EX210

RHCSA ーRed Hat OpenStackー 認定試験

情報を表示しています:

Red Hat 認定システム管理者 - Red Hat OpenStack - 認定試験 (EX210) では、Red Hat® Enterprise Linux® および Red Hat® OpenStack Platform を使用してプライベートクラウドを作成、構成、管理するために必要なスキル、知識、能力をテストします。試験では、これらのプラットフォームを使用してプライベートクラウドを作成、構成、管理するために必要なスキル、知識、能力を確認します。

準備

試験の学習ポイント

Red Hat 認定システム管理者 - Red Hat OpenStack - を取得するには、以下のタスクを実行する能力を有することを実証します。

  • ディレクターベースのデプロイを理解して処理する
    • ID 環境ファイルを使用してアンダークラウドに接続する
    • ID 環境ファイルを使用してオーバークラウドに接続する
    • テンプレートファイル、環境ファイル、およびその他のリソースを使用して、OpenStack 環境に関する情報を取得する
  • OpenStack ドメインを構成する
    • プロジェクトを作成する
    • グループを作成する
    • ユーザーを作成する
    • クオータを管理する
  • リソースを作成する
    • 仮想マシンのフレーバーを作成する
    • 既存イメージをオーバークラウドに追加する
    • セキュリティグループを作成する
    • キーペアを作成する
  • ネットワークを構成する
    • ネットワークを作成してプロジェクトに割り当てる
    • ネットワークルーターを構成する
    • ソフトウェア・デファインド・ネットワークを構成する
    • Open Virtual Network を操作する
  • 浮動 IP アドレスを管理する
    • 浮動 IP アドレスに使用するインスタンスを構成する
    • 浮動 IP アドレス経由でアクセスできるようにサービスを構成する
  • ブロックストレージを管理する
    • ブロックストレージ・ボリュームを作成する
    • ブロックストレージ・ボリュームをインスタンスに接続する
    • ストレージボリュームのスナップショットを作成する
  • Red Hat® Ceph Storage を操作する
    • Ceph Storage を監視する
    • Ceph Storage の問題を診断してトラブルシューティングする
  • オブジェクトストレージを操作する
    • Swift コンテナを作成する
    • Swift コンテナを利用する
  • インスタンスを管理する
    • インスタンスを起動する
    • 指定したプロジェクトとネットワークにインスタンスを関連付ける
    • キーペアを使用してインスタンスに接続する
  • Heat スタックを作成する
    • Heat テンプレートを作成する
    • 破損した Heat テンプレートを診断して修正する
    • Heat スタックを起動する
  • イメージを操作する
    • 既存イメージを修正する
    • フレーバーを作成してカスタマイズしたイメージに関連付ける
    • カスタマイズしたイメージからインスタンスを起動する
    • 2 番目のコンピュートノードでインスタンスを起動する
  • OpenStack サービスを操作する
    • ID サービストークンを管理する
    • RabbitMQ でトレースを有効にする
    • Ceilometer を使用して統計を表示する

Red Hat のすべての実技試験と同様に、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります。

知っておくべきこと

準備

準備のため、Red Hat OpenStack Administration I: Core Operations for Cloud Operators (CL110)Red Hat OpenStack Administration II: Infrastructure Configuration for Cloud Administrators (CL210) を受講することをお勧めします。このコースへの参加は必須ではなく、試験のみを受けることもできます。

Red Hat のトレーニングコースに参加することは、試験対策として重要ですが、試験の合格を保証するものではありません。それまでの経験、訓練、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

Red Hat 製品のシステム管理に関するさまざまな書籍や情報が提供されています。Red Hat では、そのような資料のいずれも試験対策ガイドとして公式に保証していません。しかし、そのような追加情報が理解を深めるのに役立つことがあります。

試験の形式

この試験は、Red Hat OpenStack のスキルと知識を評価する実技試験です。OpenStack クラウドの構成と管理を中心とするさまざまなシステム管理作業を実行するよう求められ、基準を満たしているかどうかを評価されます。実技試験では、実際の業務と同様のタスクを実行する必要があります。この試験は 1 つのセクションで構成され、時間は 4 時間です。

試験結果と通知方法

試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central から送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験生に直接結果を報告することは認められていません。通常、試験結果は米国の 3 営業日以内に送付されます。

試験結果にはセクションごとの得点のみが記載され、個々の項目ごとの成績は通知されません。また、それに関するお問い合わせには回答しかねますので、あらかじめご了承ください。

試験の対象者

受験の前提条件

推奨される次の試験またはコース

Red Hat OpenStack Administration III:Networking & Foundations of NFV (CL310)
RHCE ーRed Hat OpenStackー認定試験(EX310)
Red Hat Ceph Storage Architecture and Administration (CEPH125) および Red Hat 認定スペシャリスト - Ceph Storage Administration - 認定試験 (EX125)
Red Hat Ceph Storage について詳しく学習してネットワークエンジニアになることを目指す OpenStack 管理者向け。
Red Hat CloudForms Hybrid Cloud Management (CL220) および Red Hat 認定スペシャリスト - Hybrid Cloud Management - 認定試験 (EX220)
Red Hat® CloudForms について詳しく学習してクラウド・アーキテクトになることを目指すハイブリッドクラウド・エンジニア向け。