プレスリリース

レッドハット、NECへRed Hat Ceph StorageをOEM提供開始

東京

レッドハット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:望月 弘一、以下:レッドハット)は本日、同社のSoftware Defined Storage (SDS)であるRed Hat Ceph Storageを、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表:執行役員社長 兼 CEO 新野 隆、略称:NEC)にOEM提供開始したことを発表します。
OEM提供されるRed Hat Ceph Storageは、Red Hat OpenStack Platformと組み合わせたクラウドソリューションに採用される予定です。第1弾としてNECの統合型クラウド構築基盤「Cloud Platform for IaaS」に採用されます。

近年、クラウド環境で培われたテクノロジーを活用し、企業・団体における情報システムをプライベートクラウド基盤上に構築する流れが顕在化しています。また、そのデジタル・ビジネス・イノベーションを加速するためには、柔軟かつ最適なインフラ環境の構築と運用を実現する必要があります。Red Hat Ceph Storageは、ブロックアクセスとオブジェクトアクセスの双方を単一のストレージクラスターで管理でき、柔軟でスケールアウト可能なテクノロジーです。Red Hat Ceph StorageとRed Hat OpenStack Platformとの組み合わせは、従来型のストレージでは実現できなかった、ストレージとコンピューティングの高度な融合とシンプルなシステムの維持管理を可能とします。

またレッドハットは、Red Hat Ceph Storageの提供にあたり、数多くのクラウドサービス企業により磨かれた先進的なテクノロジーを製品へ反映し、数多くの利用者での実践を踏まえ安定した製品の形でお客様へ提供しております。それにより、情報システム基盤上での基幹システムの構築・運用に対する品質面での不安や、技術ノウハウの不足などによる実装やメンテナンスコストの増大といった重要な課題を解決します。

レッドハットとNECは、2003年よりRed Hat Enterprise LinuxのOEM協業を開始しており、強いパートナーシップのもと国内におけるRed Hat Enterprise Linuxビジネスを推進しております。さらにRed Hat OpenStack Platformの提供に関しては、2014年5月の同製品日本市場投入当初から販売パートナー契約のもと、OEM提供を開始しております。

今回、レッドハットはNECに、Red Hat Ceph StorageのOEM提供を開始しました。OEM提供する Red Hat Ceph Storage は、Red Hat OpenStack Platformとともに統合型クラウド構築基盤「Cloud Platform for IaaS」に採用され、2016年9月末に出荷開始される予定です。レッドハットとNECは、今後も両社での共同テスト、検証、リファレンスアーキテクチャの選定、その他多数の作業を通して、OSS環境、およびクラウドシステム領域において、さらに連携を強化していく予定です。

 

サポートコメント

レッドハット株式会社 代表取締役社長 望月 弘一

「今回、本格導入が活発化しているクラウド時代にふさわしいスケーラブルな分散ストレージプラットフォームである、Red Hat Ceph Storageを、NEC様のCloud Platform for IaaSにご採用頂いたのは無上の喜びです。Red Hat Ceph StorageはRed Hat OpenStack Platformと緊密に統合し、従来のブロックストレージデバイスとまったく同じように機能しながらもハードウェアの柔軟性と優れたスケーラビリティを持つ高度なブロックストレージ機能を備えている他、レッドハットの卓越した技術を持つエンジニアが、NEC様の技術者と緊密に連携しながら、お客様の保有データの確実な保護をご提供してまいります。」

 

日本電気株式会社 ITプラットフォーム事業部 事業部長 西村 知泰氏

「NECでは統合型クラウド構築基盤「Cloud Platform for IaaS」に、Red Hat OpenStack PlatformとRed Hat Ceph Storageを採用します。NECはレッドハット様とともに、Red Hat Enterprise Linux、OpenStack等のOEMサポート提供を通して、技術サポート協業フレームワークを構築・強化してまいりました。今回、このフレームワークをCeph Storageまで適用拡大することにより、OpenStackとCeph Storageを組合せたクラウドインフラの運用性・信頼性を大幅に向上できるものと確信しております。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリード する Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた 革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供してい ます。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴 訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できる かに関するリスク、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Kに基づく最新の年次報告書(コピーは SECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載 さ れているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げら れます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変 更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記 述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新 することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいか なる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Ceph Storageは、米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。