プレスリリース

2013年 年頭のご挨拶

クラウドとビッグデータ時代、世界標準ソフトウェアのOSSで<br> 「徹底的なコスト削減」と「攻めの経営」を!



謹んで初春のお喜びを申し上げます。旧年中はひとかたならぬご高配を賜わり厚く御礼を申し上げます。

昨年2012年は長期化する不況の中でも、レッドハットとしては2月の決算で前年比25%の増収を達成し、総売上も10億ドルを超す世界最大のオープンソースソフトウェア(以下、OSS)企業となることができました。また、日本市場においても5年以上にわたり2桁成長を実現することができました。これは世界のIT市場および日本市場に於いても、OSS及びレッドハットのソリューションが時代の潮流であるクラウドとビッグデータを構成する、世界標準ソフトウェアになりつつある証であると確信しております。

また、昨年は従来の主軸であるLinux OS事業や成長著しいJBossミドルウェア事業、KVMを中核とした仮想化事業の3つに加え、クラウド事業とストレージ事業を追加し『5つの製品事業の柱』を確立でき、更なる飛躍の土台が構築できた年でもありました。さらに、OSSの開発コミュニティは年々増加の一途をたどり、世界中のプロジェクト数も10万にものぼり、既存のデータセンタを中心としたITインフラだけにとどまらずクラウド、ビッグデータ、ネットワークといった幅広い領域にまでOSSの適用が広がってまいりました。

2013年はレッドハット創設から20周年、という節目の年となります。

この節目の年に、レッドハット株式会社は日本のIT業界を元気にし経済・景気回復への更なる貢献に、真っ向から立ち向かっていきたいと考えています。特に注力したいのは、日本の全ての官公庁・企業様において「徹底的なコスト削減」と「攻めの経営」を実現するソリューションの提供です。具体的にはレガシーな高コストサーバやアプリケーションサーバを「LINUX」や「JBoss EAP」を駆使し脱却させることや、クラウドを構成するITシステムの核となる「仮想化」や「IaaS、Paasクラウド」を実現するソフトウェアの提供、事業効率や攻めの経営に転じるSOAやビジネスルール(BRMS)、ビジネスプロセス(BPM)を改善する「JBossミドルウェア」、ビッグデータを廉価に蓄積できる分散型スケールアウト型「Red Hatストレージ」などのソリューション提供の推進です。

そのために、日本においては主軸のパートナー事業をよりいっそう強化するとともに、インダストリー毎に最適なソリューションを提供できるエンタープライズ営業部門や信頼されるコンサルタントを増強し、クラウド・ビッグデータを経営に活かして安心・安全なOSS製品・ソリューションを、スピーディに官公庁・企業様へお届けすることを推進してまいります。そして、お客様の「ITコストの抜本的削減」や事業効率の向上はもとより、世界標準のソフトウェアで事業成長・拡大など狙う「攻めの経営」へ貢献ができるべく、より一層の努力をして参ります。

本年もぜひ、レッドハットへのご支援ご高配を賜わりますようお願い申し上げます。
 

レッドハット株式会社
代表取締役社長
廣川 裕司

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.