プレスリリース

Red Hat OpenShift Service Meshを発表。マイクロサービスとクラウドネイティブ・アプリケーションの採用を促進

Red Hat OpenShift Service Meshにより、ハイブリッドクラウド全体にわたる Kubernetesプラットフォーム上のサービス間通信をシンプル化

東京

[ノースカロライナ州ローリー- 2019年8月22日(現地時間)発表]アメリカ報道発表資料抄訳

相互接続されたマイクロサービスとの相互動作の管理は複雑かつ大規模なので、サービスメッシュはエンタープライズのコンテナにおける次の大きなディスラプション領域になります。マイクロサービスを使用したアプリケーションのリファクタリングの促進にサービスメッシュを活用したいと考える開発者にとって、ハイブリッドクラウドとKubernetesに関する専門知識を備え、新たにService Meshソリューションを発表したRed Hatは信頼すべきパートナーになるでしょう。

Larry CarvalhoResearch Director, IDC

オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc. (NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、Red Hat OpenShift Service Meshの提供開始を発表しました。これは、業界で最も包括的なエンタープライズKubernetesプラットフォームであるRed Hat OpenShift 4上で、Kubernetesアプリケーションのサービス間通信を接続、監視、およびシンプル化するものです。Istio、Kiali、およびJaegerの各プロジェクトをベースに、Kubernetes Operatorsで強化されたOpenShift Service Meshは、マイクロサービスベースのアプリケーション・アーキテクチャに関して、より効率的な、エンドツーエンドの開発者体験を提供するように設計されています。これは、アプリケーションやビジネスロジック向けに専用のネットワークサービスを実装するという複雑な作業から開発者チームを解放するために役立ちます。

マイクロサービスは現代的でクラウドネイティブなアプリケーションのための転換的な選択肢ですが、実運用におけるマイクロサービスの効果的な開発・運用に当っては、サービス間通信の実装と管理という、新しい課題が生じます。これに対応すべく、トラフィック管理、ポリシー施行、サービスのアイデンティティおよびセキュリティを担当する基底インフラストラクチャであるサービスメッシュが開発されました。OpenShift Service Meshは、サービスの観測可能性とメッシュトポロジーの視覚化を取り入れることでこれらのトラフィック管理機能を拡張し、サービスメッシュの体験を強化します。OpenShift Kubernetesプラットフォームへのサービスメッシュのネイティブな統合によって、開発者はマイクロサービス・アーキテクチャの実装を改良できます。プラットフォーム運用チームには、サービスのセキュリティと通信にITポリシーを施行可能になるという利点があり、ユーザーは、オープンソースソフトウェア上に構築されたソフトウェアデファインド・インフラストラクチャの使用を通して、データセンターとクラウドにわたる標準化された環境のベネフィットを享受できます。

Red Hat OpenShift Service Meshは、強化・統合された、サポート付きのOpenShiftプラットフォームの機能の中に主要オープンソースプロジェクトを組み合わせることによって、マイクロサービスベースのアプリケーション間の接続を監視・管理するための統一された方法を提供します。OpenShift Service Meshによって、お客様は以下のベネフィットを享受できます。

 

  • エンドツーエンドの開発者にフォーカスした体験:統一化・最適化された基底テクノロジー(Istio、Kiali、およびJaeger)を通して提供されます。IstioとKialiの組み合わせによるサービスメッシュの作成と管理、JaegerによるOpenTracingの可視性を備えたOpenShift Service Meshは、開発者がアプリケーションサービスに専念するために役立ちます。
  • トレーシングと計測:Jaegerを通して提供され、開発者はサービス間のリクエストを追跡できるようになり、開始から終了までのリクエスト処理に対する知見が得られます。
  • 視覚化と観測可能性:Kialiを通して、より容易にサービスメッシュのトポロジーを表示し、サービスの相互動作の様子を観察する方法を提供します。
  • 統合APIゲートウェイ:OpenShift Service MeshをRed Hat 3scaleと組み合わせてデプロイした場合に、アプリケーションのエンドポイントとサービスのバックエンド間の「南北」トラフィックフローがシンプル化されます。
  • 「ワンクリック」でのサービスメッシュのインストールと設定:Service Mesh OperatorおよびOperator Lifecycle Managementフレームワークを通して提供され、開発者はより容易にアプリケーションをサービスメッシュに デプロイできるようになります。Service Mesh Operatorは、Istio、Jaeger、およびKialiを同時に、設定ロジックとともに単一のパッケージを通してデプロイします。これは管理の重荷を最小化するために役立ち、インストール、サービスメンテナンス、ライフサイクル管理などの一般的なタスクを自動化します。

