プレスリリース

レッドハット、カーネル2.4搭載、Red Hat Linux 7.1を2001年5月より国内販売開始

最新カーネル2.4を含む機能強化を図り、インターネットインフラストラクチャーの展開 ならびに管理に求められる費用対効果を高めると同時に信頼性を向上





レッドハット株式会社(東京都千代田区 平野正信社長)は4月16日の米国発表を受け、本日、世界で最も普及しているオープンソースによるサーバオペレーティングシステムの最新バージョン「Red Hat Linux 7.1」を国内でも本年5月11日より発売開始することを発表した。Red Hat Linux 7.1は、インテルマルチプロセッサー・プラットフォーム上で、優れた性能の実現に対し、改善されたSMPサポートを備えた新しい2.4カーネルを含んでいる。
また、今回のバージョンよりシングルバイナリを実現、英語、日本語を始めとした多国籍にわたる言語を扱うことが可能になった。
Red Hat Linux 7.1は、さらにユーザが簡単にDNS、Webおよびプリントサーバをセットアップし運用管理することができる新しいコンフィギュレーションツール を提供する。また、このリリースは、ソフトウェアマネージャーを含んだ、「Red Hat Network」への接続も優れた特長である。(日本国内におけるサービスは現在、準備中です。)
加えて、インストレーションサービスの内容を向上し、パッケージユースに応じたサービスを提供すると同時に、別メニューとして付加価値サービスも用意、よりきめの細かいユーザニーズの対応へ向け、強化を図っている。

Red Hat Linux 7.1の特徴
● カーネル2.4
エンタープライズクラスのオペレーティング・システムとしてRed Hat Linuxを位置付けている。 際立って改善されたマルチプロセッササポート、4GBのユーザプロセス領域の供給、PCI バス限界を排除、効率的な無制限のバーチャルメモリの生成、64GBの物理RAMのサポート、より多数のユーザ、グループのサポート、より多くのプロセスを処理するためのスケジューラーの修正、マルチスレッドのネットワークスタックと同様、デバイスサポートの増加ならびに改善が施されている。

errata アラートを配信することで、ユーザは自動的に、RPM パッケージの通知を提供する新しいerrataとRPMの更新を通知される。

セキュリティの向上
ポートクローズが保たれ、必要とされるまでインターネットユーティリティがアクティブな状態にしないセッティングがデフォルトで提供されている。新しいファイアウォールスクリーンはユーザにセキュリティ全体のカスタマイズに求められる多くの機能に対するOn/Off設定を可能にしている。

コンフィギュレーションツール
BIND(DNS)、アパッチ、プリントツールでシステムアドミニストレーションがより容易になっている。

インストーラの改善
管理者不在のインストレーションや多数のラップトップユーザへの新しいインストールに対して、グラフィカルなKickstartコンフィギュレーションツールが提供されることで、ユーザの負担が軽減されている。

国際化の向上
日本語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語に完全に対応したGNOMEインターフェースによりグローバルにユーザをサポート。

デスクトップ機能
ユーザの好みに応じて選択が可能なポピューラーグラフィカル環境であるGNOMEとKDEのアップデート、完全なオープンソースによるWebとメッセージクライアントを提供するMozilla、Webブラウザ、e-mailクライアント、ニュースリーダーをサポート。

XFree86 4.0.3インターフェース
2D、3Dグラフィックスサポート。

USBサポート
ホットプラグデバイスをサポート。

新しい200ページにわたるカスタマイゼーションガイド

TUX 世界最速のWebサーバ1
SPECweb99TM ベンチマークにおいて1, 2, 4, および8 プロセッサマシンで達成。
詳細については、http://www.redhat.com/products/software/linux/rhl_new_features.htmlをご参照下さい。

Red Hat はインターネットコンピューティングに対し、最適なソリューションを顧客に提供するために業界リーダーとパートナーシップを組んでいる。ハードウェア分野におけるリーダー、DELLとIBMはRed Hat Linux を採用し続けている。

