言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

プレスリリース

レッドハットとサイオ、IBM eServer pSeriesをベースにした金融サービス市場向け アカウントアグリゲーションサービスにおいてマーケティング的協業を発表

業界最高水準のパフォーマンスを実現したRed Hat Enterprise Linux 4を推奨


祐治: 以下、レッドハット)は、株式会社サイオ(本社:東京都港区、代表取締役社長:安田知弘 以下、サイオ)との間で、Red Hat Enterprise Linux 4とIBM(R) eSever(R) pSeries(R)をベースにした金融サービス市場向けアカウントアグリゲーションシステム「IdbA Aggregation Client-type」に関する協調戦略を下記の通り発表しましたので、お知らせいたします。

 サイオが提唱している「Rimless Computing」をベースにしたクライアント型のアグリゲーションシステム「IdbA Aggregation Client-type」は分散環境による初期導入コストの低減と、サイオ独自のコンポーネント化技術による利便性の向上及び個人情報保護を実現する非常に投資効果が高いソリューションです。クライアント型アグリゲーションシステムは今後の主流となるシステム構築方法として有望視されています。今回の提携により金融業界へのLinuxの実績が増加し、Linuxの国内OSシェア拡大に拍車がかかることが期待されています。同ソリューションを金融サービス市場に普及させるべく両社は下記の協調戦略を順次展開していきます。

(1)共同技術検証と技術提携
安定性と高いパフォーマンスを実現する「Red Hat Enterprise Linux 4」と「IBM eServer pSeries」上でのサイオ「IdbA Aggregation Client-type」の技術検証やサポート情報の共有など、技術提携を行い金融業界のお客様向けに万全な体制でシステム開発できるような体制を構築いたします。

サイオはRedHat Ready Program及びISVプログラムへ参加し、レッドハットより、サイオ「IdbA Aggregation Client-type」の告知活動及びパートナーの紹介などマーケティング支援を受けます。

金融サービス市場向けのアカウントアグリゲーションサービスは数万人の会員処理を行うことから、サイオは高い処理性能と堅牢性を誇る「Red Hat Enterprise Linux 4」と「IBM eServer pSeries」をサイオ「IdbA Aggregation Client-type」ソリューションの推奨環境として営業活動を展開します。

ビジネス・チャネル開発部長の中原 道紀氏は「本提携は当社のIBM eServer pSeriesのLinux戦略及び金融業界におけるLinuxの普及を推進するものであり、日本IBMとして本提携を営業面、マーケティング面で支援をしていく所存です。」と語っています。

「アカウントアグリゲーション」について
「アカウントアグリゲーション」とはお客様の銀行口座、証券口座などの複数の口座を一覧表示、一括処理を行うサービスです。これにより、お客様は自身の資産運用状況を容易に把握でき、商品取引を円滑に行うことができるようになります。現在大手金融サービス企業を中心に導入が加速化しています。

Red Hat Enterprise Linux v.4では、v.3リリースから様々な技術的強化がなされています。 特に開発が行なわれた分野のなかにはセキュリティ機能の改良などがあり、前バージョンとの高い互換性を維持しながら、サーバのパフォーマンスやスケーラビ リティを向上させています。Red Hat Enterprise Linuxは、ハードウェアとソフトウェアに幅広く対応する最新の企業向けLinux環境となります。

コンポーネントを動的に結合する仕組み(IdbA)が実現する真のEUC(エンドユーザーコンピューティング)環境です。 Rimless Computingによって、利用者は技術者の手を借りずに、その都度、その都度必要な機能と情報を選出して自由に使用することができるようになります。

IdbA Aggregation Client-typeとはRimless Computingをベースコンセプトにおいた、次世代クライアント型のアグリゲーションサービス・プラットホームです。クライアント及びサーバーアプリケーションを厳密且つ容易なコンポーネント化(カプセレーション)をすることにより、C/Sシステムの表現力・操作性と、Web系システムの運用容易性、そしてRimlessComputingならではの情報と機能を融合した柔軟性を実現します。

株式会社サイオは、『Rimless(リムレス)コンピューティング』をベースコンセプトにおいたソリューション開発を専門とするソフトウェア会社です。最近ではJavaアプリケーション開発・実行環境『IdbA』及び、『IdbA』をベースにした1)EDIゲートウェイサーバ 2)クライアント型アカウント・アグリケーション3)Webサービス集約サービス 等にて、大企業ユーザーを中心に着実な業績をあげてきました。『IdbA』は今後のアプリケーション開発・実行環境において、TCOを削減するツールとして脚光を集めています。
所在地 : 東京都港区芝3-24-3 サントラビル4F
代表者 : 安田知弘
設立 : 1993年11月10日
資本金:1億3890万円
事業内容 : コンピュータ関連機器およびソフトウェアの開発、販売、輸出入ならびにコンサルティング、コンピュータ関連書籍の出版


レッドハット株式会社は、米国ノース・カロライナ州ラーレーに本社をおく、 エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューション Red Hat,Inc.の日本法人です。 オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。

LINUXは米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。RED HATとShadowman logoは米国およびそのほかの国において登録されたRed Hat, Inc. の商標です。 その他、記載されている会社及び製品の名称は、各社の商標または登録商標です。


レッドハット株式会社
マーケティング本部 広報担当:
テーグ 律子 rtague@redhat.com
TEL:03-5798-8552
FAX:03-5798-8599

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
営業担当: お問い合わせフォーム
TEL:03-5798-8520 FAX:03-5798-8599

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.