プレスリリース

Red Hat、Kubernetesの開発体験をRed Hat OpenShift 4の最新バージョンによって強化

Red Hat OpenShift 4.2は、新しい開発用クライアントツールとローカル開発機能を提供し、業界で最も包括的なエンタープライズKubernetesプラットフォーム上でハイブリッドクラウド環境全体にわたりイノベーションを促進

東京

[ノースカロライナ州ローリー– 2019年10月16日(現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

Red Hat OpenShiftの自動化を利用すると、当社のチームからお客様に対し、より優れた機能を短い開発期間と低リスクで継続的に提供することができます。

Alv SkjelletITプラットフォーム部門責任者, Norsk Tipping

オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.は本日、より優れた開発体験を実現するように設計された信頼性の高いエンタープライズKubernetesプラットフォームの最新バージョンであるRed Hat OpenShift 4.2を発表しました。Red Hat OpenShift 4.2は、開発者によるイノベーションの実現やクラウドネイティブなアプリケーションを通じたビジネス価値の向上を後押ししつつ、ハイブリッドクラウド全体にわたってエンタープライズグレードのサービスを簡素化および自動化するというRed Hatの方針をさらに推し進めるものです。

 

Kubernetes上で開発者によるイノベーションを促進

Red Hat OpenShift 4.2の目的は、Kubernetes環境のセットアップや管理を自動化する機能によって、クラウドネイティブなテクノロジーを開発者にとってより使いやすく、アクセスしやすいものにすることです。これにより、開発者はKubernetesに関する高度な専門技術の習得ではなく、次世代のエンタープライズアプリケーションの開発に集中することができます。

このOpenShiftの最新バージョンでは、サービスメッシュ、サーバーレス実行やクラウドネイティブな継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)パイプラインに関するニーズに応える即使用可能な開発者サービスも追加されます。これらはすべて、Kubernetesベースのアプリケーションに関する開発者の生産性向上を促進するように設計されています。

  • Red Hat OpenShift Service Mesh:Istio、Kiali、およびJaegerプロジェクトに基づき、Kubernetes Operatorによって機能強化されており、OpenShift上でマイクロサービスベースのアプリケーションの開発、デプロイ、管理を簡素化するように設計されています。
  • Red Hat OpenShift Serverless:Knativeに基づき、テクノロジープレビューとして提供されます。ユーザーの要求への対応能力を維持し、オンデマンドでスケールアップしつつ、ゼロまでスケールダウンできるアプリケーションを実行することにより、コスト削減を促進します。
  • Red Hat OpenShift Pipelines:開発者プレビュー段階であり、Kubernetes Operatorとして提供されます。CI/CDパイプラインの各ステップを独自のコンテナで実行し、要求の変化に応じて各ステップを独立にスケーリングすることができます。

 

今回のリリースは、Red Hat CodeReady Containersにより、OpenShiftをさらに開発者に近づけます。このソリューションにより、開発者はビルド済みのOpenShift環境をノートPCにインストールし、ローカルで開発を行うことができます。このソリューションは、コンテナ開発ツールとローカルクラスタを組み合わせたフレームワークを提供します。これにより、容易にクラウドネイティブなアプリケーションをローカルで開発し、準備が整った段階で本格的なOpenShift環境にデプロイすることができます。

 

あらゆるOpenShift実行環境でクラウドの簡素性を維持

企業のITは均質かつ静的なデプロイで構成されるものではなく、最新のコンピューティングについても例外ではありません。オンプレミスインフラストラクチャとクラウドベースのサービスのコンポーネントを利用するハイブリッド型のデプロイがITの意志決定者によって追求されることがよくあります。そこで、ハイブリッドクラウドへの移行を容易にするために、Red Hat OpenShift 4.2は、各種のIT資産にわたってより一貫性のある統一的な体験を実現するように設計され、次のような機能が追加されています。

  • OpenShift Container Platformの簡素化され、自動化された、より高速なインストールを、一貫性のあるエンタープライズ体験の下、AWS、Azure、Google Cloud Platform(GCP)などのパブリッククラウドと、OpenStackなどのプライベートクラウドにわたって実行することができます。
  • 移行ツールは、OpenShift 3からOpenShift 4へのアップグレードに役立ち、あるOpenShiftクラスタから別のOpenShiftクラスタにワークロードをコピーするためのよりシンプルかつ高速な、自動化された手段を提供します。
  • Container Storage InterfaceCSI)ドライバは、サードパーティのストレージプロバイダーがエコシステムに接続するためのより一貫性のある手段を提供します。今回のリリースは、現在ベータ版であるOpenShift Container Storage 4もサポートしています。

 

業界で最も包括的なエンタープライズKubernetesプラットフォーム

組織がエンタープライズKubernetesを利用したデジタル・トランスフォーメーションの推進を検討する際、社内や規制上の厳格なセキュリティ基準によって障壁に直面する場合があります。これらの要件は多くの場合、機密データやワークロードの接続性を制限し、「エアギャップ」を設けて企業のネットワーク全体から切り離すことを要求します。こうした要求は、セキュリティ確保には有効であるものの、これらのシステムで使用されるアプリケーションおよびサービスの移行やアップデートを、何十ものステップからなる骨の折れる手動プロセスにします。

機密情報の処理を含む異種混在のデプロイやシステム全体にわたってOpenShiftの体験を向上させるため、Red Hat OpenShift 4.2では、非接続インストールのサポートなど、様々な環境にわたるインストーラーの機能拡張が追加されています。これにより、お客様はインターネットからアクセスできない環境や、インターネットに接続しているものの厳格なイメージテストポリシーを維持しているような環境において、業界で最も包括的なエンタープライズKubernetesプラットフォームの最新バージョンをより簡単にデプロイすることができます。

