed Hat Runtimesに追加しました。Red Hat Runtimesは、クラス最高の統合製品、移行ツール、およびクラウドネイティブなアプリケーションを作成するためのコンポーネントを提供するとともに、開発とデリバリーの時間を短縮します。Red Hat Runtimesは、高速データアクセス用のインメモリキャッシングと、既存アプリケーション間の迅速なデータ転送用のメッセージングを備えた、マイクロサービスなどの高度に分散されたクラウド・アーキテクチャ用の軽量ランタイムとフレームワークのコレクションを通して、適材適所のツールの選択肢を開発者やアーキテクトに提供します。

Quarkusは、200以上の拡張標準規格、ライブラリ、サービス、およびテクノロジーの活発なエコシステムを取り入れた拡張ライブラリを含んでいます。このライブラリには、RESTEasy、Hibernate、Eclipse MicroProfileなどの多数のクラウドネイティブなフレームワークとツールが含まれています。また、Red Hat AMQ StreamsRed Hat AMQ BrokerRed Hat FuseなどのRed Hatクラウドサービスおよびビジネスオートメーション用の拡張も含まれています。

提供開始時期

サポート付きRed HatランタイムとしてのQuarkusは、現在提供中です。

 

サポートコメント

Red Hat クラウドサービス部門シニアディレクター Rich Sharples

「Red Hatは長年にわたってJavaのムーブメントの主要な推進役を果たしており、コミュニティに対する貢献を誇りに思っています。Javaを現在私たちが置かれている現代的な、クラウドネイティブなアプリケーションの状況に持ち込むことは、単にこのプログラミング言語の将来にとってだけでなく、Javaを使用している数千の企業の将来にとっても極めて重要です。QuarkusというKubernetesネイティブなJava提供物によって、Java開発者が熟知している好みの言語で作業することを可能にするとともに、Javaがビジネスクリティカルな環境内でスケーリングする能力を提供します。」

 

Vodafoneギリシャ DXL技術責任者 Christos Sotiriou

「Quarkusは、当社が必要としていた性能と生産性の大幅な向上を提供してくれました。Red Hatという確かな後ろ盾のある革新的なテクノロジーであり、実戦でテストされた最先端のテクノロジーを含んでいるので信頼できます。当社が他の競合テクノロジーよりQuarkusを選んだのは、開発者にとっての膨大なベネフィット、大幅に少ないリソース消費量、多数の信頼すべきコミュニティメンバー、および迅速な周期のバグ修正と新機能追加が理由です。当社のチームは今後3か月で20のマイクロサービスを開発すべく作業を行っていますが、これは他の方法では不可能だったでしょう。」

 

IDC ソフトウェア開発リサーチディレクター Arnal Dayaratna

「Quarkusによって、Red Hatは長年にわたるJavaコミュニティでのリーダーシップを継続することになります。Quarkusは、起動時間の高速化、メモリ消費量の削減、サーバーレス・インフラストラクチャ向けの最適化、開発者の生産性向上など、Javaアプリケーションにとって様々なベネフィットを提供します。その結果、Java開発者は自分たちが熟知している好みの言語で記述と開発を行いながら、Quarkusの能力を利用して、クラウドネイティブなKubernetesベースの開発にコスト、運用性、および生産性のベネフィットをもたらすことができます。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of enterprise open source software solutions, using a community-powered approach to deliver reliable and high-performing Linux, hybrid cloud, container, and Kubernetes technologies. Red Hat helps customers integrate new and existing IT applications, develop cloud-native applications, standardize on our industry-leading operating system, and automate, secure, and manage complex environments. Award-winning support, training, and consulting services make Red Hat a trusted adviser to the Fortune 500. As a strategic partner to cloud providers, system integrators, application vendors, customers, and open source communities, Red Hat can help organizations prepare for the digital future.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to our pending merger with International Business Machines Corporation, the ability of the Company to compete effectively; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; delays or reductions in information technology spending; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; risks related to errors or defects in our offerings and third-party products upon which our offerings depend; risks related to the security of our offerings and other data security vulnerabilities; fluctuations in exchange rates; changes in and a dependence on key personnel; the effects of industry consolidation; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to meet financial and operational challenges encountered in our international operations; and ineffective management of, and control over, the Company's growth and international operations, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission's website at www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management's Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company's views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company's views as of any date subsequent to the date of this press release.

###

Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Red Hat logo, JBoss, Ansible, Ceph, CloudForms, Gluster and OpenShift are trademarks or registered trademarks of Red Hat, Inc. or its subsidiaries in the U.S. and other countries. Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the U.S. and other countries. The OpenStack Word Mark is either a registered trademark/service mark or trademark/service mark of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries, and is used with the OpenStack Foundation's permission. Red Hat is not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.