プレスリリース

2014年 年頭のご挨拶

<br><b>世界標準の OSS ソリューションで<br> 日本企業・官公庁に攻める経営と事業拡大を</b>

 

[2014年1月6日]

 謹んで初春のお慶びを申し上げます。旧年中はひとかたならぬご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 昨年2013年、日本経済が回復する兆しを見せ始めた中、日本IT市場においてオープンソースソフトウェア(以下、OSS)はクラウド・仮想化の追い風に支えられ大きな市場拡大を遂げました。その中で、レッドハットは創立20年を迎え、Linux OS 事業に並ぶ新たな事業の柱である JBoss ミドルウェア事業、仮想化事業、クラウド事業、ストレージ事業の強化が図れたとともに、次世代 IT・クラウドコンピューティングの管理の核となる OpenStack 関連製品を始めとした新製品の投入を積極的に推進できた年でもありました。その結果、グローバルそして日本市場においても2桁成長を達成することできました。

 いまや OSS がクラウド、ソーシャルネットワークそしてビッグデータの利活用の中核技術として、IT革新をリードする時代となったことは間違いありません。弊社の大手エンタープライズのお客様において、国内のミッションクリティカルシステムは勿論、海外向けのオーダー・マネジメント・システムや海外子会社・関連会社・提携企業との連携を図った標準化IT基盤として Red Hat Enterprise Linux(RHEL)および Red Hat JBoss Enterprise Application Server(JBoss EAP)などの採用が進み、日本企業の「グローバル化」や「データセンターのモダナイゼーション・技術刷新」に貢献しました。さらに Red Hat Enterprise Virtualization や Red Hat Storage によりサーバー・ストレージの仮想化による「IT基盤の効率化・低コスト化」が進み、JBoss ミドルウェアの新製品であるビジネスプロセス、ルール、データベース仮想化、データグリッド、メッセージングなどを駆使した「ビッグデータの活用」の成功事例も次々に登場し、OSSが企業の目指すITイノベーションに、大きな力を発揮することを証明した年となりました。

 2014年は OSS が、さらに本格的に普及する年になると考えています。その中でレッドハットは、3つのテーマ「ビッグデータの活用」「100% クラウドレディなソリューション」「データセンターの刷新とコスト削減」でエンタープライズ企業の攻める経営・事業成長や、政府官公庁のIT革新を支えて参ります。

 レッドハットが提唱する「オープンハイブリッドクラウド」は、企業・官公庁がプライベートクラウドやパブリッククラウドをビジネスの目的にあわせて自在に選べるだけでなく、ベンダーに縛られない柔軟性を持ちながら事業成長を支えてゆける次世代クラウドソリューションです。そして、我々は日本のトップ IT 企業である多くのパートナー様と共に、このクラウド基盤の提供は勿論、あらゆるデータベースや非構造データを融合したビッグデータをビジネスの成長の為に活用できるようにし、世界標準 OSS 製品によって「データセンターの刷新とコスト削減」を実現して参ります。

 本年もぜひ、レッドハットへのご支援ご高配を賜わりますようお願い申し上げます。


レッドハット株式会社
代表取締役社長
廣川 裕司

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.