プレスリリース

レッドハット、サイボウズとアプリケーション開発を含むISVアライアンスを締結。

最新OSに対応、ビジネスLinuxの普及へ向け、 タイムリーなアプリケーションソリューションを強化


レッドハット株式会社(東京都千代田区 平野正信社長)はサイボウズ株式会社(本社:東京都文京区 経営最高責任者(CEO):高須賀 宣)とLinux OSの特長を活かし、よりビジネス分野への普及、拡販を目指し、開発を含むISVアライアンスを締結したことを本日、明らかにした。

 この問題の解決に際し、レッドハットでは、Linuxのリファレンスプロバイダーとして、日本語マルチリンガル環境を含むシングルバイナリ化を実現した「Red Hat Linux 7.1」をリリース、半年を経てエンタープライズシステムのLinuxへの移行に向けて、より強力なサーバーOS「Red Hat Linux 7.2」をリリースするに至った。これに合わせて、OSのリリースと同タイミングで動作可能なアプリケーション開発環境を提供するアライアンスプログラムの準備を図った。
 サイボウズの有するグループウェアソフト「サイボウズ Office 4 」は、発売4年で、国内企業10000社13000部門以上のお客様に導入された代表的なWebグループウエアで、スケジュールや掲示板など13の機能を備え、初心者にも優しい直感的なユーザーインターフェースと、導入の簡便さで人気を集めている。

今回バンドルされる「サイボウズ Office 4」は、60日間の無償試用期限がある以外は、製品版と同等の機能を有する。パッケージ購入時より、「サイボウズ Office 4」を使用できることになる。尚、製品版は同社よりオンラインで購入できる。

「サイボウズ Office 4 」の主な特徴


シンプルで簡単なユーザーインターフェースを備えたWebグループウエア。
「スケジュール」「掲示板」「文書管理」など全12機能を持ち、報告書管理ツールなどもオプションで用意する。
ブラウザを搭載したPCであれば、OSを問わず多くのクライアントから使用することができ、特別なプラグインも必要ではない。
代表的な10機能を搭載した「サイボウズ Office パックEX 4」の50ユーザー版が¥198,000と価格も手頃となっている。
Webアプリケーションに特化した独自開発の高速データベースエンジン「CyDE」を搭載し、個人個人に特化した使いやすい画面を実現する「パーソナライズ機能」や、外出先からのアクセスを可能とするモバイル向けオプションなど豊富な機能を軽量高速で実現している。

■サイボウズ株式会社

1997年8月に設立された独立系ソフトウエアベンダー。ビジネスにおけるWebアプリケーションを使った商品開発と販売を行っている。国内企業10000社以上に導入された代表的製品「サイボウズ Office」シリーズの他にもWebでアクセスできるだけではなくWeb画面から設計まで可能なデータベース「サイボウズ DBメーカー」を開発・販売している。この7月には米国に現地法人を設立し、英語版の開発・販売も行っている。

Nasdaq:RHAT )は、オープンソースプラットフォームの利点をもとに構築されたソリューションの開発、配布、管理におけるリーダーである。
これらのソリューションは、メインフレームに至る機器に対するオープンソースプロダクトプラットフォーム、エンド・ツー・エンドの完全なプロフェッショナルサービス、そしてこのプロダクトとサービスを配布、管理するためのインターネットベースのバックボーンとして「Red Hat Network」を含んでいる。
レッドハットのオープンソースプラットフォームは数々の受受賞に輝くRed Hat Linuxサーバ・オペレーティングシステムに加えて、インターチェンジ・eコマース・プラットフォーム、Stronghold Secure Webサーバやクレジットカード認証ソフトウェア、ハイ・アベイラビリティ・サーバ、組込開発用GNUベースの開発ツール、組込ランタイムLinux、eCosそしてRedBootのようなソリューションを包含している。

レッドハットは、エンド・ツー・エンドのサービスによりオープンソースの提供のバックアップを図っている。
それらはマルチプラットフォームインフラストラクチャおよびエンジニアリングサービスに焦点をおいたRed Hatプロフェッショナルコンサルティング、組込機器や装置に向けのソフトウェア開発やオペレーティングシステムのポーティングを提供するRed Hatエンジニアリングサービス、インストレーションサービスならびにWeb、テレフォンサポートを提供するRed Hatエンタープライズサポートサービス、そして、Linux認証(RHCE)およびApache、組込開発、上級開発、e-コマース向けのコースを提供するRed Hatラーニングサービスである。
Red Hat Network はオープンソースベースのソリューションをより高い費用対効果や信頼性に維持に向けて、オープンソース製品、サービス、サポート及び関連情報をオンライン・リアルタイムで展開するための、レッドハット独自の管理技術を提供している。

レッドハットは米国ノースキャロライナ州リサーチトライアングルパークに本拠を構え、世界中にオフィスを有している。
1999年には、100%出資の日本法人レッドハット株式会社を設立。
2001年9月よりアジア地域のヘッドクォータの役割を担い、レッドハットが提供する製品、サポート、トレーニングおよびサービスを、日本国内を始めとして韓国、中国/香港/台湾の顧客に提供している。
なお、レッドハットの製品やサービスはWebサイトwww.jp.redhat.comで紹介されている。


レッドハット株式会社は、米国ノース・カロライナ州ラーレーに本社をおく、 エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューション Red Hat,Inc.の日本法人です。 オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。

LINUXは米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。RED HATとShadowman logoは米国およびそのほかの国において登録されたRed Hat, Inc. の商標です。 その他、記載されている会社及び製品の名称は、各社の商標または登録商標です。


レッドハット株式会社
マーケティング本部 広報担当:
テーグ 律子 rtague@redhat.com
TEL:03-5798-8552
FAX:03-5798-8599

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
営業担当: お問い合わせフォーム
TEL:03-5798-8520 FAX:03-5798-8599

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.