言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

プレスリリース

企業向けLinuxプラットフォームの最新版Red Hat Enterprise Linux 3を発表

主要なハードウェア、ソフトウェアベンダが賛同 レッドハットのデータセンタにおける地位確立へ


この発表は、企業向けにオープンソース・アーキテクチャを提供するレッドハットの長期的な戦略に沿ったものです。

「Red Hat Enterprise Linux 3」は、より広範なシステム構築に対応可能になり、7つのハードウェア・アーキテクチャにサポート範囲を拡大しています。特に拡張性、性能、対応システムにおける機能強化により、「Red Hat Enterprise Linux 3」は、デスクトップから大規模サーバまでコンピューティング基盤の全域において、顧客がオープンソース・ソリューションの利点を実感できる安定したオペレーティング・システム・プラットフォームとして利用できます。

米レッドハットのエンジニアリング担当上級副社長のポール・コーミアは次のように述べています。
「Red Hat Enterprise Linux 3は、オープンソースが成熟していく上で大きな成果といえるものです。このバージョンはプラットフォームの統一をはかり、クライアントからサーバまで、7つのハードウェア・アーキテクチャを利用できます。Red Hat Enterprise Linuxは、事実上エンタープライズLinuxの標準であるという評価を得ています。この第二世代ソリューションにより、レッドハットのグローバルな足がかりをさらに強化するとともに、独自のUnixの必要性を排除していきます。」

「Red Hat Enterprise Linux 3」は、顧客、ハードウェアメーカ、ソフトウェアパートナとの緊密な協力下で開発され、性能、拡張性、セキュリティ[m1]、企業の全域で利用できるプラットフォームとしての一貫性に焦点をあてて開発されています。
「Red Hat Enterprise Linux 3」は、下記のような最先端の技術と企業で必要とされる安定性の高度な融合を特長としています。

Native Posix Threading Library:マルチスレッドのアプリケーションにおいて大幅な性能の向上を実現しています。
◆ 拡張性の向上:大規模なSMP、メモリー、I/O設定に対応します。
◆ 単一のコードをベース:コードの安定性、保全性とセキュリティを向上しています。
◆ 対応ハードウェア・アーキテクチャの拡大:Intel x86とItanium、AMD64、IBM zSeries、iSeries、pSeries、S/390に対応します。

「Red Hat Enterprise Linux 3」は、Red Hat Networkやサービスを含む年間契約の形式で提供します。現在の「Red Hat Enterprise Linux」契約ユーザは、Red Hat Networkを通じて無償で本日よりバージョンアップできます。
レッドハットのOEMパートナからは、今後30日から60日ほどでRed Hat Enterprise Linux 3に対応したハードウェア・ソリューションと共に提供される予定です。
ISVアプリケーションについては、数社の主要ISVアプリケーションがすでに対応し、他のアプリケーションも順次対応の予定です。


■製品構成
前バージョンの「Red Hat Enterprise Linux 2.1」と同じく下記の3ラインアップから構成されます。

- Red Hat Enterprise Linux AS
大規模サーバに向けたRed Hat Enterprise Linuxファミリの最上位製品です。全てのハードウェア・アーキテクチャに対応します。
- Red Hat Enterprise Linux ES
エントリー/ミッドレンジ・サーバ向けの製品で、x86互換アーキテクチャにのみ対応します。
- Red Hat Enterprise Linux WS
デスクトップ/ワークステーション向けの製品で、x86互換、Itanium、AMD64の各アーキテクチャに対応します。

■価格(1年の年間契約)
 - x86アーキテクチャ向け
    Red Hat Enterprise Linux AS Standard: 19万8000円
    Red Hat Enterprise Linux ES Standard: 9万9800円
    Red Hat Enterprise Linux WS Standard: 3万9800円
 - Intel Itanium向け
    Red Hat Enterprise Linux AS Standard: 26万8000円
    Red Hat Enterprise Linux WS Standard: 10万8000円
 - AMD64向け
    Red Hat Enterprise Linux AS Standard: 26万8000円
    Red Hat Enterprise Linux WS Standard: 10万8000円
※ 他のアーキテクチャについては、レッドハットまでお問い合わせください。

■出荷開始予定時期:2003年11月下旬


Red Hat Enterprise Linux 3への賛同コメント

■グローバル・パートナ様

イージェネラ株式会社
マーケティング部 部長 松崎 展晃様
イージェネラ株式会社は、レッドハット株式会社様の新製品「Red Hat Enterprise Linux 3」のリリースを歓迎いたします。
企業のIT投資削減を推進する当社では、これまでも「Red Hat Linux Advanced Server 2.1」と共に、当社の仮想化技術でエンタープライズ分野におけるLinuxの適用を推進してきました。「Red Hat Enterprise Linux 3」は、より一層の信頼性、性能等の向上が図られており、これまで以上にお客様のご要望に応えられるものと期待しております。「Red Hat Enterprise Linux 3」とイージェネラの統合型IAサーバ「BladeFrame」を組み合わせることで、基幹業務においても堅牢かつ拡張性の高いシステムをお客様にご提供することができます。当社は今後ともレッドハット株式会社様と協力し、お客様に最適なソリューションを提供して参ります。

Intel Corporation,
Senior Fellow and General Manager, Software and Solutions Group, Richard Wirt様
インテルは、業界で最も広範で柔軟かつ費用対効果が高いエンタープライズ向けプラット&

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.