 

Red Hat OpenShiftの機能やコンポーネントと同様、Red Hat OpenShift Service Meshは受賞歴のあるRed Hatのサポートに支えられているため、ミッションクリティカルな役割においても、実運用システムの強力な選択肢となります。さらにRed Hat Servicesを利用することで、OpenShift Service Meshのお客様はさらなる技術的専門知識、戦略的助言、および分析による支援を受けることができます。

 

提供開始時期

Red Hat OpenShift Service Mesh Operatorは、数週間以内にOpenShift 4 OperatorHubを通して提供予定です。

詳細については、8月25日~29日にサンフランシスコで開催されるVMworldのRed Hatブース(ブース227)にお越しください。

 

サポートコメント

Red Hat クラウド・プラットフォーム担当シニアバイスプレジデント Ashesh Badani

「Red Hatはハイブリッドクラウド向けエンタープライズKubernetesのリーダーであり、全世界のあらゆる業界で1,000以上の組織がRed Hat OpenShiftを使ってデジタル変革とクラウドネイティブへの移行を推進しています。Red Hat OpenShift Service Meshの発表によって、開発者の仕事からネットワーク接続と管理の重荷がなくなり、次世代のビジネスアプリケーション構築に専念できるようになるため、業界で最も包括的なエンタープライズKubernetesプラットフォーム上における開発者の生産性がさらに向上します。」

 

IDC リサーチディレクター Larry Carvalho氏

「相互接続されたマイクロサービスとの相互動作の管理は複雑かつ大規模なので、サービスメッシュはエンタープライズのコンテナにおける次の大きなディスラプション領域になります。マイクロサービスを使用したアプリケーションのリファクタリングの促進にサービスメッシュを活用したいと考える開発者にとって、ハイブリッドクラウドとKubernetesに関する専門知識を備え、新たにService Meshソリューションを発表したRed Hatは信頼すべきパートナーになるでしょう。」

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of enterprise open source software solutions, using a community-powered approach to deliver reliable and high-performing Linux, hybrid cloud, container, and Kubernetes technologies. Red Hat helps customers integrate new and existing IT applications, develop cloud-native applications, standardize on our industry-leading operating system, and automate, secure, and manage complex environments. Award-winning support, training, and consulting services make Red Hat a trusted adviser to the Fortune 500. As a strategic partner to cloud providers, system integrators, application vendors, customers, and open source communities, Red Hat can help organizations prepare for the digital future.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to our pending merger with International Business Machines Corporation, the ability of the Company to compete effectively; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; delays or reductions in information technology spending; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; risks related to errors or defects in our offerings and third-party products upon which our offerings depend; risks related to the security of our offerings and other data security vulnerabilities; fluctuations in exchange rates; changes in and a dependence on key personnel; the effects of industry consolidation; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to meet financial and operational challenges encountered in our international operations; and ineffective management of, and control over, the Company's growth and international operations, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission's website at www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management's Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company's views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company's views as of any date subsequent to the date of this press release.

###

Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Red Hat logo, JBoss, Ansible, Ceph, CloudForms, Gluster and OpenShift are trademarks or registered trademarks of Red Hat, Inc. or its subsidiaries in the U.S. and other countries. Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the U.S. and other countries. The OpenStack Word Mark is either a registered trademark/service mark or trademark/service mark of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries, and is used with the OpenStack Foundation's permission. Red Hat is not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.