言語を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

プレスリリース

2012年 年頭のご挨拶

謹んで初春のお喜びを申し上げます。旧年中はひとかたならぬご高配を賜わり厚く御礼を申し上げます。 また、昨年3月11日の東日本大震災で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

昨年は未曾有の震災、原発事故、電力不足、台風、タイの洪水、円高など日本経済・IT業界にとっては試練の年でした。しかしながら我々としてはオープン ソースの真の力と価値を実感できた1年でもありました。災害からの復興、復活、再成長に向けて、クラウドやデータセンターの利用が拡大し、それらを担う大 手サービスプロバイダーでのOSS活用が加速しました。また、世界市場でも新規出荷サーバーの基本OSで、Linuxシェアが35%以上になりました。ま さにOSSは今や世界中でクラウド時代のIT業界を支える中心的な存在となり、例えると、主食となる米(コメ)の役割を担い始めたと言えるでしょう。

このような状況下、レッドハットは昨年、「Beyond Linux(Linuxを超えた貢献)」というミッションの下に活動を行い、お陰様で厳しい市場環境の中でも2桁成長を遂げることができました。主力製品 Red Hat Enterprise Linuxは、大和ネクスト銀行様の勘定系システムに採用された事例にも代表されるように、日本中の通信、金融、製造、流通、運輸、公共などのミッション クリティカルなシステムで採用が進んでいます。Linuxだけでなく、JBoss/SOAミドルウェアや仮想化機能KVMの市場浸透も加速しました。 JBoss/SOAミドルウェアは、継続して前年同期比2倍近い伸びを示し、シェアを大きく拡大しています 。KVMは仮想化ベンチマークで世界新記録の性能を達成し続けるなど大きな進化を遂げており、現在ではNTTコミュニケーションズ様の「Bizホスティン グベーシック」やソフトバンクテレコム様の「ホワイトクラウド」のようなパブリッククラウドソリューションはもとより、ダイエー様などエンドユーザーのシ ステムにも多く採用されるようになりました。このようなKVMの進化とその高い性能は今や世界中の多くの企業から評価されており、昨年5月に設立された KVMによるサーバ仮想化ソリューションの促進に取り組む団体「Open Virtualization Alliance (OVA)」にはIBM、HP、Dell、NEC、日立製作所、富士通、弊社を含む200以上の企業が参加しています。

さらに、レッドハットはクラウドの分野にも本格的に進出しました。昨年5月には多種のプライベートクラウドとパブリッククラウドを統合するIaaSソ リューション「CloudForms」やクラウド上でアプリケーション開発環境を提供するPaaS「OpenShift」を発表し、10月には増大する非 構造型ビッグデータに低コストで対応するスケールアウト型ストレージをOSSで提供するGluster社を買収しました。今年はそれらを本格的に市場投入 することで、クラウド環境下においてもOSSの価値をさらに拡大しお客様に提供していきます。

OSSは今や「コスト削減」だけでなく、「ビジネスの敏捷性」の向上、そして「イノベーション」といった今日の企業ITに求められる要件を満たすために必 須なソリューションになりつつあり、常にお客様にベンダーロックインされないチョイスを提供致します。私はこれまでも多くのCIOや経営者の方々と対話を 重ねてきましたが、昨今、OSSを活用した「ITの標準化」やベストチョイスを駆使した「ユーザー主導のIT」を目指している企業が非常に多くなったと感 じています。そして、2012年は、まさにこの「ユーザー主導」によるクラウドサービス構築や仮想化が本格的に展開されると思っております。レッドハット 株式会社は、現在80社 数百名まで拡大したユーザー会「Red Hat Enterprise User Group (REUG)」をさらに活性化させ、パートナー企業様との協業も強化し、「クラウド時代をリードするOSSトップ企業」としてお客様のニーズに迅速にお応 えできるサービスの提供に努めていきたいと思っております。

本年もぜひ、レッドハットへのご支援ご高配を賜わりますようお願い申し上げます。

2012年1月4日

レッドハット株式会社
代表取締役社長
廣川裕司

 

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.