言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

Red Hat トレーニング

受験方法

試験施設

ご都合にあう場所を選択

Red Hat 認定資格の取得は、世界市場に向けたスキルと能力の証明になります。クラスルーム形式での実技認定試験に参加するか、都合の良い時間と場所で個人用試験を予約するかのいずれかを選択します。

クラスルーム試験に登録

Red Hat の試験施設内で事前に設定済みのハードウェアを使用して、試験監督者の下で実施されます。最寄りの試験会場を選択し、都合の良い日程を確認することで、予定されているクラスルーム試験に登録することができます。

試験会場を探す

個人用試験に登録

すべての Red Hat 技術者認定試験は、個人用試験として受験することも可能です。実技形式の試験は、Red Hat またはパートナーの提供する、セキュアですでに設定されている試験会場で実施されます。都合の良い日時を選択して、個人用試験のスケジュールを設定できます。

詳細はこちら

オンサイトの試験

お客様ご指定会場での試験の実施

Red Hat 製品に関連するスキルを証明したいシステム管理者、エンジニア、アーキテクト、開発者向けに、お客様のご指定場所での Red Hat 試験も実施しています。(会場の環境により対応できない場合もございます)1 日あたりの価格も安価で準備も簡単なので、お客様担当の Red Hat プロフェッショナルが、ご都合に合わせて柔軟に認定を行います。

  • 自分の職場で

    Red Hat が提供するオンサイトトレーニングコースに加えて、6 人以上の従業員からなるチームの場合は、職場で認定試験を実施できます。実施前に、Red Hat が貴社の技術スタッフを支援して、トレーニング会場で Red Hat のコースおよび試験を実施できるよう準備を整えます。

  • 個人用試験ステーション

    個人用試験は、Red Hat が開発した個人用試験ステーションで受験します。Red Hat 試験監督の遠隔監視の下で試験が実施される個人用試験ステーションでは、試験に必要な機能が完備されていて、受験者が安全に受験できる環境を確保します。個人用試験は、試験の準備に要する時間も考慮しながら、忙しいスケジュールに柔軟に合わせることができます。

今すぐ始めましょう

お問い合わせ