ログイン / 登録 アカウント

Red Hat 認定

個人用試験セッション

便利な受験方法

Red Hat 認定試験を都合に合わせて受験

Red Hat の認定プログラムは、一貫性と信頼性に優れ、高い信用度を誇ります。認定試験は実践的な内容になっているので、受験者の実力をより的確に評価できます。各試験では、実際の仕事と同じように IT 作業を行う能力をテストします。

リモートでのテストや世界各地にある試験会場を利用できる Red Hat の個人用試験セッションは、スキルを実証し、グローバル市場に向けた準備を整えるのに役立ちます。Red Hat 認定試験は、任意の場所や Red Hat または Red Hat パートナーが用意する個人用試験ステーションを通して個人用試験セッションとして安全に受験することができます。

個人用試験はリモートで、または都合の良い場所と時間を指定して受験できます。自分のペースで準備して、最も都合の良い環境で試験を受けられます。

お近くの個人用試験セッションの会場を見つける

仕組み

受験の方法

個人用試験セッションは、リモートで、または Red Hat が開発した個人用試験ステーションで受験できます。リモート試験は自宅などどこにいてもバーチャルに受験でき、オンラインテストを通じて認定までのプロセス全体を完了します。個人用試験ステーションを使用する場合、試験に必要な機能が完備されたノートパソコンを使用します。このノートパソコンは Red Hat の試験監督官が遠隔監視しています。

Red Hat 個人用試験は、試験の準備にかかる時間も考慮しながら、忙しいスケジュールに柔軟に合わせることができます。

受験できる試験を探す

実技形式の試験で知識を実証

実証したいスキルがミドルウェア、Linux プラットフォーム、クラウド・コンピューティング、またはその他のトピックのいずれでも、ニーズに適した試験をご用意しています。全試験の一覧をご確認になり、お近くの個人用試験セッションの会場を見つけてください。提供されている場合は、リモート試験をお選びいただくこともできます。

試験一覧を見る

受験準備

個人用試験セッションは登録および受験が容易

  1. 受験可能な試験のリストから選択してオンラインで購入するか、トレーニングのリセラーやパートナーから購入します。当社製品のバージョンによって試験が異なるケースがあるため、購入時には間違いのないよう試験と製品リリースバージョンをご確認ください。
    購入時に、試験会場や日時を選択する必要はありません。購入が完了したら、試験の日時と会場の選択方法を案内する E メールをお送りします。
  2. 購入確認のメールに記載された手順に従って、スケジューラー・アプリケーションにログインし、希望する日時と場所を選択します。確定した試験のスケジュールと試験日の要領を記載した E メールが届きます。
  3. 選択した日時に試験会場に行き、試験を受けてください。

Red Hat ラーニングサブスクリプションの Standard または Basic バージョンをご利用の場合、アカウントから試験をリクエストすることができます。

Jump to section