プレスリリース

サーバーから携帯機器にわたる世界的なテクノロジーリーダーに




米国ノースカロライナ州ダーハム及びカルフォルニア州サニーベール発

オープンソース・ソリューションのマーケット・リーダーであるRed Hat(R) Inc. (Nasdaq: RHAT、以下レッドハット社) と、Cygnus Solutions (以下シグナス社)は、合併に最終的に合意したことを発表しました。レッドハット社は11月12日金曜日の終値に基き、6億7400万ドルでシグナス社を買収します。この合併により誕生するオープンソースのパワーハウスは、急速に伸びているRed Hat Linux、オープンソース・ソリューションのインターネットやエンタープライズ・アプリケーションでの利用及び、次世代のPCコンピューティングの普及を加速、サポートします。レッドハット社は2000年1月27日に合併手続きの終了を予定しています。

レッドハット社は、合併作業の終了までに、シグナス社の全発行済み株式に対して最高6,624,344株の株式の発行を予定しています。こうした合併作業は、シグナス社の株主による承認、米国の独占禁止改善法に基く条件下での待機期間を経て実行されます。レッドハット社社長 マシュー・ズーリック (Matthuew Szulik) が合併後の新会社の社長兼CEOに就任いたします。

合併によりレッドハット社は、オープンソースのテクノロジー、情報、サービスの提供に特化し、企業向けから組み込み型や携帯型のプラットフォームにわたる、オープンソース・ソフトウェア全般の提供とサポートを行う世界最大の企業となりました。技術に秀でたエキスパート2社が一つになり、Compaq、Dell、IBM、Intel、Hewlett-Packardなど主要なコンピュータ・ベンダとの幅広いパートナーシップにより急速に普及しているオープンソース・ソリューションをサポートすることは、世界中のエンドユーザにも利点があると考えております。

レッドハット社 社長兼 CEO マシュー・ズーリックは、「シグナス社はソフトウェア開発や組み込み型プラットフォームにおいて経験豊富なテクノロジーリーダーです。この合併で世界中のソースが一つになり、開発者がサーバー及び周辺機器用のLinuxアプリケーションを迅速に開発できるようになるでしょう。そして世界中の企業でオープンソース・テクノロジーの普及が加速するでしょう。」と述べています。

レッドハット社は、数々の賞に輝くRed Hat Linuxオペレーティングシステム(OS)ソフトウェアと、世界中の企業で広く使われているオープンソース・アプリケーションの、コンサルティング、トレーニング、サポートなど幅広いソリューションを提供する、オープンソース・ソリューションのマーケットリーダーです。シグナス社は、ソフトウェア開発ツール、エンジニア・サービス及び、各種デスクトップ、クライアント/サーバー・システム、リアルタイム・オペレーティングシステム(RTOS)、組み込みシステムや、ポストPCコンピューティング・プラットフォームなどの開発者向けサポートを手がける、オープンソース・ソフトウェアのテクノロジーのリーダーです。合併後の新会社は、両社の顧客を引き続きサポートいたします。

カルフォルニア州サニーベールを拠点とするシグナス・ソリューションズ社の社長兼 CEO アレックス・ダーレイ(Alex Daly) は、「この合併で、強力なサーバー、インターネットのインフラ、そして普及型のポストPCプラットフォームを提供する、21世紀のソフトウェア会社が誕生しました。レッドハット社とシグナス社は両社とも広範囲にわたるエンジニアリング及び開発のエキスパートです。また、サービスの提供でも急成長を遂げ、オープンソース・ブランドにおいて最も信頼できる企業として世界中で評価されています。

International Data Corporation (IDC)の調査によると、Linuxベースのオペレーション・システム(OS)はサーバーOSとして急速に成長しており、1998年には1年間で190%の成長を遂げています。同年のサーバーOS市場では、440万ドルの売上のうち15.8%以上をしめているとされています。また同社によると、Red Hat LinuxはLinuxユーザの68.7%に支持されている、最も人気のあるディストリビューションとされています。IDC は2002年までに、5,500万台以上の携帯機器やノートブック型の情報機器が出荷され、2005年にはこれらの情報機器がPCの出荷台数を越えると予測しています。

参考資料

【Cygnus Solutionsについて】
Cygnus Solutions (以下シグナス社)は、オープンソース・ソフトウェアとインターネット・ソフトウェアのインフラで革新的な力を持ち、オープンソースモデルに基くソフトウェア開発のプラットフォームを提供しています。シグナス社の数々の賞に輝く製品や、カスタマイズ・エンジニアリング・サービス、及び開発者サポート・サービスにより、より迅速かつ低いコストで顧客がシステム開発を行うための製品を市場に提供しています。シグナス社の開発ツールは、組み込み型のマイクロプロセッサー向けに、125以上のホスト・ターゲットの組み合わせがあり、世界のトップ企業に対してエンジニアリング・サービスや開発のサポートを提供している最も経験豊富なエンジニアリング・チームがサポートしています。
シグナス社は、1989年設立された商用オープンソースソフトウェアのパイオニアです。1997年よりソフトウェア・マガジンのトップソフトウェア500社のリストに選ばれています。本社はカルフォルニア州サニーベールにあり、営業及びエンジニアリングの拠点が北米、日本そして英国にあります。



レッドハット株式会社は、米国ノース・カロライナ州ラーレーに本社をおく、 エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューション Red Hat,Inc.の日本法人です。 オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。

LINUXは米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。RED HATとShadowman logoは米国およびそのほかの国において登録されたRed Hat, Inc. の商標です。 その他、記載されている会社及び製品の名称は、各社の商標または登録商標です。


レッドハット株式会社
マーケティング本部 広報担当:
テーグ 律子 rtague@redhat.com
TEL:03-5798-8552
FAX:03-5798-8599

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
営業担当: お問い合わせフォーム
TEL:03-5798-8520 FAX:03-5798-8599

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.