言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

プレスリリース

年頭のご挨拶

謹んで初春のお喜びを申し上げます。また、旧年中はひとかたならぬご高配を賜わり厚く御礼を申し上げます。

昨年2010年はレッドハット株式会社にとって大きな成長の年となりました。長引く世界的な景気後退の中でも、Red Hatは2桁成長を維持し、2009年に選ばれた米国S&Pの指定銘柄500社の中でも昨年3月31日にはブルームバーグ・ビジネスウィーク誌が発表した「過去5年間に株主の総合利回りが最も高かった優良企業トップ50社」の第22位(IT企業では第4位)にランクされました。その成功と堅実な業績は、戦略的IT施策を目指す企業にとって、オープンソースが重要な戦略であり続けていることを実証するものです。 また、ニューヨーク証券取引所を含む世界最大かつ最も取引量の多い株式市場の運営グループであるNYSEユーロネクスト(NYX)に長年のRed Hat Enterprise Linuxの利用実績を踏まえてJBoss Enterprise Middlewareが採用されたことやIBMやアマゾン、SAAVISなど世界最大級のクラウドサービスプロバイダにRed HatのKVM仮想化機構、クラウドソリューションを相継いで選択して頂いたことは、市場のオープンソースへの流れを代弁してくれる一大ニュースとなりました。

 日本においても、従来よりのUNIX、メインフレームからの乗換えに加えWindowsサーバからLinuxへの乗換え需要が増えたこと、KVM仮想化機構を駆使したクラウド関連ソリューションが広く採用されたこと、更にはJBoss/SOA事業が倍増していることなどにより、お蔭様で売上高も2桁成長を達成できました。特に、昨年3月に発足したクラウド事業本部の成果として、NTTコミュニケーションズ様の「Bizホスティング ベーシック」やソフトバンクテレコム様の「ホワイトクラウド」に弊社のKVM仮想化・クラウドコンピューティングソリューションが選ばれたことや、東京証券取引所様の「アローヘッド」システムの標準OSとしてRed Hat Enterprise Linuxが採用されたことなどは、日本のIT業界への大きな貢献になったと確信しております。

また、一昨年発足したレッドハットユーザー会(Red Hat Enterprise User Group)は、昨年には大幅に会員数が増え、官公庁のIT主導者や企業のCIOクラスの方々を中心にユーザ会員様同士が積極的に情報交換をされるようになり、オープンソースソフトウェア (OSS)の最新事例やテクノロジーのいち早い情報収集ができる場として定着しました。OSSコミュニティを育て、価値を共有する場を増やしていくことで、我々もよりお客様のニーズに合ったサービスの提供ができるようになってきたと思います 

企業におけるクラウドサービスの活用とITによる経営革新が本格的に進むと言われている2011年、徹底した標準化によるTCOの削減、ベンダーロックインの回避、既存のIT資産の有効活用とクラウドにおける移植性、相互運用性の確保という観点から、OSSへの 期待はさらに大きくなるでしょう。昨年11月16日に3年8ヶ月ぶりに市場投入した主力製品Red Hat Enterprise Linux 6をはじめ、KVM仮想化機構、OSSクラウドソリューション、PaaSソリューションの対応を見越したJBossミドルウェアへの需要などが、今年もさらに大きく拡大することは間違いありません 。 レッドハット株式会社は新製品や新しいソリューションを核に、広範なパートナー・エコシステムを最大限に活かしながら、OSSソリューションの一層の普及を目指していく所存です。また、今年はエンドユーザ対応営業も倍増し、お客様のニーズに迅速にお応えできるサービスに努めていきたいと思っております。

本年もぜひ、レッドハットへのご支援ご高配を賜わりますようお願い申し上げます。 廣川裕司
レッドハット株式会社
代表取締役社長
廣川 裕司
●レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノース・カロライナ州ラーレーに本社をおく、 エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューション Red Hat,Inc.の日本法人です。 オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。 LINUXは米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。RED HATとShadowman logoは米国およびそのほかの国において登録されたRed Hat, Inc. の商標です。 その他、記載されている会社及び製品の名称は、各社の商標または登録商標です。 ■本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先
レッドハット株式会社
マーケティング本部 広報担当:
テーグ 律子 rtague@redhat.com
TEL:03-5798-8552
FAX:03-5798-8599 ● 本件に関するお客様からのお問い合わせ先
営業担当: お問い合わせフォーム
TEL:03-5798-8520 FAX:03-5798-8599

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.