言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

プレスリリース

レッドハット、「Red Hat Japan Partner Awards 2013」を発表

SCSK株式会社が 「Partner of the Year」 受賞、計11社が各部門で受賞

JAPAN

 


 

[2013年11月18日発表]

 

レッドハット株式会社は2013年11月13日、ANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区)において「Red Hat Partner Executive Summit 2013」を開催いたしました。 2013年、弊社ビジネスに多大なるご貢献をいただいたパートナー企業の皆様に感謝の意を表し、弊社代表取締役社長 廣川より御礼を申し上げるとともに、Japan Partner Awards 2013を発表させていただきました。

受賞パートナー様は以下の通りです。

  • Partner of the Year        SCSK株式会社
    Red Hat Enterprise Linux 製品に加え、Red Hat JBoss Middleware 製品、Red Hat Storage Server、そしてCCP (Cloud Certified Partner) としてCloud 製品の販売と、全パートナー企業の中で最も幅広い Red Hat 製品ポートフォリオにおいて実績を上げられました。特に Red Hat JBoss Middleware 製品においては、BRMS、EDS、JDGなど、最新の技術にいち早く取り組んでいただき、そのすべての製品において案件受注の実績を成し遂げられまし た。これらの幅広い Red Hat へのコミットメントとサブスクリプション販売実績の大きな成長を賞して2013年、最もご活躍いただいたパートナー企業として 「Partner of the Year」を授与させていただきました。
  • OEM Partner of the Year        富士通株式会社
    2013年、レッドハット製品の出荷サブスクリプション本数、および AMC (Advanced Mission Critical)対応の受注において、年間最大の実績を達成され、レッドハット製品のシェア拡大に最もご貢献いただきました。
  • Platform Partner of the Year        日本ヒューレット・パッカード株式会社
    2013年、弊社のプラットフォーム製品である Red Hat Enterprise Linux の販売において最大の販売実績を達成いただきました。また Red Hat Enterprise Linux 更新プロセスの改善に取り組んでいただき、更新案件についても販売成長されるなど、弊社の根幹となるビジネスにおいて多大なる貢献をいただきました。
  • Distribution Partner of the Year        サイオステクノロジー株式会社
    弊社製品全体の販売成長、およびRed Hat JBoss Middleware 製品の販売実績を大きく伸ばすなど、弊社ビジネスの成長に多大なる貢献をいただきました。また Ready Business Partner の強化施策への注力、そして Red Hat Ready リクルート活動においては80社以上のリクルート達成と130名以上のセールス認定取得を達成されるなど、積極的な推進活動をおこなっていただきました。
  • Advanced Business Partner of the Year        株式会社大塚商会
    Advanced Business Partner の中で最も成長率の高い販売実績を達成され、特に新規サブスクリプション販売において飛躍的な販売実績を達成されるなど、弊社ビジネスの成長に多大なる貢献をいただきました。
  • Ready Business Partner of the Year        シネックスインフォテック株式会社
    2013年の年間販売実績および認定セールス取得者数において、Ready Business Partner 様のなかで最大の実績を達成され、弊社ビジネスの成長に多大なる貢献をいただきました。
  • Virtualization Partner of the Year        日本アイ・ビー・エム株式会社
    Red Hat Enterprise Virtualization および Red Hat OpenStack テクノロジーの仮想化・クラウド基盤製品について、各種検証をはじめ、Whitepaperの公開、また来場者100名を超えるイベント・セミナーの開催など、積極的な仮想化製品の推進をおこなっていただきました。
  • JBoss Partner of the Year        株式会社 日立ソリューションズ
    JBossエンジニア1,000名育成を掲げ、発表から1年間で早くも50名近くのRHCJA認定技術者の育成を完了、また Red Hat JBoss BRMS 案件のご提案に注力いただくなど、JBoss ビジネスの発展に最もご貢献いただきました。
  • Best Storage Partner        伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
    最も早い時期から Red Hat Storage の販売に着手いただき、2013年は Red Hat Storage 案件受注に成功されました。また各OEMベンダー様と連携し、Red Hat Storage の推進にご貢献いただきました。
  • Best Cloud Partner        株式会社 日立製作所
    2013年にRed Hat と Cloud Certified Partner 契約を締結、さらに Red Hat OpenStack テクノロジーの検証にいち早く取り組んでいただくなど、先進的なクラウドソリューションの推進にご貢献いただきました。
  • Best Engineer Growth Partner        日本電気株式会社
    NECソフトおよびNECシステムテクノロジーを含むNECグループとして、Red Hat 製品のエンジニア育成強化のため、いち早くRed Hat Developer Programにご参加いただき、3年間で1,000名以上のエンジニア育成を目指すなど、積極的な技術者育成を実施いただきました。


日本におけるレッドハットの成長にご貢献いただいたパートナー企業の皆様に、心より感謝申し上げます。

 



レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノース・カロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat,Inc.の日本法人です。 オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。

 


 


Red Hat、Shadowmanロゴ、JBossは米国およびそのほかの国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。 LINUX は米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。 OpenStackはOpenStack LLCの登録商標です。

 


 


● 本件に関するお問い合わせ先
レッドハット株式会社 マーケティング本部
pr-jp@redhat.com 
TEL:03-5798-8550
 

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As the connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to delays or reductions in information technology spending; the effects of industry consolidation; the ability of the Company to compete effectively; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company’s growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission’s website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company’s views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company’s views as of any date subsequent to the date of this press release.