プレスリリース

Red Hat、新しいRed Hat Ansible Automation Platformによってエンタープライズ自動化を強化

チーム間のコラボレーション、ガバナンス、およびアナリティクスの機能を追加し、企業全体にわたる自動化の構築、共有、管理を促進

東京

[アトランタ – AnsibleFest - 2019年9月24日現地発表] アメリカ報道発表資料抄訳

各社のハイブリッドおよびマルチクラウド環境の速度、規模、複雑さの増大に伴い、自動化は組織にとって最優先課題の1つとなっています。企業は自動化を容易に構築できるだけでなく、適正なガバナンスおよび管理レベルを保ちつつ様々なプロジェクトやチーム間で自動化を共有し、再利用できる必要があります。Red Hat Ansible Automation Platformは、Ansibleの簡素性と構成可能性に加え、スケーラブルかつセキュアに自動化を共有する機能も兼ね備えた業界初のエンタープライズ自動化プラットフォームです。このプラットフォームにより、企業は自動化の範囲と規模をより迅速に拡張し、効率化と生産性の向上を実現することができます。

Joe Fitzgeraldvice president, Management, Red Hat

オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.は本日、自動化を最適規模で構築し運用するための包括的なエンタープライズグレードのソリューションであるRed Hat Ansible Automation Platformの提供開始を発表しました。Red Hat Ansible Automation Platformを導入すれば、組織はチーム間のコラボレーションを迅速化することにより、様々なインフラストラクチャやテクノロジー分野にわたって業務効率の向上、リスクの低減、および一貫性のあるユーザー体験を実現することができます。

最近、Forrester Wave™のインフラストラクチャ自動化プラットフォームに関する評価(2019年第3四半期)においてForrester Researchにより「リーダー」に選出されたRed Hat Ansible Automation Platformは、Red Hat Ansible Tower、Red Hat Ansible Engine、Red Hat Network Automationで構成されたRed Hatの高性能な自動化スイート、および組織全体の効率を高めるように設計された新しいSaaSベースの機能や特長を統合しています。組織が自動化によってデジタル・トランスフォーメーションを開始したばかりであるか、さらに多くのユースケースやドメインにわたって自動化の拡張に取り組んでいるかにかかわらず、Red Hat Ansible Automation Platformは、自動化をゼロから始めるのではなく、より迅速に導入するために必要なツールを提供します。

このプラットフォームは、よりセキュアなコンテンツ管理、自動化のデプロイに関する高度な継続的アナリティクス、および自動化を導入した際の価値の実現を迅速化できるビルディングブロックを提供します。新しいSaaS機能は、より一貫性のある自動化ユーザー体験を実現するとともに、効果的なコラボレーションを促進してより多くのIT課題を迅速に解決する上で有効です。新しい機能として次のものが挙げられます。

  • Ansible Content Collections:Ansibleコンテンツの管理、配布、および利用を効率化する新しいパッケージング形式です。
  • Automation Hub:Ansible Content Collectionsによる認定済みコンテンツのリポジトリーです。
  • Automation Analytics:Red Hat Ansible Automation Platformのデプロイ全体にわたって自動化の効率を高めるために使用します。

 

Ansible Content Collections

Ansibleは、世界最大のオープンソース自動化コミュニティの1つであり、独立したコントリビューター兼パートナーであるRed Hatが継続的にコンテンツを作成しています。Ansible Content Collectionsは、モジュール、プラグイン、ロール、プレイブックなどAnsibleのコンテンツを系統的に整理します。これにより、お客様やコントリビューターは、Ansibleのリリースサイクルとは無関係にコンテンツを容易に配布、共有、利用することができます。

Ansible Content Collectionsは、構築済みの自動化を含む認定済みコンテンツコレクションの利用によって、自動化導入のハードルを引き下げ、価値の実現を迅速化し、自動化の保守管理や利用の効率を向上させます。

Automation Hub

Automation Hubは、Red Hatとそのパートナーがコンテンツを公開し、お客様が認定済み、サポート付きのAnsible Content Collectionsを見いだすことができる中央集中型のリポジトリーです。Ansible Certified Contentは、Red Hatがサポートするテスト済みのコンテンツをユーザーに提供します。リリース時には、Cisco、F5、Google Cloud、Microsoft、NetAppなど多数のAnsibleパートナーが、Automation Hubを通じて認定済み、サポート付きのコレクションを提供する予定です。それにより、ユーザーはAnsible用のカスタマイズされたソリューションを迅速にデプロイすることができます。

