期間限定 2018年3月31日まで

Red Hat Training
TUキャンペーン

購入から1年以内に予定を組めば、いつでもどこでも受講できる
プリペイド式のTU(トレーニングユニット)が今だけ10%OFF!!
これは未来を担う人材への先行投資です。

購入から1年間以内に予定を組めば、お近くの拠点で都合の良いタイミングにプログラムを受けられるプリペイド式のトレーニングユニットが今なら10%OFF!!

つまり10人分の受講料で11人分のトレーニングプログラムを利用できるのです。今すぐではないけれど、来年中にはLinuxやオープンソースのエンジニアを強化したい、来年度から入社してくる新人のトレーニング準備をしておきたい・・・等。

将来を考えた人材育成への投資が、ビジネスの成長、企業の未来へとつながリます。この機会にぜひご検討ください。

レッドハットが提供する
トレーニングユニットとは?

1年間、自由に予定を決められるプリペイド式のトレーニングユニット

トレーニングユニットは、ご購入日から12ヶ月以内に予定を決めて引き換えれば、受講予定のトレーニングおよび認定試験がトレーニングユニットの有効期限日より後に実施される場合でもご利用いただけるプリペイド式のトレーニングチケットです。

具体的な受講プログラムが決まっていなくてもトレーニングの予算が決まっている、あるいは年度をまたいで計画を実行したい場合などに最適です。

例えば、100トレーニングユニットご購入いただくと…

イメージ図

他にもコースを追加予定!

TUを所持し好きなタイミングで自由に消化。新コースもすぐに登録!今ならTUの販売価格を10%OFFにてご提供中!
キャンセルについて
トレーニングユニットのキャンセル/スケジュール変更/代理に関するポリシーは、ここで説明されているポリシーに従います。
割引との組み合わせ
トレーニングユニットは、その他一切の割引、特別なオファー、割引券またはクーポンと組み合わせることはできません。
その他
トレーニングユニットは、(A)払い戻し不可、(B)譲渡不可、(C)現金またはクレジットへの変換不可、(D)クレジット全体として使用する必要があり、(E)ご購入国でのみ交換できます(複数国またはグローバル利用がRed Hatによって承認された場合を除く)、米国またはカナダで購入されたトレーニングユニットはこれらの国のいずれかで交換できます。

10%OFFキャンペーン対象
トレーニングプログラム

クラスルームトレーニング

快適かつプロフェッショナルなライブ環境で実施される、
インストラクター指導によるインタラクティブなトレーニングです。

コース内容 コース名 コード 期間 TU
Red Hat認定システム管理者(RHCSA)資格取得コース Red Hat システム管理 I RH124 5日間 22
Red Hat システム管理 II + RHCSA認定試験 RH135 5日間 24
RHCSA速習コース + 認定試験(Red Hatシステム管理I, IIのダイジェストコース) RH200 5日間 30
Red Hat認定エンジニア(RHCE)資格取得コース Red Hatシステム管理 III + RHCSA認定試験 + RHCE認定試験 RH255 5日間 26
Ansible管理者向けコース Automation with Ansible DO407 4日間 22
Automation with Ansible + 認定試験 DO408 5日間 27
Red Hat認定スペシャリスト試験 ーAnsible Automationー EX407 1日間 9
OpenShift管理者コース Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift DO180 2日間 11
OpenShift Container Platform Administration DO280 3日間 17
DO281 4日間 21
EX280 1日間 9
OpenStack管理者コース Red Hat OpenStack Administration Ⅰ CL110 4日間 18
Red Hat OpenStack Administration Ⅱ CL210 4日間 22
CL211 5日間 27
EX210 1日間 9

Red Hat ラーニングサブスクリプション

Red Hat ラーニング・サブスクリプション(LS120)は、すべての Red Hat オンラインラーニングコースを1つのパッケージにまとめて提供するプログラムです。このプログラムでは、コースを⾃分⾃⾝のペースでどこからでも受講できるほか、時間、労⼒を節約、常に最新バージョンのコースが追加されるため、新しい知識を待たずに学習することが可能になります。

Red Hat ラーニングサブスクリプション
(1年間受け放題のオンラインコース)
コード コース名 期間 TU 内容
LS120 Red Hat Learning Subscription (Basic) 1年間 35 1年間すべてのRed Hatオンラインコースが受け放題。
コース数: 全35コース(2018年3月1日現在)
演習時間: 最⼤400時間利⽤可能
アクセス: インターネット環境

Red Hat オンラインラーニング

Red Hatオンラインラーニングでは、クラスルーム環境と同じ高品質のコースコンテンツが提供され、コースコンテンツへの90日間無制限アクセス、80時間のクラウドベース演習、そしてRed Hat専門スタッフによるWebセミナーも含まれます。

