ログイン / 登録 アカウント

新型コロナウイルス感染症 COVID-19 を取り巻く状況が刻々と変化していく中、Red Hat は社員、およびその生活や労働の場であるコミュニティの健康と安全を守ることを引き続き最優先事項としていきます。透明性の精神に基づき、Red Hat は、当社の企業としての対策を共有することが有益だと考えました。

新ガイダンス (2020 年 3 月 13 日付)

  • 3 月 13 日付けで、Red Hat は全世界の社員に対して在宅ワークを要請しました。自宅で業務に従事し、ミーティングをバーチャルで実施することを選択できるのなら、私たちの健康と安全、そして家族やビジネスを危険にさらす必要はありません。Red Hat にはすでにリモートワークの文化が深く浸透しており、社員のモビリティと事業の継続性の両側面から、当社の IT インフラストラクチャはこうした勤務形態をサポートできるように構築されています。

  • 在宅ワークの実施中に、業務上の必要性から例外的に会社施設への立ち入りを制限付きで認めなくてはならないケースが生じた場合、ファシリティーチームは米国疾病管理予防センター (CDC) および世界保健機関 (WHO) の推奨する対策を実施して、出勤した社員の安全を確保できるよう努めます。

  • お客様、ビジネスパートナー、サプライヤーなど外部の方々とのコミュニケーションについても、社員向けのガイダンスと同様、可能な場合には基本的にバーチャルで行うこととします。

以前に発行した Red Hat 社員向け追加ガイダンス

  • 業務上不可欠な場合を除き、社員が居住国以外の諸外国へ渡航することを制限します。

  • 制限区域に渡航した、感染が疑われる症状を発症した人と接触した、あるいは感染が疑われる症状のある社員には、14 日間の自宅待機を義務付けます。

  • COVID-19 ではなくとも何らかの体調不良が認められる社員には、医療従事者への相談や自宅での休養を義務付けます。また回復後も、24 時間以上にわたり無症状でない限り、職場への復帰は認められません。

  • 先日、米国サンフランシスコのモスコーニセンターでの開催を予定していた Red Hat Summit 2020 をオンラインイベントとして開催することを発表しました。また、シンガポール、プラハ、ダラスで実施する予定だった社内イベント 2020 Sales Kickoff もオンラインイベントに変更しました。さらに、Red Hat では現在、出席者 1,000 人以上の社外イベントや会議に社員が参加することを認めていません。 

  • 米国ノースカロライナ州ローリーの本社社屋 Red Hat Tower を含め、すべての社内ツアーと当社施設への不要不急のグループ訪問の受け入れを停止しました。

  • グループボランティアのイベントは、5 月末まで中止しています。社員に対しては、予定されていたグループボランティアやチームボランティアのイベント、大勢の人々が集まるイベントでの個人参加によるボランティアについては再検討するよう要請しました。Red Hat にはボランティア活動に熱心に取り組んでいる社員も多く、そのような社員に対しては、可能な場合はリモートでできるボランティア活動への参加を検討するよう勧めています。

社員同士、そして社員とパートナー、お客様、およびコミュニティとのコミュニケーション方法は一時的に変わりますが、COVID-19 の影響が Red Hat の製品、サービス、サポートの可用性に及ぶことはありません。Red Hat のグローバルサポートチームは、以前から「フォローザサン」モデルを使用して、地理的に分散した複数の拠点から 24 時間 365 日のカスタマーサポートを提供しており、Red Hat の事業継続に貢献しています。グローバルサポートチームの在宅ワークによる業務対応は完全にテスト済みであり、この切り替えにより混乱が生じることはありません。また、https://access.redhat.com/ からは通常通り複数の方法で当社のカスタマーエクスペリエンス&エンゲージメントチームと連携でき、https://status.redhat.com/ では当社サイトの運用ステータスをご確認いただけます。エスカレーションが必要な重大な問題が発生した場合は、https://access.redhat.com/support/escalation のガイダンスに従ってください。 

Red Hat は、ビジネス機能レベルに至るまで考慮した包括的なビジネス継続プランを立てており、お客様とパートナー様にサービスを提供できるよう、コア機能全体でビジネスのレジリエンスを定期的にテストしています。

私たちは時に、人間の力の限界や、私たち一人一人が地球という大きなコミュニティの一員なのだという事実を突きつけられるような事態に直面します。今回の件もその一つだと言えるでしょう。Red Hat では上述の措置を講じることにより、社員、お客様、パートナー様を保護し、その健康と安全を守り、状況打開に向けた取り組みを支援するために、当社にできることを実行していきます。

当社は、CDC、WHO、その他の保健当局による勧告を含め、COVID-19 に関する状況を注視しています。今後も進展がありましたら、随時このブログでご報告いたします。また、Red Hat の思いは COVID-19 による影響を受けた世界中のすべての人々に向けられていることもお伝えしたく思います。一緒に乗り越えて行きましょう。


About the author

トピックス

注目のニュース