言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

CL211

RHCJA 認定試験

情報を表示しています:

Red Hat OpenStack Platform を使用して、クラウドコンピューティング環境をインストール、設定、および保守する方法を学びます。

Red Hat OpenStack Administration Ⅱ(CL211)コースでは、システム管理者を対象に、Red Hat® OpenStack® Platform を使用してクラウドコンピューティング環境を実装する方法(インストール、設定、保守を含む)を説明します。

このコースは RHCSA ーRed Hat OpenStackー認定試験(EX210) の準備にも役立ち、試験がコースに含まれています。

このコースは、Red Hat OpenStack Platform 8 に基づくものです。

コース概要

また、このコースでは、Horizon を使用した OpenStack の管理から、統一コマンドラインインターフェースの使用への移行を開始します。このコースの試験には(OpenStack Director を使用した)Red Hat OpenStack Platform の設定、ユーザー、プロジェクト、フレーバー、ロール、イメージ、ネットワーキングの管理、ストレージのブロッキング、自動化(スケールアウトとスケールバック)、およびカスタマイズイメージの作成が含まれます。

学習内容サマリー

  • インスタンスの起動
  • 統一コマンドラインインタフェースを使用した OpenStack サービスの管理
  • 計算ノード相互間でのインスタンスの移行
  • カスタマイズ JEOS イメージの作成
  • アプリケーションの自動スケールアウト/スケールバック

対象者と前提条件

このコースは、Linux システム管理者、クラウド管理者、およびクラウドオペレーターを対象としています。

受講の前提条件

学習内容

コース紹介
コースの概要を確認します。
Keystone ID サービス
Keystone 認証サービスをインストール、設定、および使用します。
フレーバーの管理
ハードウェアプロファイルを管理します。
ネットワークの管理
OpenStack ネットワークを管理します。
浮動 IP アドレスの管理
浮動 IP アドレスを管理します。
セキュリティグループの管理
OpenStack セキュリティグループおよびセキュリティルールを管理します。
インスタンスの管理
インスタンスを管理します。
計算ノードの追加
OpenStack に計算ノードを追加します。
カスタマイズイメージの作成
オペレーティングシステムイメージを作成してカスタマイズします。
Red Hat OpenStack Platform のデプロイ
Red Hat OpenStack Platform をデプロイします。
拡張可能なアプリケーションのデプロイ
スケールアウト/スケールバック機能を提供するスタック(アプリケーション)をデプロイします。
理解度の確認
Red Hat OpenStack Platform II について復習します。

推奨される次の試験またはコース

Red Hat OpenStack Administration III(CL310)
Red Hat Ceph® Storage および Red Hat OpenStack Platform をデプロイ、管理、および設定する方法について学びます。
Red Hat OpenStack Administration III +認定試験(CL311)
Red Hat Ceph Storage および Red Hat OpenStack Platform をデプロイ、管理、および設定する方法について学び、Red Hat OpenStack における Red Hat Certified Engineer になるためのスキルや知識についての試験をします。