プレスリリース

NHN テコラス、Red Hat OpenStack Platformを採用。SDSとHA機能で高可用性を確保し柔軟なIaaSサービスを実現

IaaS環境とオンプレミス環境のつなぎ込みもIaaS環境とオンプレミス環境のつなぎ込みも可能に

東京

オープンソースソリューションのプロバイダーである、レッドハット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:望月 弘一、以下:レッドハット)とユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:東 常夫、以下:ユニアデックス)は、ITインフラサービスなどを提供するNHN テコラス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:稲積 憲)が、レッドハットとユニアデックスが提供するRed Hat OpenStack Platformを採用し、高可用性を確保した柔軟性の高いIaaSサービスを2016年6月より提供開始したことを発表しました。

NHN テコラスが、Red Hat® OpenStack Platformを採用した理由は2つあります。1つ目は、商用OpenStackの中でSoftware-Defined Storage(SDS)への対応実績が豊富なこと、そして2つ目は、商用OpenStackでレッドハットだけが自動フェイルオーバー機能を実装できていることです。この2つによって、同社のIaaSサービスは、高い信頼性と可用性を持つサービスを提供することができました。

NHN テコラスは、ITインフラソリューション事業・セキュリティ事業・コマース事業・広告事業を展開するデータソリューション企業です。クラウドサービスの普及に伴い、同社では2016年より新たにIaaSのサービスをラインナップしています。IaaSサービスの開発にあたっては、要素技術としてOSSのクラウドプラットフォームであるOpenStack とCloudStackとを比較検討しました。そして活発なコミュニティ活動や情報の豊富さからコミュニティ版のOpenStackを選び、サービス提供を視野に入れて検証を進めました。

検証によって、同社内に多くのOpenStackの知識が蓄積されたものの、IaaSサービスを顧客に提供する上で、サービス(商品)の安定性を確保する必要があること、また時間をかければ良いサービスを作ることができるが、サービスの市場投入までに時間がかかってしまうこと、の2つの理由から、コミュニティ版ではなく、OpenStackの豊富な知見を持つ外部パートナーが展開する商用OpenStackを追加で使用する方向としました。その際、同社のデータセンターの運用保守、機材の調達や構築を以前から担当していたユニアデックスからの情報提供や技術支援に基づき、検討を進めました。

同社は、商用OpenStackのパートナーを選ぶ上で、突発的に発生するトラフィックの変動容量の変化に柔軟に対応できるように、SDSをサポートしていること、そして、物理マシンが異常を検知し切り替える自動フェイルオーバー機能(ハイアベイラビリティ機能)を持つことの2点が重要なポイントでした。そこで、商用の中でSDSへの対応実績が豊富で、自動フェイルオーバー機能を実装しているRed Hat OpenStack Platformを採用することにしました。また、IaaSサービスのファーストユーザーとして想定していた顧客企業の、オンプレミス環境と今回提供するIaaS環境とを連携させる要件があり、Red Hat OpenStack Platformでは、2つの環境をつなぎ込むことができることも採用の大きな理由でした。

IaaSサービスの構築プロジェクトは、2016年1月にスタートし、構築に約4ヶ月、テストに約2ヶ月をかけ2016年6月にHA機能を含む完全版がリリースという短期間で、高い信頼性と可用性を持ち合わせるIaaSサービスが提供できました。本プロジェクトでは、レッドハットが基盤構築のコンサルティングと構築作業を、ユニアデックスがシステム全体の運用・保守を担当しました。現状、コミュニティ版のOpenStackを活用したIaaSサービスも提供しているものの、Red Hat OpenStack Platformを採用した同サービスは順調に伸びており、既存顧客へのサービス拡大につながっています。

レッドハットとユニアデックスは、NHN テコラスへの導入事例を活かし、今後もRed Hat OpenStack Platformを含めた導入支援、および関連サービスの拡販を展開していきます。

 

サポートコメント

NHN テコラス株式会社 取締役 平井 壮氏

「IaaSサービスの導入にあたって、Red Hat OpenStack Platformを導入したことで、短期間でサービスのローンチが可能となりました。また、これまでのコミュニティ版の活用とは異なり、知見を持ったパートナー企業から信頼ができるサポートを受けることができ、顧客対応やマネージドサービスに専念することができています。また、技術的にも、SDS、HA機能への対応と求めていた機能も有し、さらにユーザー様から求められていたIaaS環境とオンプレミス環境の繋ぎ込みもスムーズに稼働できております。今後も、世界の最新事例を数多く持ち、知見のあるパートナー企業様と相談させていただきながら、OpenStackに限らず、有用なOSSを取り入れていきたいと思います。」

 

レッドハット株式会社 代表取締役社長 望月 弘一

「このたび、商用OpenStackのパートナーとして我々を選んでいただき嬉しく思います。OSSプロバイダーのリーディングカンパニーとして、レッドハットではユーザー視点に立った最先端の事例やテクノロジーを取り揃えおり、Red Hat OpenStack PlatformではSDSやHA機能といったNHN テコラス様のニーズに応えることできました。また今回、基盤構築をする上でIaaS環境とオンプレミス環境の繋ぎ込みという課題にも適切な提案が出来たことに満足しております。今後もOSSが生み出す最先端テクノロジーとレッドハットならではのコンサルティング・技術支援をもって、お客様のシステム環境をサポートして参ります。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリード する Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた 革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供してい ます。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、業界統合による影響、買収先の統合および取得した技術や商品を市 場にうまく投入できるかに関するリスク、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピー はSECのウェブサイトhttp://www.sec.govか ら入手可能)に掲載されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されてい る要因)などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、 政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されてい る将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予 測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリース の発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

※Red Hatは、Red Hat, Inc.の登録商標です。
※OpenStackは、OpenStack Foundationの登録商標です。
※Linuxは、Linus Torvaldsの登録商標です。
※その他記載の会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。