한국어
한국어
검색
Log in / Register

데이터시트

Red Hat Learning Subscription Premium

업데이트 날짜:

柔軟な学習プラットフォームでテクノロジーの進歩に後れを取らない

テクノロジー開発のペースは速まる一方で、チームは集中的なソフトウェアトレーニングをタイムリーに受ける必要があります。ハイブリッドクラウドやコンテナネイティブ開発などのトピックに関するスキルの必要性は増加し続けています。先進的なチームでは、学習の優先度やスケジュールに合わせて同期および非同期にトレーニング内容を柔軟に選べる、最新の技術コンテンツを必要としています。

Red Hat ラーニングサブスクリプション Premium では、自習型とライブトレーニングを選んでカスタマイズできる学習スタイルを用意しています。録画済みの動画クラス、e ブック、オンラインコンテンツ、ライブのバーチャルクラスから、学習方法を選べます。サブスクリプションでは、Red Hat 製品ポートフォリオ全体にわたるコンテンツにアクセスでき、このコンテンツは Red Hat エキスパートが継続的に更新しています。インストラクター主導のライブクラスでは、イマーシブな参加型の学習を体験できます。このインタラクティブなセッションは、Red Hat ラーニングサブスクリプションで利用できるオンデマンドの自習型学習資料を補完し、初心者から経験を積んだプロフェッショナルまで、すべての受講者が非常に効果的なトレーニングを柔軟に受けられます。

昨年 1 年で、Red Hat ラーニングサブスクリプションのコースの 41% が追加または更新されている(Red Hat 内部データ)

このサブスクリプションには、学習体験を補完するためのさまざまな特徴があります。クラウドベースのラボで、実際の Red Hat 環境を使って実践的な演習を受けられます。エキスパートからのメッセージは、Red Hat の担当者が実際的なシナリオで革新的なテクノロジーを実演する、短いオンデマンドの動画です。スキルパスと事前評価は、コース選択の指針として利用できます。Red Hat ラーニングサブスクリプション Premium には認定試験も含まれています。Red Hat の試験は実技ベースで、業界で認められています。これらの試験は、極めて野心的な技術プロジェクトでも対応できる、必要なスキルを所有していることを検証します。レポート機能で、トレーニングおよび認定の目標に向けた達成度を追跡します。

Red Hat ラーニングサブスクリプション Premium は、初心者から経験を積んだプロフェッショナルまで、すべての受講者に適した動的な学習プラットフォームとなり、オープンソースへの投資を最大化できます。

1 年間のサブスクリプションのメリット

  • インストラクター主導のライブクラス:インタラクティブなクラスルーム形式で、柔軟性と利便性の高さがメリットです。
  • Red Hat 認定インストラクターへのアクセス:バーチャルクラスは、クラスルーム形式のトレーニングと同じ、経験のある専門家が指導します。
  • スケジューリングの柔軟なオプション: さまざまなクラスのトピックと時間帯を選べるので、忙しい受講者でも学習を都合良く取り入れやすくなっています。
  • 的を絞ったトレーニングセッション:受講者はより具体的なトピックに学習内容を集中できます。
  • 学習スタイルの選択:自習型の資料とエキスパートが指導するクラスを組み合わせることで、学習効果を最大化できます。
  • 移動不要のトレーニング:いつでもどこでも、自分に最適な方法で学習できます。

Red Hat トレーニングと認定で成果を生む

IDC の調査「Red Hat トレーニングのビジネスバリュー」では、Red Hat トレーニングにより、従業員 1 人あたり平均して年間 43,800 米ドルのリターンがあったことがわかりました。これは組織あたり 571 万米ドルに相当します。この調査では、これらの企業で DevOps チームの生産性が向上し、新しい IT リソースのデプロイが迅速になり、IT インフラストラクチャ・チームの効率が向上したこともわかりました。Red Hat トレーニングの定量的なメリットとして、以下のことが挙げられます。1

  • 3 年間で 365% の投資対効果 (ROI)
  • Red Hat OpenShift® に習熟したスタッフが 10 倍に増加
  • DevOps チームの生産性が 44% 向上
  • IT インフラストラクチャ・チームの効率が 34% 向上
  • 新しい IT リソースのデプロイが 59% 迅速化

2 番目の IDC 調査「Red Hat 認定資格のビジネス価値」では、認定を受けた従業員は、コンテナ、Kubernetes、その他のテクノロジーを使用して、アジャイルで効果的な開発業務をサポートする能力に長けていることが明らかになりました。さらに、認定されたスタッフはより複雑で重要なプロジェクトを担当でき、パフォーマンスが向上し、スキルと専門知識のレベルが高いと認められていることも判明しました。以下は、Red Hat 認定の定量的なメリットの一部です。2

