プレスリリース

Red HatとMicrosoft、ハイブリッドクラウド開発を促進する Azure Red Hat OpenShiftを発表

  • 業界で最も包括的なエンタープライズKubernetesプラットフォームを、Microsoft Azure上で提供する共同開発のソリューション
  • パブリッククラウドで初となる、共同管理OpenShift製品
東京

[ボストン - RED HAT SUMMIT – 2019年5月7日(現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

Azure Red Hat OpenShiftは、企業がこのハイブリッドクラウド・モデルのベネフィットを現実化するための、一貫性のあるKubernetesの基盤を提供します。これによって、ITのリーダーはアプリケーション開発者と運用担当者の両方に共通の枠組みを提供するプラットフォームで、イノベーションを実現できます。

Paul Cormier Red Hat 製品・テクノロジー担当社長

オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)とMicrosoftは本日、共同で管理されるエンタープライズグレードKubernetesソリューションを、主要パブリッククラウドのMicrosoft Azureに導入するAzure Red Hat OpenShiftの提供開始を発表しました。Azure Red Hat OpenShiftは、ハイブリッドクラウド・コンピューティングへの強力な入口を提供し、IT部門が自社のデータセンターでRed Hat OpenShift Container Platformを使用して、これらのワークロードをよりシームレスに拡張し、Azureサービスを使用できるようにします。Azure Red Hat OpenShiftは、パブリッククラウド上で共同管理される、初のOpenShift製品です。

多くの企業が既存のオンプレミスの投資を守りつつ、パブリッククラウド・インフラストラクチャでリソースを拡張することを望む中、Red HatとMicrosoftの両社は、現代のITにとってのハイブリッドクラウド・コンピューティングの重要性を認識しています。Kubernetesは、データセンター環境とパブリッククラウド環境間の橋渡しを担い、真のハイブリッドクラウド・コンピューティング実現の鍵となるテクノロジーです。

Azure Red Hat OpenShiftは、エンタープライズKubernetesのイノベーションと、世界をリードするエンタープライズLinuxプラットフォームであるRed Hat Enterprise Linuxを組み合わせ、Azure上で動作させます。これらのテクノロジーが一体となって、ハイブリッドクラウド環境全体にわたるクラウドネイティブなワークロードの、より容易な管理とオーケストレーションのための強力なソリューションを提供します。また、Azure Red Hat OpenShiftによって、お客様はコンテナ化されたアプリケーションを既存の位置でワークフローに取り込むことが可能になるとともに、コンテナ管理において本質的に伴う複雑さの多くを軽減できます。

共同で運営されるフルマネージドサービスのAzure Red Hat OpenShiftは、オープンソースに関するRed Hatの専門知識とパブリッククラウドに関するMicrosoftの技術の両方に支えられています。お客様は、統一化されたサインアップ、オンボーディング、サービス管理、および技術サポートを含む、統合化された体験を享受できます。このサービスはお客様の既存のAzureの料金内に付加されるため、ユーザー体験がさらに合理化されます。

さらに、Azure Red Hat OpenShiftはエンタープライズの開発者と運用チームに以下を提供します。

  • 完全に管理されたクラスタ:MicrosoftとRed Hatによって管理されるマスター、インフラストラクチャ、およびアプリケーション・ノードで構成され、VMの運用やパッチは不要です。
  • 法的規制への準拠:他のAzureサービスと同様のコンプライアンス認定を通して提供されます。
  • 強化された柔軟性:一貫性のあるOpenShiftという基盤を通して、オンプレミス環境からAzureパブリッククラウドにアプリケーションをより自由に移行できます。
  • 高速化:オンプレミスのOpenShiftデプロイメントからAzureサービスへの接続が高速化されます。
  • 生産性の向上:次世代のクラウドネイティブなエンタープライズ・アプリケーションを構築するための、Azure Cosmos DB、Azure Machine Learning、およびAzure SQL DB等のAzureパブリッククラウド・サービスへのアクセスが容易になります。