「新しい2.4カーネルにおけるスケーラビリティの改善により、レッドハットは今日までに、Linuxの最も強靱なバージョンを提供することになります。証明された事業と結びつけられるとき、実績あるエンタープライズレベルのIBMサーバとソフトウェアプロダクトすなわちDB2 ユニバーサルデータベース、WebSphere アプリケーションサーバ、ロータスドミノと今日、Red Hat Linux 7.1が稼働するxSeries eServer との組合せは、顧客とプロバイダが Linux のコストと信頼性のアドバンテージを補完するための全体的な性能の向上といえます。」とIBMソフトウェア、ソリューション・インテグレーションマーケティングを担当するバイスプレジデント、Dick Sullivan(ディック・サリバン)氏は述べている。

Red Hat Linux 7はソフトウェア量販店ならびにレッドハットのパートナー各社より以下の要領で発売される予定。

商品名Official Red Hat Linux 7.1 DeluxeOfficial Red Hat Linux 7.1 Professional
価格(税抜き)14,800円 34,800円
JANコード4529463000274452946300281
発売日(店頭)5/11(金)5/11(金)
サポート・ 60日間の電話サポート
・ 60日間のe-mailサポート
・ 90日間の電話サポート
・ 90日間のe-mailサポート
CD ・ オペレーティングシステムCD 3枚
・ ドキュメントCD 1枚
・ ワークステーション向け商用アプリケーションCD 2枚
・ Power Tools CD 1枚
・ LoKi Game CD 1枚

・ オペレーティングシステムCD 3枚
・ ドキュメントCD 1枚
・ ワークステーション向け商用アプリケーションCD 2枚
・ サーバ向け商用アプリケーションCD 2枚
・ Power Tools CD 1枚
・ LoKi Game CD 1枚
・ Developers Module Archive CD 1枚

マニュアル インストレーションガイド・サポートマニュアルインストレーションガイド・サポートマニュアル
動作環境 ・ PC/AT互換機
・ 32MB以上のRAM
・ 空き容量650MB以上のハードディスク
・ PC/AT互換機
・ 32MB以上のRAM
・ 空き容量650MB以上のハードディスク


■ この製品に関するお問い合わせは下記へ

  コンタクト


Nasdaq:RHAT )は、ユーザにインターネットインフラストラクチャと小型の組込装置から ハイアベイラビリティクラスタ、Webサーバ/eコマースOSに至るインターネットにアクセスするデバイス間の またがる、オープンソ ースの開発、配布、管理という共通のプラットフォームを高い信頼で一貫した提供を行っている。
レッドハット独自の管理技術であるRed Hat Networkはオープンソース製品、サービス、サポート及び関連情 報をオンライン・リアルタイムで提供することで、容易な管理を世界中の企業にサポートしている。
 数々の受賞に輝くRed Hat Linuxサーバ・オペレーティングシステムに加えて、レッドハットは安全なeコ マースに堅牢な安全性を誇るWeb サーバやクレジットカード認証ソフトウェアを提供すると共に、多種多様な 組込プロセッサに対するGNUベースの開発ツールとサポートソリューションの主要なプロバイダーでもある。
レッドハットはすべての組込マーケットそしてLinuxマーケットにおいて、Linux、eCos、uClinuxそして数々 の賞に輝くRedBootのようなランタイムソリューションを提供するだけでなく、カスタムエンジニアリングサ ービス、サポート、トレーニングも提供している。
 レッドハットは米国ノースキャロライナ州リサーチトライアングルパークに本拠を構え、世界中にオフィス を有している。1999年には、100%出資の日本法人レッドハット株式会社を設立。レッドハットが提供する製 品、サポート、トレーニングおよびサービスを、日本国内の顧客に提供している。なお、レッドハットの製品 やサービスはWebサイト www.jp.redhat.comで紹介されている。


Red HatはRed Hat, Inc.の米国及びその他の国における登録商標です。
LinuxはLinus Torvaldsの商標です。
他の会社及び製品の名称は、総てそれぞれの所有する商標です。


レッドハット株式会社は、米国ノース・カロライナ州ラーレーに本社をおく、 エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューション Red Hat,Inc.の日本法人です。 オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。

LINUXは米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。RED HATとShadowman logoは米国およびそのほかの国において登録されたRed Hat, Inc. の商標です。 その他、記載されている会社及び製品の名称は、各社の商標または登録商標です。


レッドハット株式会社
マーケティング本部 広報担当:
テーグ 律子 rtague@redhat.com
TEL:03-5798-8552
FAX:03-5798-8599

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
営業担当: お問い合わせフォーム
TEL:03-5798-8520 FAX:03-5798-8599

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.