  • 3 年間で 409% の ROI
  • スタッフメンバーあたりの仮想マシンが 47% 増加
  • 開発チームの生産性が 24% 向上
  • IT インフラストラクチャのデプロイが 23-51% 迅速化
特長内容
自習形式で、Red Hat オンライントレーニングとビデオクラスルームコースに常時アクセスコンテンツは、Red Hat テクノロジーを構築および使用し、Red Hat 認定試験に直接関わっているRed Hat のエキスパートが制作します。
事前アクセス開発中のコースとラボにアクセスして、開発中のテクノロジーが公式リリースされる前に、いち早く体験できます。
クラウドベースのラボ年中無休で 6 大陸で提供される、実際の Red Hat 環境で実践的な演習を受けられます。
スキルパス学習および認定の目標をプラットフォーム内部のスキルパスの 1 つに結び付け、特定のスキルセットに対する強固な基盤を築きます。
認定試験と再受験実技ベースの試験を、リモートまたは試験ステーションで受験して、スキルを検証します。試験は、最も都合の良い時期と場所で受験できます。
エキスパートからのメッセージRed Hat の実務担当者が短いデモ動画を公開し、実際のユースケースに基づく革新的なテクノロジーと手法を紹介し、コースを補完します。
エキスパートとのチャット1 日 30 分のチャットセッションを通じて、カリキュラムのエキスパートから直接、回答と指導を受けます。チャットの会話は機械翻訳によって現地の言語で提供されます。
e ブックのダウンロードコースの e ブックをダウンロードして、オフラインで学習を継続します。
レポート作成個人のダッシュボードにはトレーニングの進行状況、受講したコースとラボ、試験の状況がまとめて表示されます。管理レポートから、チームの取り組み方や進行状況を測定できる情報を入手できます。
世界中で利用できる
翻訳済みコンテンツ
Red Hat の最も人気のあるコースを、英語、汎用スペイン語、ブラジルポルトガル語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、簡体字中国語、韓国語、日本語、ヒンディー語、チェコ語の 11 カ国語で提供しています。*

*コースの翻訳はトレーニングの実施形態およびコースの需要によって異なります。

グローバルユーザー向けのローカライズされたコンテンツ

現代のグローバル化された世界では、あらゆる地域のチームが現地語でトレーニングを受講できることが、これまで以上に重要になっています。Red Hat ラーニングサブスクリプション Standard は、グローバルに分散したチームが同じトレーニングコンテンツに、いつでもどこからでもアクセスできます。

Red Hat は、翻訳の改善と範囲拡大を継続的に行い、トレーニング資料をグローバルに利用できるようにしています。機械翻訳と人間による編集を組み合わせて、コンテンツを正確にローカライズしています。ビデオクラスルームでは機械翻訳を使用して、インストラクター主導のレッスンに他言語の字幕を付けています。エキスパートのチャットではマシンソフトウェアを使用して翻訳し、英語を話さない受講者でも Red Hat 認定インストラクターと会話して指導を受けられます。

文書化されたコースコンテンツサブスクリプションには現在、50 のコースがあります。そのほとんどが、中国語、韓国語、日本語、ロシア語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語という主要 8 カ国語に翻訳されています。ヒンディー語、繁体字中国語、チェコ語のコースもあります。
ビデオクラスルーム40 件のすべてのビデオクラスルームは、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、ヒンディー語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語の翻訳バージョンを利用できます。
エキスパートとのチャット機械学習による翻訳が、英語、汎用スペイン語、ブラジルポルトガル語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、簡体字中国語、韓国語、日本語で利用できます。


受講する

Red Hat ラーニングサブスクリプション Premium は、受講者に最適な学習体験を作り出す、すべてが揃ったソリューションです。スケジュールに合わせて受講できるライブクラス、いつでも利用できるオンデマンドトレーニング、インストラクターに指導を受けられる追加アクセス、学習をサポートするための追加リソースを取り揃えています。

受講をお考えの場合は、Red Hat ラーニングサブスクリプション製品のページ (red.ht/learning-subscription) にアクセスするか、営業担当者に問い合わせて、詳細をご確認ください。

1. IDC Business Value White Paper、Red Hat 後援、「Red Hat トレーニングのビジネスバリュー」、IDC doc #US46999720、2020 年 12 月。https://www.redhat.com/ja/resources/IDC-business-value-training

IDC Business Value White Paper、Red Hat 後援、「Red Hat 認定資格のビジネス価値」、IDC doc #US47574721、2021 年 4 月。https://www.redhat.com/ja/resources/idc-business-value-certification-analyst-material