言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

プレスリリース

デル、インテル、レッドハットオープンなIAプラットフォームの普及に向け協力

デルより、SPARCベースのSolaris環境からオープン・プラットフォームへの移行プログラムを提供へ


 デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:ジム・メリット、以下デル)とインテル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉田和正、以下インテル)、レッドハット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:廣川裕司、以下レッドハット)は本日、SPARCベースのSolaris環境からオープンなIAプラットフォームへの移行・普及を推進するため協力し、デルより移行プログラムを提供することを発表しました。本移行プログラムはIT予算においてボトルネックになりがちな初期費用に着目し、費用対効果が著しい効果が見込まれるSPARCベースのSolaris環境からRed Hat Enterprise Linux/デルサーバへの移行にフォーカスしています。導入・システム構築におけるサポートをセットにし新たに提供開始することで、顧客の投資を最大化するとともに、IAプラットフォームをベースとしたオープンな環境への移行ビジネスを加速します。インテル最新のサーバ用プロセッサー、インテル® Xeon® プロセッサー 5500番台を採用するデル PowerEdge™サーバは、SPARCベースのSolarisシステムに比べ半分の消費電力と設置面積を実現し、さらに3年間の保有コストも最大11分の1に抑えられ、優れた費用対効果を発揮します*。また、業務アプリケーションのシステムインテグレーションサービスは、デルのICS(インフラストラクチャ・コンサルティング・サービス)と、オープンソースおよびUNIXマイグレーションに実績のあるシステム・インテグレータとの連携により提供します。

*2009年6月現在、Sun SPARC Enterprise T2000 とDell PowerEdge™ R410 の製品価格に基づき、デルが試算した比較

 業界標準技術を採用した製品とソリューションを提供するデルでは、インテルの協力を得て、インテル® Xeon®プロセッサー 5500番台を搭載したデルPowerEdge™サーバの普及を進めており、移行プログラムにおいても、PowerEdge™サーバをプラットフォームとして提供いたします。
 一方レッドハットでは、限られたコストでIT投資を最大限に効率化するため、「Carve Out Costs with Red Hat」キャンペーンをグローバルに展開しております。このキャンペーンはオープンソースソリューションの利用によるコスト削減をテーマに、レッドハットソリューションやサブスクリプションの有効性を理解いただくためのもので、本移行プログラムはこのキャンペーンとも連動しております。 ■移行プログラムの概要
 本プログラムはレガシーシステムから、Red Hat Enterprise Linux/デルサーバの革新的なテクノロジーを搭載した業界標準のプラットフォームへ、スムーズに移行させるためのプログラムです。具体的にはSun Fire Vシリーズ、Sun SPARC Enterprise T シリーズ、Netraシリーズ、Sun Fire EシリーズをRed Hat Enterprise Linux 5.X搭載のデルPowerEdge™サーバ(インテル® Xeon® プロセッサー 5500番台搭載)に移行するための各種支援サービス/プログラムをデルより一括で提供いたします。プログラムの概要は下記の通りです。 移行コンサルティングサービス
これまでの豊富なオープン環境移行の実績と経験を元に、デル東日本支社に併設のソリューション・イノベーション・センターでの導入前の検証の実施、実施時における削減可能なツールによるコスト比較の算出、オープンシステムへの移行の実現性の査定といったコンサルティングサービスを提供。 顧客向けRed Hat Enterprise Linuxトレーニング
Red Hat Enterprise Linux およびJBoss の各種トレーニングサービスを提供。 デルPowerEdge™サーバの提供
業界標準技術を採用したインテル® Xeon®プロセッサー 5500番台を搭載したデルPowerEdge™ サーバ製品群を提供
(1U2ソケットラックマウントサーバ R410の場合、Red Hat Enterprise Linux 5(工場インストール)と3年間サブスクリプション契約、3年間ITProサポート込みで、標準価格は税込み363,300円から)。 ハードウェアのリースの支払い据え置き
ハードウェアのお支払いについて、最長6ヶ月の支払い据え置きリースを提供。 また、本プログラムの開始に伴い、デルが台数限定でPowerEdge™ R410を1社5万円にて提供する検証用評価機キャンペーンを実施いたします。
3社は今後、インテル® Xeon® プロセッサー 5500番台を搭載したデルPowerEdge™サーバ、およびRed Hat® Enterprise Linux®を利用したシステムを利用し、オープンなIAプラットフォームの利用による導入・運用管理などの有効性を検証します。また、検証した結果をもとに事例やホワイトペーパーの作成を進めるほか、共同でセミナー、トレーニングを開催することによって、オープンなIAプラットフォームの普及を推進します。

■デル株式会社について
デル株式会社は、米Dell Inc.の日本法人で、独自の直販方式「デル・ダイレクト・モデル」を活かした販売/マーケティング/サービス・サポート業務を行っています。業界標準技術を採用したサーバ/ストレージ製品およびソリューションの拡充に注力しており、エンタープライズ市場においても「デル・ダイレクト・モデル」による優れたバリューをお客様に提供しています。

■インテル株式会社について
シリコンの技術革新で世界をリードするインテルは、人々の仕事と生活をさらに豊かにする先進的な技術と製品を開発、イニシアチブを推進していきます。インテルに関する情報は、http://www.intel.co.jp で入手できます。 ■本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先
デル株式会社
広報本部
044-556-3450(広報本部代表)

広報代理店 オグルヴィPR 友永、牧平
03-5793-2376 / 03-5793-2365
E-mail:dellpress.tokyo@ogilvy.com

インテル株式会社 広報室 荒木
03-5223-9100 (代表) レッドハット株式会社は、米国ノース・カロライナ州ラーレーに本社をおく、 エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューション Red Hat,Inc.の日本法人です。 オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。 LINUXは米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。RED HATとShadowman logoは米国およびそのほかの国において登録されたRed Hat, Inc. の商標です。 その他、記載されている会社及び製品の名称は、各社の商標または登録商標です。 レッドハット株式会社
マーケティング本部 広報担当:
テーグ 律子 rtague@redhat.com
TEL:03-5798-8552
FAX:03-5798-8599 本件に関するお客様からのお問い合わせ先
営業担当: お問い合わせフォーム
TEL:03-5798-8520 FAX:03-5798-8599

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.