Automation Analytics

Red Hat Ansible Automation Platformのリリースにおいて、Automation Analyticsが導入されます。これにより、ユーザーは特定の自動化アクションがどのように機能しているかを詳細に確認することができます。これには、最もよく使用されるモジュールやリソース、自動化の健全性、および自動化環境の動作状況に関する統計やデータが含まれます。Red Hatのお客様は、社内のグループ全体やグループ間で自動化の取り組みを評価することができます。さらに、お客様は匿名化した自動化メトリクスをRed Hatと共有することにより、自動化の取り組みを業界の同種グループに照らしてベンチマーク評価することができます。

Red Hat Ansible Towerのアップデート

Red Hat Ansible Automation Platformでは、Red Hat Ansible Tower 3.6で提供される次のような最新の機能や特長も追加されます。

  • Red Hat Ansible Towerを通じてAnsible Content Collectionsを利用するAnsibleプレイブックを実行することができます。
  • WebhookとGitLabおよびGitHubの統合により、自動的に自動化を実行したり、ソースコードのプッシュやその他のソース制御イベントに基づいてデプロイを開始したりすることができます。
  • Red Hat Ansible Towerのワークフローのあらゆる段階で一時停止と承認がサポートされます。
  • テクノロジープレビューとして利用できるRed Hat OpenShift Container Platformによって、スケーラブルな実行とランタイム能力の増強を実現できます。

提供開始時期

Red Hat Ansible Automation Platformは、2019年11月前半にリリースされる予定です。現在Red Hat Ansible Towerをご利用いただいているお客様は、最新バージョンにアップデートできる上、Red Hat Ansible Automation Platformを追加費用なしでご利用いただけます。

 

サポートコメント

Red Hat マネージメント担当バイスプレジデント Joe Fitzgerald

「各社のハイブリッドおよびマルチクラウド環境の速度、規模、複雑さの増大に伴い、自動化は組織にとって最優先課題の1つとなっています。企業は自動化を容易に構築できるだけでなく、適正なガバナンスおよび管理レベルを保ちつつ様々なプロジェクトやチーム間で自動化を共有し、再利用できる必要があります。Red Hat Ansible Automation Platformは、Ansibleの簡素性と構成可能性に加え、スケーラブルかつセキュアに自動化を共有する機能も兼ね備えた業界初のエンタープライズ自動化プラットフォームです。このプラットフォームにより、企業は自動化の範囲と規模をより迅速に拡張し、効率化と生産性の向上を実現することができます。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of enterprise open source software solutions, using a community-powered approach to deliver reliable and high-performing Linux, hybrid cloud, container, and Kubernetes technologies. Red Hat helps customers integrate new and existing IT applications, develop cloud-native applications, standardize on our industry-leading operating system, and automate, secure, and manage complex environments. Award-winning support, training, and consulting services make Red Hat a trusted adviser to the Fortune 500. As a strategic partner to cloud providers, system integrators, application vendors, customers, and open source communities, Red Hat can help organizations prepare for the digital future.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to our pending merger with International Business Machines Corporation, the ability of the Company to compete effectively; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; delays or reductions in information technology spending; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; risks related to errors or defects in our offerings and third-party products upon which our offerings depend; risks related to the security of our offerings and other data security vulnerabilities; fluctuations in exchange rates; changes in and a dependence on key personnel; the effects of industry consolidation; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to meet financial and operational challenges encountered in our international operations; and ineffective management of, and control over, the Company's growth and international operations, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission's website at www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management's Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company's views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company's views as of any date subsequent to the date of this press release.

###

Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Red Hat logo, JBoss, Ansible, Ceph, CloudForms, Gluster and OpenShift are trademarks or registered trademarks of Red Hat, Inc. or its subsidiaries in the U.S. and other countries. Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the U.S. and other countries. The OpenStack Word Mark is either a registered trademark/service mark or trademark/service mark of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries, and is used with the OpenStack Foundation's permission. Red Hat is not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.