Deutsch
Deutsch
Suche
Log in / Register
Kontaktieren

Video

Zero Touch Provisioning for the 5G vRAN Edge

About this video

Traditional approaches for deploying software at the Edge do not scale. For example, consider the effort to deploy thousands of nodes at the Edge of the network for 5G vRAN DU’s at the base of cell towers, we need a new approach. Zero Touch Provisioning (ZTP) and declarative frameworks can be leveraged to drive down OPEX and deploy software in parallel to multiple sites, with no human intervention. The declarative framework leverages many open source projects including Ansible, Kustomize, OpenShift, and Open Cluster Management. This is a diverse environment, using declarative frameworks, we can define the infrastructure as code and manage it via GitOps methodologies. These approaches are required so the operator can bring a diverse ecosystem together to address business problems at scale.

Learn more: redhat.com/telco

エッジでソフトウェアを展開するための従来のアプローチは拡張性がありません。 たとえば、無線基地局のネットワークエッジに5G vRAN DUを数千ノード展開する取り組みを考えてみると、OPEXコスト面から新しいアプローチが必要になることがわかります。 Zero Touch Provisioning(ZTP)と宣言型フレームワークを活用することで、人の介入なしにOPEXを削減し、ソフトウェアを複数のサイトに同時に展開できるようになりますます。 Gitを介したZTPと宣言型フレームワークは、Ansible、Kustomize、OpenShift、Open Cluster Management などの多くのオープンソースプロジェクトを活用しており、多様な環境で使用するインフラストラクチャ・アズ・コードとして定義し、GitOps方法論を介して管理できます。これらのアプローチは、多様なエコシステムをまとめて大規模に対処するビジネス展開における敏速性に課題を抱えている事業者に、必要です。

 

Video channel
Demos
Run time
9:38
Date