プレスリリース

ファーウェイとRed Hat、OpenStackに基づくキャリアグレードのクラウドソリューションを提供

OpenStackを使用したネットワーク機能仮想化に関する両社の協業を発表

東京

[北京およびノースカロライナ州ラーレー2014年12月4日(現地時間)発表]米国報道発表資料抄訳

北京およびノースカロライナ州ラーレー - 2014年12月3日 – ファーウェイと、オープンソースソリューションのプロバイダとして世界をリードするRed Hat, Inc.(本社:米国ノースカロライナ州ラーレー、社長兼CEO:ジム・ホワイトハースト、NYSE:RHT、以下「Red Hat」)は、OpenStackベースのクラウドデプロイメントを実現する新しいグローバルパートナーシップを発表しました。両社の関係を拡張することによって、ファーウェイとRed Hatは通信サービスプロバイダ(CSP)各社が求めるOpenStackを使用したネットワーク機能仮想化(NFV)に関する協業の促進を目指します。

Infonetics Research社によって実施された 2014 SDN and NFV Strategies: Global Service Provider Survey によると、キャリア各社が通信ネットワークの構築/運用方法のモダナイゼーションを進める中で、調査対象の通信事業者の93%はNFVの配備を計画しています。OpenStackがNFVワークロード用の有力プラットフォームとしての地位を確立していることを受け、ファーウェイとRed Hatはグローバルパートナーシップを締結し、協力してCSP向けにキャリアグレードのクラウドソリューションを開発します。

このイニシアティブの一環として、ファーウェイとRed Hatは、ファーウェイの世界的水準の専門知識および通信企業との広範でグローバルな経験と、OpenStackとオープンソースに関するRed Hatのトップクラスの専門知識を組み合わせて、キャリアグレードのOpenStackソリューションを使用したクラウドコンピューティングをCSPが導入する手助けになることを目指します。ファーウェイとRed Hatは、Red Hat Enterprise Linux OpenStack PlatformとファーウェイのFusionSphere Cloud OSをマネージメントレイヤで統合し、オープンで柔軟性の高い、実運用に対応する統一されたクラウドソリューションを提供して、通信キャリア各社によるNFVの進展をサポートする予定です。ファーウェイとRed Hatは協力して、コミュニティへの貢献、エンジニアリング、製品、および市場進出作業の整合を図り、CSPによるNFV実装のためのOpenStack採用を促進します。

ファーウェイとRed Hatは協力して、CSPのクラウドデプロイメントに必要な、高いスケーラビリティを備えたIaaSソリューションの基盤としての役割を果たすNFV対応のための機能を、OpenStackコミュニティに提供する予定です。プロプライエタリなアドオンを優先してベンダーロックインを強めるアプローチとは異なり、Red Hatとファーウェイは共同作業の成果をコミュニティに提供することによって、より広いOpenStackコミュニティが両社の共同作業からメリットを享受できるようにします。

ファーウェイとRed Hatは、両社の共同ソリューションが一貫した性能と機能を提供するという安心感をCSPに与えるために、協力してそれらのソリューションの認定も行う予定です。

 

サポートコメント

ファーウェイ クラウドコンピューティング製品ライン担当 プレジデント Ren Zhipeng氏

ファーウェイはお客様に真のキャリアグレードのOpenStackソリューションを提供していますが、Red Hatとの既存のパートナーシップを拡張し、OpenStackによるネットワーク機能仮想化(NFV)の分野でも協業できることを嬉しく思います。Red Hatのようなパートナーとのオープンな協業を通して、ファーウェイは通信業界の業務改革・改変のサポートを目指しています。今回のパートナーシップではNFVおよび共同ソリューションの開発に焦点を合わせ、OpenStackコミュニティ全体をサポートする、オープンで、相互連絡の密な、革新的エコシステムを育成します。

 

Red Hat インフラストラクチャビジネス担当 シニアバイスプレジデント Tim Yeaton

キャリアや通信サービスプロバイダは、新たなサービスとネットワークを流れるデータの爆発的増加によって生まれる需要に対応するため、自社のネットワークインフラをモダナイズする必要に迫られています。結果として、OpenStackベースのクラウドがNFVプロジェクトにもたらすメリットに多くの企業が着目しています。通信業界におけるファーウェイのリーダーシップと、OpenStack分野(さらにはエンタープライズオープンソース全般)におけるRed Hatのリーダーシップを組み合わせることによって、ネットワークのモダナイゼーションという課題へのキャリア各社の対応を可能にするクラウドソリューション提供の条件が整います。

 

関連リンク

 

その他のリソース

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソース ソリューションのプロバイダとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソース・コミュニティのグローバル・ネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向 けた革新的テクノロジー創出を支援しています。詳細につきましては、http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供してい ます。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年 米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、そうした将来の見通しに関する声明 で示されたものと実質的に異なる場合があります。それは、IT投資に関する延期や削減に関するリスク、業界の統合による影響、当社の競争力、買収先の統合 や獲得した技術や商品の市場投入に関するリスク、訴訟や関連する事項の不確定要素や不利な結果、当社の知的所有権を適切に保護できるかどうか、サードパー ティの知的所有権に関してライセンス侵害の主張がなされる可能性、新しい商品や技術的革新をタイムリーに提供し需要を喚起できるかどうか、データと情報の セキュリティ脆弱性に関連するリスク、当社の成長と国際業務を効果的に管理し、統制できるかどうか、為替レートの変動、主要スタッフへの依存性、および当 社のForm 10-Qに基づく最新の四半期報告(コピーはSECのWebサイト http://www.sec.gov から入手可能)に含まれるその他の要因(「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の議論と分析」の項に記載された要因など)といった、さ まざまな重要な要因に左右されます。さらに、本プレスリリースに記載された将来の見通しに関する声明や結果は、一般産業、市場の状況、成長率、経済及び政 治的な状況、政府及び公共政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの一般要素によって異なる場合があります。(制限無く)本プレスリリースの発行 日現在の当社の見解であり、これらの見解は変更される場合があります。ただし、当社は将来のある時点でこれらの将来の見通しに関する声明を更新する場合も ありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点に おける当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴ、JBossは米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国とその他の国におけるOpenStack Foundationの登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。