検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
お問い合わせ
ログイン / 登録 アカウント
CL260

Cloud Storage with Red Hat Ceph Storage (CL260)

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

コースの説明

中規模およびクラウド規模のエンタープライズ・アプリケーションと Red Hat OpenStack Platform 向けのハイブリッドクラウドの Red Hat Ceph Storage を管理するスキルを習得します。

Cloud Storage with Red Hat Ceph Storage (CL260) は、Red Hat Ceph Storage を本番データセンター環境に、または Red Hat OpenStack Platform インフラストラクチャのコンポーネントとしてデプロイするストレージ管理者とクラウドオペレーターを対象としています。Ceph ストレージクラスタをデプロイ、管理、スケーリングして、Amazon S3 および OpenStack Swift と互換性のあるオブジェクトストレージ、Ceph ネイティブおよび iSCSI ベースのブロックストレージ、共有ファイルストレージなどのハイブリッド・ストレージ・リソースを提供する方法を学びます。このコースは、Red Hat Ceph Storage バージョン 4.2 に基づいています。

コースのトピック

  • Red Hat Ansible Automation Platform を使用して、Red Hat Ceph Storage クラスタをコモディティサーバーにデプロイおよび管理する
  • Ceph クラスタが提供するストレージプールへのアクセスを作成、拡張、制御する
  • オブジェクト、ブロック、ファイルベースの手法を使用して、クライアントから Red Hat Ceph Storage にアクセスする
  • Red Hat Ceph Storage のパフォーマンスを分析してチューニングする
  • Red Hat OpenStack Platform イメージ、オブジェクト、ブロック、ファイルストレージを Red Hat Ceph Storage クラスタで統合する

コース対象者

このコースは、現在のスキルの補強または他のチームメンバーの支援に関心がある Windows システム管理者、ネットワーク管理者、その他のシステム管理者、および同様の業務を担当する Linux システム管理者向けです。

  • このコースは、エンタープライズ・データセンター内または Red Hat OpenStack Platform 環境内部のサーバーで使用する Red Hat Ceph Storage をデプロイして管理する方法を学習したいストレージ管理者とクラウドオペレーターを対象としています。
  • クラウドベースのストレージを使用してアプリケーションを作成する開発者は、さまざまなストレージの種類とクライアントアクセス手法の違いを学びます。

推奨トレーニング

テクノロジー上の留意事項

  • 特別な要件はありません持ち込みデバイスは使用できませんインターネット接続は不要です

学習内容

学習内容

  1. Red Hat Ceph Storage アーキテクチャの概要
    データ編成、配布、クライアントアクセス手法など、Red Hat Ceph Storage アーキテクチャについて説明します。
  2. Red Hat Ceph Storage のデプロイ
    新しい Red Hat Ceph Storage クラスタをデプロイして、クラスタ容量を拡張します。
  3. Red Hat Ceph Storage クラスタの構成
    プライマリー設定、モニターの使用、クラスタネットワークのレイアウトなど、Red Hat Ceph Storage の構成を管理します。
  4. オブジェクト・ストレージ・クラスタ・コンポーネントの作成
    OSD、プール、クラスタ認証方法など、オブジェクト・ストレージ・クラスタを構成するコンポーネントを作成および管理します。
  5. ストレージマップの作成とカスタマイズ
    CRUSH マップと OSD マップを管理および調整してデータ配置を最適化し、クラウド・アプリケーションのパフォーマンスと冗長性の要件を満たします。
  6. RADOS ブロックデバイスを使用したブロックストレージの提供
    Ceph を設定して、RADOS ブロックデバイス (RBD) を使用してブロックストレージをクライアントに提供します。
  7. RADOS Gateway を使用したオブジェクトストレージの提供
    Ceph を設定して、RADOS Gateway (RGW) を使用してクライアントにオブジェクトストレージを提供します。
  8. CephFS を使用したファイルストレージの提供
    Ceph を設定して、Ceph File System (CephFS) を使用してクライアントにファイルストレージを提供します。
  9. Red Hat Ceph Storage クラスタの管理
    ツールによる運用中の Ceph クラスタの管理、ステータスの確認、サービスの監視、クラスタの全部または一部の適切な開始および停止を行います。MON、OSD、PG などのクラスタコンポーネントの置き換えまたは修復により、クラスタのメンテナンスを実行します。
  10. Red Hat Ceph Storage のチューニングとトラブルシューティング
    Ceph クラスタの主要なパフォーマンス・メトリックを特定し、これを使用して Ceph 運用のチューニングとトラブルシューティングを行って、最適なパフォーマンスを実現します。
  11. Red Hat Ceph Storage を使用した Red Hat OpenStack Platform ストレージの管理
    OpenStack インフラストラクチャを管理して Red Hat Ceph Storage を使用し、イメージ、ブロック、ボリューム、オブジェクト、および共有ファイルストレージを提供します。
  12. 理解度の確認
    Cloud Storage with Red Hat Ceph Storage のタスクを確認します。

成果

ビジネス上の成果

信頼性とパフォーマンスに優れたデータストレージは、エンタープライズ・アプリケーションおよびインフラストラクチャ・ソリューションにとって重要な要素です。ソフトウェア・デファインド・ストレージによって、アプリケーションをクラウド規模で稼働させながら、データストレージ要件を拡大する柔軟性を得ることができます。Red Hat Ceph Storage は、コモディティハードウェアを活用して、フォールトトレラントでもあり、オブジェクト、ブロック、およびファイルのデータレベルを介したアクセスも提供する、分散型でスケーラブルなストレージボリュームを作成します。Cloud Storage with Red Hat Ceph Storage コースの修了は、ストレージクラスタの計画、デプロイメント、運用の成功につながります。

受講者にとっての成果

このコースを受講すると、Red Hat Ceph Storage クラスタのデプロイ、運用、管理方法を習得できます。受講者は、Red Hat Ceph Storage が Red Hat OpenStack Platform の標準的な統合クラウド・ストレージ・ソリューションであることを学びます。開発者の場合は、Red Hat Ceph Storage が提供する利用可能なストレージの種類と手法をすべて実装できるようになり、エンタープライズ・ストレージのシナリオとアプリケーションに適した種類と手法を選択できるようになります。管理者とオペレーターの場合は、構成、日々の運用、トラブルシューティング、パフォーマンス・チューニング、スケーリングなどの Ceph クラスタ管理を実行できるようになります。

推奨される次の試験またはコース

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Cloud Storage With Red Hat Ceph Storage - (EX260)

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。