プレスリリース

レッドハット、Red Hat Enterprise LinuxベースのリアルタイムOS「Red Hat Enterprise MRG Realtime」を提供開始

互換性と標準性を維持したままで高度なリアルタイム機能を提供



レッドハット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:廣川裕司、以下レッドハット)は、Red Hat Enterprise LinuxベースのリアルタイムOS製品「Red Hat Enterprise MRG Realtime」を本日より提供開始します。レッドハットのLinux OSであるRed Hat Enterprise Linuxをベースとしてリアルタイム機能を拡張したカーネルとチューニングツールで構成され、高いアプリケーション互換性と長期的な標準性を維持しながら応答時間の予測性を高め、リアルタイム性の高いローレイテンシ(低遅延)の実行処理を可能にします。本製品のサブスクリプション価格は1サーバあたり年間25万8,000円(税別)からとなります。また同時に、有償の導入コンサルティングサービスも提供します。

金融機関のトレーディングシステムにおいては、数ミリ秒程度の遅延が取引やビジネスに多大な影響を与えることから、遅延を最小化することが求められています。また、通信業界やネットワークサービスにおいては、ダウンタイムによるビジネスの損失を避けるために高いSLAの達成が必要条件とされています。このようなニーズを背景に開発された「Red Hat Enterprise MRG Realtime」は、金融機関や通信業界で求められるローレイテンシ(低遅延)処理を実現するRed Hat Enterprise LinuxベースのリアルタイムOS製品です。

 「Red Hat Enterprise MRG Realtime」はRed Hat Enterprise Linuxとの互換性を維持しているため、標準的なインテルx86プロセッサベースのサーバを利用できる上に、標準的な開発ツールで開発したLinuxアプリケーションをそのまま実行することができ、企業のコスト対策にも対応します。さらにIBMのWebSphere Real Timeとの組み合わせが可能で、Javaを用いたリアルタイム処理の適用領域が拡がります。また、将来に渡ってもレッドハットのエンジニアとLinuxコミュニティとの協調開発により、リアルタイム機能の拡張はLinuxのメインストリームの機能として取り込まれる予定です。長期にわたって安心して、このテクノロジを利用することが可能です。

 「Red Hat Enterprise MRG」は、Red Hatが クラウドコンピューティングの一翼を担う技術として注目するテクノロジ群:Messaging, Realtime, Gridの頭文字をとったMRG(マージ)と呼ばれるスイート製品群です。このたび日本で提供されるのは、Realtimeに対応する「Red Hat Enterprise MRG Realtime」となり ます。

■ 「Red Hat Enterprise MRG Realtime」の概要

「Red Hat Enterprise MRG Realtime」はRed Hat Enterprise Linux 5.1のLinux 2.6.24.7ベースのカーネルをベースにして優先度ハンドリングやスケジューラなどを拡張したリアルタイムカーネルを始めとして、リアルタイムチューニングのためのユーティリティやリアルタイム性能のモニタリングツール、チューニングのためのドキュメントを含みます。実行環境やシステムユーティリティ、glibcの実行ライブラリなどは通常のRed Hat Enterprise Linux 5と互換性を持ち、アプリケーションはリコンパイル・変更することなく、そのまま実行可能です。

■ サブスクリプション価格

「Red Hat Enterprise MRG Realtime」はサーバ単位のサブスクリプションサービスでのご提供となっており、サポートレベルにより、2種類の価格を設定しています。

□スタンダード: 1サーバあたり年間25万8,000円(税別) (電話およびWebサイトによるサポート、月〜金の午前9時〜午後5時)

□プレミアム: 1サーバあたり年間35万8,000円(税別) (電話およびWebサイトによるサポート、週7日24時間)

注)MRG Realtimeの導入のためには、Red Hat Enterprise Linux 5をあらかじめご購入・インストールしていただく必要があります。

■ 導入コンサルティングサービス: 80万円(税別)から個別見積りにてレッドハットが直接お客様に提供します。

MRGの詳細はこちらでご覧いただけます:http://www.jp.redhat.com/mrg/realtime/

■日本アイ・ビー・エム株式会社より賛同文をいただいております。


日本アイ・ビー・エムは、「Red Hat Enterprise MRG Realtime」の発表を歓迎します。 「Red Hat Enterprise MRG Realtime」とIBMのJava実行環境(JRE)である「IBM WebSphere Real Time」ならびにIBMのブレードサーバー「IBM BladeCenter」を組み合わせることにより、お客様にとって、応答時間の短縮と低遅延処理が可能になることを期待します。

日本アイ・ビー・エム株式会社
理事 ソフトウェア事業 WebSphere事業部長
デビッド・ベイト様


レッドハット株式会社は、米国ノース・カロライナ州ラーレーに本社をおく、 エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューション Red Hat,Inc.の日本法人です。 オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。

LINUXは米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。RED HATとShadowman logoは米国およびそのほかの国において登録されたRed Hat, Inc. の商標です。 その他、記載されている会社及び製品の名称は、各社の商標または登録商標です。


レッドハット株式会社
マーケティング本部 広報担当:
テーグ 律子 rtague@redhat.com
TEL:03-5798-8552
FAX:03-5798-8599

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
営業担当: お問い合わせフォーム
TEL:03-5798-8520 FAX:03-5798-8599

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.