日本語
日本語
検索
Log in / Register
お問い合わせ

Red Hat、最新版の Red Hat Enterprise Linux でマルチクラウド変革と ハイブリッド・イノベーションの基盤を拡大

Red Hat Enterprise Linux 8.5は、データセンターやパブリッククラウドからエッジまで、企業がより大胆かつ堅実に拡張できるよう、新たな機能を追加し、強化
 

東京 -

[ノースカロライナ州ローリー - 2021年11月10日(現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc以下Red Hat)は本日、世界トップレベルのエンタープライズLinuxプラットフォームの最新バージョンであるRed Hat Enterprise Linux 8.5の一般提供の開始を発表しました。Red Hat Enterprise Linuxは、クラウド、従来型のデータセンター運用、およびエッジに至るまで、共通でオープンなオペレーティング・システムを提供しています。このプラットフォームにより、ITチームはワークロードの最終的な場所を気にせず既存のスキルを活用しながら、新たに拡張された機能を利用して、ビジネスに必要な変革をもたらすアプリケーションやサービスを構築することができます。

Linuxは、ほぼすべてのパブリッククラウド、プライベートクラウド、エッジ・デプロイメント、データセンターで話されている共通言語です。Red Hat Enterprise Linux 8.5は、マルチクラウド・エコシステムにおける世界有数のエンタープライズLinuxプラットフォームの役割を強化し、クラウドネイティブなコンテナ・イノベーションの強化からシステムロールによるLinuxスキルの拡張まで、進化する複雑なITニーズに対応する新しい機能を、お客様が求めるあらゆるフットプリントで提供します。  

ガナー ヘレクソン

Red Hat Red Hat Enterprise Linux担当ゼネラルマネージャー

最近の調査によると、パブリッククラウドだけの使用は、長期的な規模では経済的に現実的ではないことを企業は認識しつつあります。同時に、Gartner社は、「パブリッククラウドへの支出は、2021年の17%未満から、2026年には企業のIT支出全体の45%を超えるだろう」と予測しています。Red Hatは、以前からハイブリッド・マルチクラウドの世界を提唱しており、お客様は、柔軟でより一貫性のある基盤の上に構築された適切な環境とテクノロジーを選択することで、あらゆるアプリケーションをどこでも利用できるというビジョンを実現することができます。そのため、従来のデータセンターの厳しさだけでなく、マルチクラウドやエッジ・コンピューティングの複雑なデプロイメントにも対応した、共通のLinux基盤が、デジタル・トランスフォーメーションに必要不可欠なものとなっています。

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)8.5は、パブリッククラウドプロバイダー、複数のハードウェア・アーキテクチャ、仮想化環境、エッジ・コンピューティング・モデルにまたがる革新的なプラットフォームに向けて、Red Hatが20年以上にわたって培ってきたLinuxの専門知識を基に、このバックボーンを提供するよう設計されています。この最新のプラットフォームは、Red Hat Insightsを拡張し、既存のコンテナ管理機能をベースに、ITチームがマルチクラウドの世界でワークロードに応じたシステムをどこでも簡単に構築できるようにします。

 

複雑なデプロイメントへの対応

システムの潜在的な問題を特定し、修復するためのRed Hatの予測分析サービスRed Hat Insightsは、ほぼすべてのRed Hat Enterprise Linuxのサブスクリプションを通じてデフォルトで利用できます。Red Hat Enterprise Linux 8.5の一般提供に伴い、Insightsには脆弱性、コンプライアンス、修復に関する新機能が追加され、微妙なセキュリティやコンプライアンスのシナリオであっても、マルチクラウドやハイブリッドクラウド環境におけるRed Hat Enterprise Linux環境をより効果的に管理できるようになります。

コンテナ・イノベーションの強化

コンテナは、最新のDevOpsの実装に欠かせないコンポーネントであり、マルチクラウドやハイブリッドクラウド戦略の採用にも重要な役割を果たしています。Red Hat Enterprise Linux 8.5は、コンテナ化されたアプリケーションの使用と管理を容易にするという点で、Red Hatのリーダーシップを維持しています。

  • ルートレスのOverlayFSによるイメージ作成の高速化
  • 継続的統合/継続的開発(CI/CD)システムやその他のオペレーティング環境におけるコンテナ化されたPodmanに対するフルサポート
  • cgroup2とのネイティブな統合によるリソースの有効活用 
  • インストール時にコンテナ画像の整合性を検証し、イメージが Red Hat Container Registry から取得され、署名後に改ざんされていないことを確認するデフォルトのコンテナ画像署名検証機能

