プレスリリース

レッドハットと日本IBMがサーバー移行支援プログラムを提供開始

SolarisからRed Hat Enterprise Linux環境への 移行コストの最適化と運用・管理コストの削減を支援


 レッドハット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:廣川裕司、以下レッドハット)と日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:橋本孝之、NYSE:IBM、以下日本IBM)は本日、サーバーのオペレーティング・システム(OS)に「Solaris」を利用している企業のお客様を対象に、「Red Hat Enterprise Linux」OSを搭載したIBMサーバーへ移行し、移行コストと期間を最適化しながら運用・管理コストの削減を支援するためのプログラム「Red Hat Advanced Migration Program powered by IBM(RAMP-I)」の提供を開始します。本プログラムの提供開始に伴い、レッドハットと日本IBMは、本日7月15日から、営業活動やコンサルティングおよびサービスの提供を共同で行うためのプロジェクト・チーム「RHEL移行支援オフィス」を発足させます。

 「RAMP-I」は、移行効果の無償アセスメントから、システム構築のためのコンサルティングや移行・検証・構築サービス、支払いに関する金融サービスや移行後のシステム管理者育成まで、包括的に支援することで、移行コストと期間を最適化します。包括的なサービス体系に加え、移行・構築するRed Hat Enterprise Linux搭載のサーバーにはx86サーバー「IBM System x」やブレード・サーバー「IBM BladeCenter」から、メインフレーム「IBM System z」やUNIX機「IBM Power Systems」まで、システム要件に応じて選択でき、信頼性の高いシステムをさまざまなスケールで構築できます。また、仮想化によるサーバー統合により、移行後のシステムは運用・管理が容易になり、ITコストの削減が可能となります。例えば、24CPUで48コアのSolaris環境サーバー2台から3CPUで6コアの「IBM Power Systems 570」2台に移行することで、保守費用が5年間で約6分の1になります(*1)。技術者育成支援については、標準価格の半額とし、Red Hat Enterprise Linux搭載のIBMサーバーの運用管理者の拡大を目指します。

 「RAMP-I」において、レッドハットは、Solaris環境から移行する企業のお客様に対して、システム管理者育成とRed Hat Enterprise Linuxによるシステム構築のための支援を割引価格により提供します。

  1. Red Hat Enterprise Linux搭載のIBMサーバーを運用・管理するシステム管理者のための研修を標準価格の半額で提供し、年間500名のRHCE(Red Hat Certified Engineer:レッドハット認定エンジニア)育成を支援
  2. Red Hat Enterprise Linuxによるシステム構築を支援するためのコンサルティング・サービスを最大30%割引価格にて提供
 また、日本IBMは、業界最速の動作周波数を誇るPOWER6を始めとする高性能プロセッサーの活用や、IBM System zやIBM Power Systemが持つCPUおよびメモリーを動的に配分し効率的に資源を活用する技術などで、仮想化によるサーバー統合を実現し、運用・管理コストの削減を支援します。併せて、以下のサービスを提供し、移行にかかるコストを最適化します。
  1. お客様アプリケーションにおける移行効果の無償アセスメントや移行作業の無償見積もり
  2. 世界中のIBMで蓄積された手法やツールによる移行・検証・構築サービス
  3. サーバーなどIBMのハードウェア製品に対して、支払い開始を6ヶ月据置くリースや、初年度の支払いを支払い総額の10%にする「ステップ・ペイメント・リース」、また、IBM System xおよび一部のIBM Power Systemsを対象とした48ヶ月間は金利負担ゼロの「0%リース・プログラム」などの金融サービス(*2)
 なお、「Red Hat Enterprise Migration Program powered by IBM」の提供開始に伴い、両社では、7月29日にお客様向けのセミナーを開催します。

■ セミナーについて:
http://www.ibm.com/ssc09p/

■ セミナーに関するお問合せ先 :
日本IBM:ibm.com アクセスセンター 
TEL 0120-300-426 受付時間:月〜金 9:30〜17:30
(祝日・弊社創立記念日6/17・12/30〜1/3を除く)
FAX 0120-300-463(24時間受付)

■ レッドハットと日本IBMのこれまでの実績について
 レッドハットは全世界で80%以上のシェアを誇るLinuxのトップ・ディストリビューターであり、IBMは全世界において3000件を超えるLinuxへの移行実績があります。レッドハットとIBMは2005年から2008年の3年間に行われた Linux カーネルの更新の19.5%を行い、カーネル更新に貢献した企業のランキングにおいて、それぞれ1位、3位となりました。
 レッドハットとIBMのパートナーシップは2009年2月で10周年を迎えており、ブログにて紹介しています。
/about/news/archive/2009/red-hat-and-ibm-celebrate-10-years-of-global-partnership
http://www.jp.redhat.com/news_releases/2009/IBM10year.html (日本語)

(*1)大規模データベースにおけるソフトウェアに伴う保守費用として、TCPの測定値から算出したものです。
(*2)諸条件により提供できない場合もあります。

 IBM、IBM ロゴ、ibm.com、BladeCenter、Power SystemsおよびPOWER6、System x、System zは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。
他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。
現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。

レッドハット株式会社は、米国ノース・カロライナ州ラーレーに本社をおく、 エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューション Red Hat,Inc.の日本法人です。 オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。

LINUXは米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。RED HATとShadowman logoは米国およびそのほかの国において登録されたRed Hat, Inc. の商標です。 その他、記載されている会社及び製品の名称は、各社の商標または登録商標です。


レッドハット株式会社
マーケティング本部 広報担当:
テーグ 律子 rtague@redhat.com
TEL:03-5798-8552
FAX:03-5798-8599

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
営業担当: お問い合わせフォーム
TEL:03-5798-8520 FAX:03-5798-8599


お問い合わせ先:
日本IBM 広報 松本
Tel: 03-3808-4906
e-mail: mkanako@jp.ibm.com

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.