Red Hat Online Learning(ROLE)
  • Platform
  • DevOps
  • Cloud
  • Middleware
  • コード コース名 期間 TU テキスト言語 ソフトウェアバージョン
    RH124R Red Hat システム管理I 90日 19 英/日 RHEL7
    RH134R Red Hat システム管理II 90日 19 英/日 RHEL7
    RH199R RHCSA 速習コース 90日 24 英/日 RHEL7
    RH236R Red Hat Storage Server Administration 90日 27 英/日 RH Gluster
    Storage3.1.2
    RH254R Red Hat システム管理 III 90日 19 英/日 RHEL7
    RH299R RHCE 認定試験ラボ 90日 24 英/日 RHEL7
    RH318R Red Hat Enterprise Virtualization 90日 28 RHEV4.1
    RH342R Red Hat Enterprise Linux Diagnostics and Troubleshooting 90日 28 RHEL7
    RH403R Red Hat Satellite 6 Administration 90日 36 英/日 Satellite 6
    RH413R Red Hat Server Hardening 90日 36 RHEL6.4
    RH436R Red Hat High Availability Clustering 90日 32 英/日 RHEL7
    RH442R Red Hat エンタープライズ パフォーマンス・チューニング 90日 32 RHEL7
  • コード コース名 期間 TU テキスト言語 ソフトウェアバージョン
    DO180R Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift 90日 10 英/日 RHOCP3.5
    DO280R OpenShift Container Platform Administration 90日 15 RHOCP3.5
    DO290R OpenShift Enterprise Development 90日 15 英/日 RHOCP3.5
    DO405R Configuration Management with Puppet 90日 19 Satellite 6
    Puppet 3.4
    DO407R Automation with Ansible I 90日 19 Ansible 2.3
    DO409R Automation with Ansible II: Ansible Tower 90日 10 Ansible Tower 3.1
  • コード コース名 期間 TU テキスト言語 ソフトウェアバージョン
    CEPH125R Red Hat Ceph Storage Architecture and Administration 90日 24 Ceph2.0.1
    CL110R Red Hat OpenStack Administration I 90日 19 英/日 RHCSP10
    CL210R Red Hat OpenStack Administration 90日 19 RHCSP10
    CL220R Red Hat CloudForms Hybrid Cloud Management 90日 19 英/日 Cloud Forms 4.1
    CL310R Red Hat OpenStack Administration III 90日 19 RHCSP6
  • コード コース名 期間 TU テキスト言語 ソフトウェアバージョン
    JB183R Red Hat Application Development I: Programming in Java EE 90日 15 Jboss EAP7
    JB248R Red Hat JBoss Application Administration I 90日 19 英/日 JBoss EAP7
    JB348R Red Hat JBoss Application Administration II 90日 24 JBoss EAP7
    JB421R Red Hat JBoss Fuse Camel Development 90日 24 Fuse 6.3
    JB427R Developing Workflow Applications with Red Hat JBoss BPM Suite 90日 18 BPM Server 6.3
    JB435R Enterprise Service Bus Deployment with Red Hat JBoss Fuse 90日 12 Fuse 6.1
    JB440R Red Hat JBoss AMQ Administration 90日 12 JBoss AMQ7
    JB450R Red Hat JBoss Data Virtualization Development 90日 18 JBoss EAP 6.1
    JB453R Red Hat JBoss Data Grid Development 90日 24 JBDG 6.1
    JB461R Authoring Rules with Red Hat JBoss BRMS 90日 18 BRMS 6.3
    JB463R Developing Rules Applications with Red Hat JBoss BRMS 90日 18 BRMS 6.3
    JB465R Implementing with Red Hat JBoss BRMS 90日 24 BRMS 6.3
    JB501R Building Advanced Red Hat Enterprise Applications 90日 24 JBoss EAP 6.1

注1)Red Hat ラーニングサブスクリプションおよびRed Hat Online Learningについては、原則トレーニングユニットのみでの販売とさせていただきます。

注2)Red Hat ラーニングサブスクリプションおよびRed Hat Online Learningは、対応バージョンおよびテキスト言語は、最新バージョンに逐次更新されますので、記載内容と異なる場合がございますので、ご注意ください。

<注意事項>

※1 お客様(ご受講者)の個人情報は、お申し込みいただいた研修サービスを提供する目的で、レッドハット株式会社、米国レッドハット及び研修サービスを提供する弊社認定会場が利用いたします。

※2 お申し込みは、原則コース開始日の14日前までとさせていただきます。コース定員に達した場合、お申し込みをお受けできない場合がございます。

※3 受講開始日14日前までのキャンセルは、100%返金。それ以降はキャンセル料100%請求となります。

※4 日程変更は、受講開始日14日前まで可能。但し、同種コースに限る。

※5 コースおよび試験の開始時間は、RHCE認定試験(EX300)は14時30分開始、その他のコース/試験は、9時30分開始となります。

※6 認定試験および認定試験付きコースをお申し込みの方は、受験の際に、運転免許証、パスポート、など写真貼付の公的身分証明証をご持参下さい。 ご本人と確認できない場合は、受験できませんのでご注意下さい。 万が一、写真添付の公的身分証明をお持ちでない場合、本人確認できる身分証明証を2つご提示いただく必要があります。 このうちひとつは、保険証などの公的証明。もうひとつは、受験者が勤務する企業または組織が発行する写真付きの証明書(社員証など)。

※7 試験の正式な結果は、弊社US本社 Red Hat Certification Central からのみ送付されます。通常は、試験終了後1週間以内に合否が通知されます。 試験官やトレーニングパートナーが受験者に直接結果を通知することは認められておりません。 試験結果などのお問い合わせは、http://www.redhat.com/rhtapps/certification/comments/のフォームより英文にてお問い合わせください。

2018年2月2日時点

Red Hat Training
トレーニングユニットキャンペーン

お問い合わせ

トレーニングユニットキャンペーンのご質問やご相談は
メールにてお気軽にお問合わせください。