プレスリリース

APIとレッドハット、ワールドクラスのLINUXクラスタリング技術開発センターを設立

両社の専門知識とオープンソース開発モデルを組み合わせ、用途の広いインターネットビジネス用のクラスタリングテクノロジーをLinuxコミュニティーに提供





米国ニューヨークで開催中の LINUXWORLD 発 --- ハイパフォーマンスなLinux ソリューションのリーデング・ディベロッパーである Alpha Processor, Inc. (以下API)と、Linux およびオープンソースソリューションのマーケット・リーダーである Red Hat, Inc. (NASDAQ: RHAT、以下レッドハット) は、両社の技術提携により、ワールドクラスの Linux クラスタリング技術開発センターを設立することを発表しました。

米国ノースカロライナ州リサーチトライアングルパークの新しいクラスタリング施設は、Linux のオープンソースモデルに従い、Linux コミュニティのための Alpha クラスタリング研究および開発の拠点として機能することになります。クラスタリングとは、大量のコンピュータを一つにまとめることで、e コマース Web サーバなど使用頻度の高いアプリケーションに適したハイパフォーマンスと信頼性を達成する革新的なソフトウェアテクノロジーです。クラスタリングを導入することで、ミッションクリティカルなエンタープライズ・アプリケーションやe コマースやビジネスアプリケーションを安価に提供するグループ、あるいは既製のハードウェアを使用している企業でも、非常に信頼性が高いスーパーコンピュータ級のパフォーマンスを達成することができます。

「このセンターはレッドハットが運営していますが、同時にオープンソースコミュニティ全体で利用できるリソースとなるのです」とレッドハットのクラスタリングテクロノジー担当重役 Mike Wangsmo は語ります。「ワールドクラスのパフォーマンスを提供するために、私たちは、Linux 開発者が共通のゴールを目指して作業できる環境を整える必要があります。API と提携することで、私たちは、ワールドクラスのリソースにアクセスすることが可能になり、Alpha をベースとした Linux クラスタリングソリューションの開発を推し進めることで、Linux コミュニティ用クラスタリングテクノロジーの開発を加速することができるのです」

API は、既に32デュアルプロセッサのPowerRAC Chassis 320 基を レッドハットの新しいクラスタリング研究施設に搬入しました。この 64 プロセッサシステムは、設定完了時には 96 GFLOPS の統合パフォーマンスを発揮するもので、Linux クラスタリングテクノロジーの高い処理能力を示すために活用されます。堅牢な 3U ラックマウントサーバソリューションである API PowerRAC 320 は、設置面積とパフォーマンスが重要な条件となるハイパフォーマンス Linux クラスタには最適です。

「私たちとレッドハットの提携は、Linux コミュニティにとって有益なものとなり、また、用途の広さ、ハイパフォーマンス、帯域幅の広さが重視されるクラスタリング分野において新たな一歩となるでしょう」と API の上級副社長兼チーフテクノロジーオフィサー Gerry Talbot は語ります。「卓越したシステムパワーとサイズにより、Linux エンジニアリングコミュニティでは、ハイパフォーマンスクラスタシステム本来の能力を活用することができるでしょう。また、API とレッドハットの提携によって、クラスタリングテクノロジーが完全に Alpha プラットホームをサポートすることになります」


レッドハットはオープンソース開発モデルを引き続き支援していきます

今回のパートナーシップに加え、レッドハットは、クラスタリングテクノロジーサミットを開きました。API も参加したこのサミットには、市場をリードする開発会社を世界中から招き、オープンソースの促進をコミュニティ全体に広めるために、経験とアイデアを交換しました。 レッドハットが開発したソリューションは、クラスタリングプロジェクトでの成果も含め、オープンソースコミュニティ内で GNU General Public License GPL およびその他の一般ライセンスに従って無料で共有されます。レッドハットによるオープンソースコミュニティでの最近の成果には、Mozilla プロジェクトへの参加、またオープンソースの社会的意義を向上させる広範な科学的学術的なプロジェクトに対する資金提供、サポート、宣伝、参加を目的とした非営利団体であるレッドハットオープンソースセンターの設立などがあります。 今回の提携は、先日成立したシグナス・ソリューションズの買収を受け、Alpha プロセッサで稼動する Linux 用の GNUPro ツールを共同で開発した結果、実現したものです。業界規格の GNUPro は、第 1 四半期の終わりには両社から発売される予定です。GNUPro は、プラットホームベンダーおよび Linux アプリケーション開発会社用に最適化されたコンパイル、デバッグ、ランタイムコンポーネントへのアクセスを提供し、Alpha ハードウェア上で稼動する Linux のソフトウェアのパフォーマンスを最大限に引き出すことを可能にします。


Alpha Processor について

Alpha Processor, Inc. (略称:API、本社マサチューセッツ州コンコード) は、インターネットのネットワークインフラおよび HPTC 市場に対応する Alpha チップセットとハイパフォーマンス Linux テクノロジーの開発を専門としています。メモリと I/O 帯域幅の拡張を求める動きに対応し、急速に発展を遂げているインターネットと HPTC アプリケーションを強化する API の製品は、今日の演算速度重視の大容量処理を求める需要には最適と言えます。業界でも定評がある API のデザインチームは、一流企業、ハードウェアベンダや ソフトウェアベンダと共同で作業を行い、最高のパフォーマンスを持つ大容量システムを販売店、OEM または VAR 用途、あるいはお客様用に提供しています。API の製品、会社案内、最寄りの営業所については、API の Web サイト www.alpha-processor.com をご覧ください。


レッドハット株式会社は、米国ノース・カロライナ州ラーレーに本社をおく、 エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューション Red Hat,Inc.の日本法人です。 オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。

LINUXは米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。RED HATとShadowman logoは米国およびそのほかの国において登録されたRed Hat, Inc. の商標です。 その他、記載されている会社及び製品の名称は、各社の商標または登録商標です。


レッドハット株式会社
マーケティング本部 広報担当:
テーグ 律子 rtague@redhat.com
TEL:03-5798-8552
FAX:03-5798-8599

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
営業担当: お問い合わせフォーム
TEL:03-5798-8520 FAX:03-5798-8599

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.