Red Hat OpenShift 4.2は、今後数週間のうちに提供され、try.openshift.comで試用することができます。

 

サポートコメント

Red Hat クラウド・プラットフォーム部門 シニアバイスプレジデント Ashesh Badani

「様々な業界にわたって世界中のますます多くの組織が、最もクリティカルなビジネスアプリケーションの実行をRed Hat OpenShiftに委ねています。当社は引き続き、Kubernetesのような次世代のエンタープライズオープンソーステクノロジーを、管理者の優先事項とのバランスも保ちつつ、開発者にとってよりアクセスしやすいものにすることを重視しています。こうした目標を念頭に置き、OpenShift 4.2では、お客様がアプリケーションの開発とデリバリーを迅速化する上で役立つ機能を実現しています。」

 

Amalgam Insights リサーチフェロー Tom Petrocelli

「Kubernetesベースのマイクロサービス向けコンテナプラットフォームが発展する中、エラーの少ないコードを迅速に提供できる新たなエンドツーエンドツールチェーンが必要とされています。OpenShift開発ツールの最新スイート、とりわけOpenShift Pipelinesは、Kubernetesコンテナプラットフォームに対するコードのデリバリーを自動化するエンドツーエンドのCI/CDを可能にします。」

 

Google Cloud パートナーシップ担当ディレクター Rayn Veerubhotla

「Google Cloudでは、あらゆるタイプのエンタープライズワークロードをGCP上にデプロイできる柔軟性をお客様に提供することを重視しています。GoogleとRed Hatは、Kubernetes全体にわたる長年のコラボレーション、オープンソース・コミュニティのサポート、およびオープンスタンダードとオープンイノベーションはお客様の利益にかなうという共通の考えを共有しています。当社は、OpenShiftのお客様がこのパートナーシップを通じてGoogle Cloudのパワーを活用できるように支援したいと考えています。」

 

Microsoft Azure Application Platformのプログラム管理担当ディレクター Gabe Monroy

「この4.2リリースで新しいツールやローカル開発体験がOpenShiftユーザーに提供されることを大変うれしく思います。Azureは、Red HatとMicrosoftが共同運営するフルマネージドOpenShiftサービスであるAzure Red Hat OpenShiftなど、一連のOpenShiftソリューションを提供しています。Red Hat OpenShift Container Platform 4がAzure上で一般利用可能となった今、企業は現在のニーズを満たすとともに将来の要件に対応して進化できるハイブリッドクラウド環境を生み出すことができます。」

 

LiquidIT エンタープライズアーキテクト & テクノロジーリーダー Sean Muller

「コンテナとKubernetesに移行しようとしている企業として、当社は企業向けKubernetesに関する高度な専門技術を踏まえ、Red Hatを選択しました。Red Hat OpenShift 4の導入によって、当社はITサイバーセキュリティの事業に集中できるようになります。当社の開発者はコードに集中する一方、管理者は自動アップデートによって容易に管理できる信頼性の高いプラットフォームを運用することができます。」

 

Norsk Tipping ITプラットフォーム部門責任者 Alv Skjellet

「当社では、Red Hat OpenShiftをKubernetesソリューションとして利用し、多数のクリティカルなシステムを当社のプライベートクラウド環境で運用しています。Red Hat OpenShiftの自動化を利用すると、当社のチームからお客様に対し、より優れた機能を短い開発期間と低リスクで継続的に提供することができます。」

 

Omnitracs グローバル情報テクノロジー部門バイスプレジデント Justin Newcom

「商用運送業界に重点を置く当社は、クラウドネイティブなテクノロジーに関する専門技術を踏まえてRed Hatと提携し、運送および物流企業向けに提供している当社のフリート管理ソリューションを強化しています。Red Hat OpenShift 4は、当社のハイブリッドクラウド環境全体にわたり、この信頼性の高いエンタープライズKubernetesプラットフォーム上で作業を統一する上ですでに役立っています。各クラスタは、単一のコマンドを使用してデプロイすることができます。Kubernetes Operatorは、「ワンクリック」アップグレードとライフサイクル管理を実現する上で有効です。Kubernetes Operatorは、当社のアプリケーションチームがアズ・ア・サービスモデルへと容易に移行するための自動化を実現します。当社の開発者にとって特に強力なツールを最大限に活用し、彼らが当社アプリケーションに関するイノベーションに集中できるようになることを楽しみにしています。」

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

エンタープライズ向けオープンソースソフトウェア・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるLinux、ハイブリッドクラウド、コンテナ、Kubernetesなどのテクノロジーを提供しています。お客様の新規および既存のITアプリケーションの統合、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発、業界をリードする当社のオペレーティング・システムによる標準化、および複雑な環境の自動化/セキュリティ確保/管理をお手伝いします。受賞歴を誇るサポート、トレーニング、およびコンサルティング・サービスにより、Red Hatはフォーチュン500企業に対する信頼すべきアドバイザリーとなっています。クラウドプロバイダー、システムインテグレーター、アプリケーションベンダー、お客様、およびオープンソース・コミュニティの戦略的パートナーとして、デジタルの未来に備えるための準備を支援します。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、当社の製品及び当社の製品が依存する第三者の製品の誤りまたは欠陥に関するリスク、当社製品とその他のデータのセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、当社の国際的活動における財務および活動上の課題への対応力、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、その他の要因などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat logoおよびOpenShiftは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。