マルチクラウドの運用を簡素化

現代のIT環境は、複数のパブリッククラウド、仮想化環境、プライベートクラウド、オンプレミス・サーバー、エッジ・デバイスに広がっているため、その運用はますます複雑になっています。この複雑さに対処し、新人とベテランの両方のIT運用チームの既存のスキルを拡張するために、Red Hat Enterprise Linux 8.5は新しいRed Hat Enterprise Linuxのシステムロールのサポートを追加しました。システムロールは Red Hat Enterprise Linux システムのプリセット構成で、ITチームがクラウドからエッジまで、特定のワークロードをより簡単かつ迅速にサポートすることができます。Red Hat Enterprise Linux 8.5 には以下が含まれます。

  • Microsoft SQL Server用のRed Hat Enterprise Linuxシステムロールは、ITおよびデータベース管理者が、特定のニーズに合わせたSQL Serverのインストール、設定、チューニングを自動化して容易に行うことを可能にします。
  • 仮想プライベートネットワーク(VPN)のためのRed Hat Enterprise Linuxのシステムロールは、VPNトンネルの設定にかかる時間を短縮し、一貫性を高め、ITセキュリティインシデントの共通要因となる設定ミスのリスクを低減します。
  • Postfix 用のRed Hat Enterprise Linux のシステムロールは、Postfix メールサーバーの設定を自動化および標準化し、カスタマイズを可能としながらも手動の手順を省略します。

Red Hat Enterprise Linux 8.5は、これらの主要な新機能に加えて、次世代アプリケーションのモダナイズと構築を目指す開発者向けに、OpenJDK 17と.NET Core 6のサポートも追加しています。また、Red Hat Enterprise Linux のウェブコンソールもさらに強化され、カーネルパッチのライブ操作や全体的なパフォーマンスの管理が可能になりました。最後に、Image Builderの強化により、エッジ・デプロイメント用にカスタマイズされたRed Hat Enterprise Linuxイメージをベアメタル上に作成したり、組織固有の内部標準やセキュリティコンプライアンス要件を満たすために異なるファイルシステムを持つイメージを組み立てたりするためのサポートを拡大しました。

提供開始時期

Red Hat Enterprise Linux 8.5は、Red Hatカスタマーポータルを通じて一般提供を開始しています。 

サポートコメント

Red Hat Red Hat Enterprise Linux担当ゼネラルマネージャー ガナー ヘレクソン

「Linuxは、ほぼすべてのパブリッククラウド、プライベートクラウド、エッジ・デプロイメント、データセンターで話されている共通言語です。Red Hat Enterprise Linux 8.5は、マルチクラウド・エコシステムにおける世界有数のエンタープライズLinuxプラットフォームの役割を強化し、クラウドネイティブなコンテナ・イノベーションの強化からシステムロールによるLinuxスキルの拡張まで、進化する複雑なITニーズに対応する新しい機能を、お客様が求めるあらゆるフットプリントで提供します。」

 

1. Gartner社プレスリリース:Gartner社がパブリッククラウドの未来を形成する4つのトレンドを発表 、2021年8月2日。

Gartnerは、Gartner社および/またはその関連会社の米国および国際的な登録商標およびサービスマークであり、ここでは許可を得て使用しています。無断転載を禁じます。

 

 

Additional Resources

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-4590-7472
  • Red Hatについて
  • エンタープライズ向けオープンソースソフトウェア・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるLinux、ハイブリッドクラウド、コンテナ、Kubernetesなどのテクノロジーを提供しています。お客様の新規および既存のITアプリケーションの統合、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発、業界をリードする当社のオペレーティング・システムによる標準化、および複雑な環境の自動化/セキュリティ確保/管理をお手伝いします。受賞歴を誇るサポート、トレーニング、およびコンサルティング・サービスにより、Red Hatはフォーチュン500企業に対する信頼すべきアドバイザリーとなっています。クラウドプロバイダー、システムインテグレーター、アプリケーションベンダー、お客様、およびオープンソース・コミュニティの戦略的パートナーとして、デジタルの未来に備えるための準備を支援します。

     



  • 将来予想に関する記述
  • ここに記載されている過去の事実に関する情報および討議を除き、本プレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、将来の事業および業績に関する当社の現時点での仮定に基づいています。これらの声明には、様々なリスク、不確実性、その他の要因が含まれており、実際の結果は、そうした将来の見通しに関する声明で示されたものと実質的に異なる場合があります。このプレスリリースに掲載されている将来の見通しに関する声明は、その発行日時点の当社の見解を示したものです。法令により義務付けられる場合を除き、当社は、将来の見通しに関する声明を更新または訂正する義務を一切負いません。

    ###

    Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat logoおよびOpenShiftは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。