CL110

Red Hat OpenStack Administration I

情報を表示しています:

Red Hat OpenStack Platform および仮想クラウドのサーバーとアプリケーションのデプロイの入門

Red Hat OpenStack Administration I: Core Operations for Cloud Operators (CL110) は、OpenStack を使ったクラウド・コンピューティング環境の導入を検討しているシステム管理者向けのものです。Red Hat OpenStack Platform の構成、使用、および保守について学習します。

コース概要

Red Hat OpenStack Administration I: Core Operations for Cloud Operators (CL110) の中心となるのは、Web ベースのダッシュボードとコマンドライン・インタフェースの両方を使用した OpenStack の管理、および Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) ディレクターを使用したインスタンスの管理と概念実証環境のインストールです。このコースで扱われている重要なスキルには、Red Hat OpenStack Platform の構成 (ディレクター UI を使用)、ユーザー、プロジェクト、フレーバー、ロール、画像、ネットワーキング、およびブロックストレージの管理、クオータの設定、およびインスタンス生成時の画像の設定があります。

学習内容サマリー

  • インスタンスの起動
  • プロジェクト、クオータ、およびユーザーの管理
  • ネットワーク、サブネット、ルーター、および浮動 IP アドレスの管理
  • OpenStack フレームワークでのブロックストレージとオブジェクトストレージの作成および管理
  • cloud-init によるインスタンスのカスタマイズ
  • スケーラブルなスタックの導入
  • RHOSP ディレクターを使用した Red Hat OpenStack Platform の導入

対象者と前提条件

このコースは、プライベートクラウドまたはハイブリッドクラウドのメンテナンスに関心があるか実際に担当している Linux システム管理者、クラウド管理者、クラウドオペレーターを対象としています。

受講の前提条件

Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) である、または同等の経験を有する

RHCSA をまだ取得していない方は、必要なスキルと知識が身に付いているかどうかをオンラインスキルチェックで確認できます。

学習内容

インスタンスの起動の概要
インスタンスを起動して OpenStack アーキテクチャと使用例を説明する
人とリソースを組織する
プロジェクト、ユーザー、ロール、およびクオータの管理
クラウド・コンピューティングを説明する
クラウド・コンピューティングのテクノロジーとプロセスの変化を説明する
Linux ネットワークを管理する
Linux ネットワークとブリッジを管理する
公開アクセスでのインスタンス導入の準備をする
インスタンスの起動の準備のため、イメージ、フレーバー、およびプライベート・ネットワークを管理する
インスタンスをデプロイする
インスタンスを起動し、検証する
ブロックストレージを管理する
一時および永続的ブロックストレージを管理する
オブジェクトストレージを管理する
オブジェクトストレージを管理する
外部インスタンスのデプロイの準備をする
公開アクセスでのインスタンス起動の準備として外部ネットワークおよびセキュリティを管理する
公開アクセスでインスタンスをデプロイする
公開アクセスでインスタンスを起動し、検証する
インスタンスをカスタマイズする
cloud-init でインスタンスをカスタマイズする
スケーラブルなスタックをデプロイする
スタックをデプロイして自動スケーリングを構成する
OpenStack オーバークラウドをインストールする
ディレクター UI とプロビジョニング・サービス・テンプレートを使用して OpenStack 概念実証をインストールする
ラボ: CL110 の全体的な復習
Red Hat OpenStack Administration I: Core Operations for Cloud Operators のコースのタスクを復習する

注: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、Red Hat にお問い合わせください。

推奨される次の試験またはコース

Red Hat OpenStack Administration II(CL210)
  • あなたのインフラストラクチャ (現在ビルドされているものでも、近い将来にアップグレードが計画されているものでも) にマッチする OpenStack バージョンを学習する場合は受講してください。
  • Red Hat では、OpenStack カリキュラムパスの中でそれぞれのコースおよび試験のスケジュールを立てる際に、Red Hat OpenStack Platform の同じバージョンを使用するよう、強くお勧めしています。Red Hat OpenStack Administration II は、OpenStack 10.0 に基づいていますが、まもなく OpenStack 13.0 でも利用可能になる予定です。その際にはタイトルが「Red Hat OpenStack Administration II: Infrastructure Configuration for Cloud Administrators (CL210)」となります。
Red Hat Ceph Storage Architecture and Administration (CEPH125)

このトレーニングの効果

組織にとっての効果

このコースの目的は、プライベートクラウドの日常的な操作を利用および管理するのに必要なスキルを伸ばすことです。プライベートクラウドは、きめ細かなリソース管理、規制へのコンプライアンスの簡素化、レガシーシステムとの容易な統合を可能にすることで、コストを削減できます。このコースで学習したスキルを使用することにより、ユーザーとオペレーターは、カスタマイズ可能かつ適応可能な構成で、テンプレート・アプリケーションを実行するネットワークおよびサービスでビルドされたプロジェクトリソースを作成し、使用することができるようになるでしょう。それにより、新しいプロジェクトのために物理システムを構築する必要が実質的になくなります。このリリースでは、重要な拡張機能と安定化がもたらされます。それには、サービスのコンテナ化、インストールと管理の新しいツール、新たな設計によるアプリケーション負荷分散コンポーネント、および OpenStack CLI でサポートされる機能の大幅な強化が含まれます。また、クライアントは、さまざまなインストールツール、特に完全に廃止された PackStack を使用できます。

このコースは Red Hat のお客様の利益になることを目的としていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴はそれぞれ異なるため、実際の成果には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースを受講することにより、プライベートおよびハイブリッドの OpenStack クラウド・インフラストラクチャのアーキテクチャについて理解することができます。さらに、ダイナミックにスケールできるビジネス環境のためのソフトウェア・デファインド・ネットワークサービス、リソース、サーバー、アプリケーションを作成、管理、トラブルシューティングすることができるようになります。

以下のスキルを習得できます。

  • オンデマンド・プロジェクト、ソフトウェア・デファインド・ネットワーク、および仮想マシンインスタンスを設計し、実装する
  • 自分のホーム環境やビジネス・コンピューティング環境で練習、開発、デモ、テストするため、概念実証 OpenStack インストールをデプロイする
  • サブネット、ルーター、浮動 IP アドレス、イメージ、フレーバー、セキュリティグループ/ルール、およびブロックストレージとオブジェクトストレージなど、ソフトウェア・デファインド・ネットワークを管理する
  • 拡張 VM インスタンスをアプリケーションとして作成およびカスタマイズしたり、導入時にカスタマイズしたり、複数の VM アプリケーションからなるスケーラブルなスタックを作成したりする

OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下に使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。