プレスリリース

レッドハット、SOA プロジェクトの早期立ち上げを低コストで支援する新サービス 「Red Hat SOAソリューションスターターキット」を提供開始

SOA導入初期段階に重要なコンサルテーションとトレーニングを 効率良く組み合わせたサービスを100万円で提供

「Red Hat SOA ソリューションスターターキット」の中核となる3日間のSOAコンサルテーションサービスは、ヒアリング、アセスメント、プロポーザルの3つの要素で構成されます。ヒアリング段階においては、SOA導入の目的や運用に対する要件、コストやスケジュールの制約など様々なユーザの要求を、レッドハットのグローバルでの豊富な経験をベースに作られたヒアリングシートに基づいて洗い出します。ヒアリングした内容をもとにシステム環境の評価(アセスメント)を実施して現状分析を行った上で、「JBoss Enterprise SOA Platform」でSOA導入を実現するためのパイロットプロジェクトの概略サービス設計など今後の導入プロジェクトの基本となる提案書を作成します(プロポーザル)。同時に、実際に導入や運用に携わる技術者に最適なトレーニングプログラムを設計し、実機を使用したハンズオントレーニングを3日間提供します。ハンズオントレーニングで作成したサンプルコードは、参照実装(RI:Reference Implementation)として実際のSOA導入や運用の際にも役立ちます。ハンズオントレーニングの対象となるSOAコンポーネントは「JBoss Enterprise Application Portal」「JBoss ESB」「JBoss Rules」「JBoss jBPM」の4種類です。

SOAは、市場や経済の変化に強い業務システムによって投資効果を最大化し競争力を強化する解決策として多くの企業が注目しています。しかしその一方で仕様や規格の標準化の遅れといった技術的な要因や、業務プロセスが多様かつ複雑であることから大規模なシステム改変につながりかねない不安などが障壁となり、実際の導入にはなかなか踏み切れていないというのも実状です。レッドハットは、最小限のコストでSOA構築に必要十分な機能を実装した「JBoss Enterprise SOA Platform」の市場投入をはじめ、ユーザへのSOA導入支援策の提供により、オープンソースの利用によるSOA導入の軽量化と導入期間の短縮化を推進して参ります。

詳細はウェブサイトでご確認ください。
SOAについて:/products/jbossenterprisemiddleware/application-platform/
Red Hat SOAソリューションスタータキットについて:
http://www.jp.redhat.com/services/professionalservices/migration/jboss_soa_sskit.html



パートナー様からの賛同文:(アルファベット順)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
取締役(兼)常務執行役員 後藤 健様

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下CTC)は、レッドハット株式会社の新サービス「Red Hat SOA ソリューションスタータキット」の発表を歓迎します。CTCは、多様化するお客様のニーズに対応するためには、初期導入コストを削減できるオープンソース技術をベースとしたSOA基盤も必要と考えておりました。

このオープンソース技術を利用したSOAを展開するために、今回の新サービス 「Red Hat SOA ソリューションスタータキット」は最適なソリューションであり、今後、企業システムのSOA化をさらに促進するものと確信しております。


日本ヒューレットパッカード株式会社
ISS ビジネス本部 ソフトウェア・プロダクト&HPCマーケティング部 担当部長 赤井 誠様

日本ヒューレット・パッカード株式会社は、レッドハット株式会社の 新サービス「Red Hat SOA ソリュー ションスタータキット」の発表を歓迎します。 両社は長期にわたり世界的な戦略的パートナーシップのもと、オープンソースの分野に おいていち早く協業を開始しました。業界標準x86サーバHP ProLiantサーバと今回の新サービス 「Red Hat SOA ソリューションスタータキット」 は、より多くの企業システムのSOA化を 促進できるソリューションであり、お客様にとってより価値の高いSOAの実装が出来るもの と確信しております。


サイオステクノロジー株式会社
代表取締役社長 喜多 伸夫様

サイオステクノロジー株式会社はレッドハット株式会社の「Red Hat SOAソリューションスターターキット」の提供開始を歓迎致します。 弊社は、今後もレッドハット株式会社と協業し、お客様へ最適なシステムを提案できるよう、JBossビジネスおよびオープンソースソフトウェアビジネスを展開してまいります。 今回の発表により、注目の高まっているアプリケーションサーバー市場において、JBossソリューションの拡大を大いに期待致します。


TIS株式会社
産業事業統括本部 産業第2事業部 兼 中部事業部 執行役員 事業部長 宮下昌平様

TIS株式会社は、レッドハット株式会社の新サービス「Red Hat SOA ソリューションスターターキット」の発表を歓迎します。実践段階に入った企業システムのSOA化をより多くの企業に展開するために、TISでは、多くのオープンソース製品やレッドハットが提供するJBoss Enterprise Middleware、Red Hat Enterprise Linux の技術の取り込みと提案を行っています。「Red Hat SOA ソリューションスターターキット」は、これからSOAに取り組む企業のためのSOAロードマップを短期間で構築する指針になります。弊社が取り組むBPMソリューション 「e-ProcessManager」と組み合わせることで、効果的かつ低コストなSOAを実現できるものと考えます。

レッドハット株式会社は、米国ノース・カロライナ州ラーレーに本社をおく、 エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューション Red Hat,Inc.の日本法人です。 オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。

LINUXは米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。RED HATとShadowman logoは米国およびそのほかの国において登録されたRed Hat, Inc. の商標です。 その他、記載されている会社及び製品の名称は、各社の商標または登録商標です。


レッドハット株式会社
マーケティング本部 広報担当:
テーグ 律子 rtague@redhat.com
TEL:03-5798-8552
FAX:03-5798-8599

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
営業担当: お問い合わせフォーム
TEL:03-5798-8520 FAX:03-5798-8599

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.