言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

仮想化

収益を増大させる仮想化

仮想化によって、パフォーマンス、セキュリティ、既存の投資を犠牲にすることなく、大幅な効率の改善、リソースの解放、コスト削減を実現できます。

サーバーとテクニカルワークステーションの包括的な仮想化ソリューション

収益増大の鍵は、高可用性と弾力性を兼ね備えたインフラストラクチャが握っています。テクノロジーの進化と新たなビジネス需要によってもたらされる、将来の課題に向けた拡張も必要です。

Red Hat® Virtualization(旧 Red Hat Enterprise Virtualization)は、Red Hat Enterprise Linux® の開発チームにより製作されたソフトウェアであり、ベアメタルを超えるオープンでアジリティに優れた、将来を見据えた基盤を実現します。

利点

Red Hat の仮想化が選ばれている理由

  • オープン

    完全なオープンソースソリューションにより、ベンダー依存から脱却します。

  • クロスプラットフォーム

    Windows でも Linux でも実行可能で、導入時の複雑さを削減します。

  • エンタープライズ対応

    大量のワークロードを処理することができる強力なエンタープライズ対応機能を数多く取り揃え、さまざまなパートナーが提供する機能で補完されます。

  • 低コスト

    同等のプロプライエタリソリューションよりも低い総所有コスト(TCO)と高い投資収益率(ROI)を実現します。

  • 高パフォーマンス

    Windows および Linux ワークロードのパフォーマンスとスケーラビリティで、トップレベルの仮想化ベンチマークを実現することにより、仮想マシンのワークロードに確実に対応します。

  • セキュリティ

    sVirt および SELinux (複雑なセキュリティ脅威を検出したり予防したりするために特に開発された Red Hat Enterprise Linux のテクノロジー) を含みます。

RED HAT ENTERPRISE LINUX + ゲスト

Red Hat の Linux と仮想化で境界のないプラットフォームとパフォーマンスを実現

Red Hat Virtualization + ゲストは、Red Hat Enterprise Linux と Red Hat Virtualization を 1 つのパッケージにしたもので、両方を一度に低価格で利用することができます。

複雑さもアプリケーション処理のレイテンシーも解消されます。ベアメタルより少ないサーバーで、より多くのリソース消費型ワークロードを仮想化できます。Red Hat Virtualization は、仮想化された Linux ワークロードに最適な選択肢です。変更の必要がなく、よりスムーズな同期を実現します。

詳細はこちら

関連資料を探す

米国オフィスに Red Hat Virtualization をデプロイすることは、Bonhams にとってビジネス上至極当然の決定でした。ベンダーロックインを避けながらライセンスコストを削減できるのですから。

Quru ビジネス開発マネージャー Robin Porter 詳細はこちら

業界の信頼

テストされ、検証された信頼性

Red Hat は、証券取引から航空管制まで、世界中のさまざまな産業から選ばれています。

Red Hat はガートナーの「2016 Magic Quadrant for X86 Server Virtualization Infrastructure」で「Visionary」に選定されました。

サブスクリプションの価値

Red Hat のお客様は、最新のソフトウェアを入手し、その安全性を信頼し、ソフトウェアを The open source way(オープンソースウェイ)にするエキスパートで構成されたコミュニティにアクセスすることができます。

オープンソースコミュニティ

共有することで成長する

oVirt

仮想データセンターをオープンにします。oVirt は、オープンソース(Linux 上の KVM)を採用しています。

oVirt について

役立つ IT の知見を毎月入手

「Red Hat Shares」(現在英語版のみ)にお申込みいただき、テクノロジートレンド、オープンソースソフトウェア、最新の業界ニュースに関する Red Hat の見解をお読みください。

知見とアイデア

知見について
OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。