Azure Red Hat OpenShiftは、ハイブリッドクラウド・ワークロードの開発とデプロイメントのための、強力でサポート付きの、よりセキュアな選択肢を提供するためにRed HatとMicrosoftが続けている相互の取り組みを示すものです。両社によって共同でサポートされることで、IT組織は実稼働環境のミッションクリティカルなワークロードの要件に適したハイブリッドクラウド・イノベーションを、より自信を持って採用できます。

また、MicrosoftとRed Hatはコンテナ化されたソリューションをお客様に提供するために、Red Hat Enterprise Linux 8 on Azure、Red Hat Ansible Engine 2.8、およびAnsible認定モジュールに関しても協業を行っています。さらに、両社はRed Hat Enterprise Linux 8のサポートと性能強化を備えたSQL Server 2019を提供するための作業も進めています。

 

提供開始時期

Azure Red Hat OpenShiftは、Microsoft Azureを通して現在提供中です。

 

サポートコメント

Red Hat 製品・テクノロジー担当社長 Paul Cormier

「ハイブリッドクラウドは、仮想化、Linuxコンテナ、およびベアメタル・サーバーと並んでパブリッククラウド・サービスが使用される、将来のエンタープライズ・コンピューティングの姿を明確に示しています。これが一体となって、ハイブリッドクラウドの世界の新しいデータセンターを形成します。Azure Red Hat OpenShiftは、企業がこのハイブリッドクラウド・モデルのベネフィットを現実化するための、一貫性のあるKubernetesの基盤を提供します。これによって、ITのリーダーはアプリケーション開発者と運用担当者の両方に共通の枠組みを提供するプラットフォームで、イノベーションを実現できます。」

 

Microsoft クラウドおよびAIグループ担当エグゼクティブバイスプレジデント Scott Guthrie

「MicrosoftとRed Hatには、企業が現在と将来のビジネス・ニーズに適したハイブリッドクラウド環境を作れるようにするという共通の目標があります。Azure Red Hat OpenShiftは、エンタープライズにおけるAzureのリーダーシップと、Kubernetes上でコンテナ管理をシンプル化するRed Hat OpenShiftの力を組み合わせて、お客様がクラウドへの移行過程を刷新するために貢献します。」

 

Sabre トラベル・ソリューション開発プラットフォーム担当シニアバイスプレジデント Dave More

「ハイブリッドクラウド・テクノロジーは当社の次世代プラットフォームの原動力であり、データセンターからパブリッククラウドにまでわたる、革新的なクラウドネイティブなアプリケーションを構築するための、共通の、現代的な基盤を提供するのがRed Hat OpenShiftです。Red Hat OpenShiftは、ハイブリッドクラウド・アーキテクチャ全体にわたってよりシームレスに機能するサービスを作成する当社の能力をシンプル化し、Azure上を含むクラウド規模のリソースを使用できるようにするとともに、Red Hat OpenShiftを通して必要な場所に必要なタイミングでワークロードを移動できるようにもしてくれます。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of enterprise open source software solutions, using a community-powered approach to deliver reliable and high-performing Linux, hybrid cloud, container, and Kubernetes technologies. Red Hat helps customers integrate new and existing IT applications, develop cloud-native applications, standardize on our industry-leading operating system, and automate, secure, and manage complex environments. Award-winning support, training, and consulting services make Red Hat a trusted adviser to the Fortune 500. As a strategic partner to cloud providers, system integrators, application vendors, customers, and open source communities, Red Hat can help organizations prepare for the digital future.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to our pending merger with International Business Machines Corporation, the ability of the Company to compete effectively; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; delays or reductions in information technology spending; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; risks related to errors or defects in our offerings and third-party products upon which our offerings depend; risks related to the security of our offerings and other data security vulnerabilities; fluctuations in exchange rates; changes in and a dependence on key personnel; the effects of industry consolidation; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to meet financial and operational challenges encountered in our international operations; and ineffective management of, and control over, the Company's growth and international operations, as well as other factors contained in our most recent Annual Report on Form 10-K (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission's website at www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management's Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company's views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company's views as of any date subsequent to the date of this press release.

###

Red Hat, the Red Hat logo, Ansible, and OpenShift are trademarks or registered trademarks of Red Hat, Inc. or its subsidiaries in the U.S. and other countries. Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the U.S. and other countries.